あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年02月28日

明石歩道橋事故を考える(2)

刑事事件が発生した場合、その被疑者を裁判にかける権限は、検察官だけがもっている。
したがって、告訴や告発で被疑者の不法行為を罰してほしいと思っても、検察官が不起訴にすればそれまでである。
勿論、冤罪の存在や起訴された側の社会的信用の失墜を考えれば、起訴は慎重であってほしいのは当然である。

この検察官の起訴の判断は、「裁判において有罪になる」と検察官が確信するか、しないかである。
このため、検察官には証拠等の収集のため、強大な捜査権が付与されているのである。

このように、起訴の権限が検察官だけに付与されている中で、事件の被害者などが、検察官の不起訴判断を不服とする場合、その判断の妥当性を審査するのが、検察審査会の役割である。

検察審査会は、全国の地方裁判所やその支部ごとに165の審査会が設置されており、各審査会のメンバー(審査員)の数はどこの審査会も11名だ。
この審査会で検察の判断が誤りであり、起訴すべきとの結論に至っても、検察には必ず起訴しなければいけないという義務はない。
2009年5月以降は、審査員8名以上の賛同があれば、検察官が不起訴としても検察官に代わる弁護士(指定弁護士)を裁判所から指名させて、強制起訴が可能となったが、それまではあまり権限のない機関だったのだ。


検察審査会の審査員は、検察官の不起訴に対して審査をするのだから、相当、法律に精通していると考えがちだが、検察審査会のメンバーである審査員は、公職選挙法の選挙人名簿の中から抽選で選ばれるのだ。
つまり、この記事を読んでいるアナタも、ある日突然検察審査会の審査員に選ばれるかもしれないのだ。
したがって、法律には全く縁のない人が選ばれるケースの方が多い。

さて、検察審査会という言葉は、小沢一郎事件において、広く世間一般に知られるようになったが、その実態はなかなか見えてこない。
これは、審査会の審理過程が公開されないほか、審査員は、自分が審査員に選定されたことも含めて、その内容を人に話してはいけないという守秘義務があるからである。
これに違反した場合は、6年以下の懲役または50万円以下の罰金を科せられる。
業務上過失致死罪が、5年以下の懲役または100万円以下の罰金であることを考えると、かなり厳しい罰条である。

この明石歩道橋事件では、明石警察署の所長及び副署長を含む書類送検者12名のうち、5名が起訴、7名は起訴されなかった。

これを不服とする遺族らは、明石警察署長及び副署長の起訴を求めて、神戸検察審査会に審査を申し立て、2004年、2005年、そして2009年の3回にわたり、同審査会から起訴をするべきだ(起訴相当)との審査結果を得た。
しかし、検察は起訴しなかった。

3回目の起訴相当の議決があった時には、神戸地検が当時の警察官20人を事情聴取し、事故当日の無線記録を再捜査したりして起訴を検討したが、その結果、「公判を維持して有罪に持ち込めない。」という理由で不起訴にしたと遺族に説明している。
この、遺族への説明自体、異例なことで、通常、起訴しない理由は検察は話さないし、告発者などから不起訴理由の開示を求められれば、簡単な「犯罪事実なし」と記載された紙切れが来るだけだ。

検察の不起訴決定を受け、検察審査会は、2010年1月27日に改正検察審査会法に基づき、副署長に対する起訴議決を行い、起訴されることが決定した。
そして、2010年4月27日に検察官に代わる指定弁護士が起訴したのである。

この事件の嫌疑は、業務上過失致死傷容疑である。
公訴時効は5年だ。
この時効をどの時点から数えるかというと、犯行からカウントするが、死亡被害者が複数損する場合では、最後の被害者が死亡した日から数えるのである。
死亡被害者11名のうち、最後の死亡者が出たのは2003年7月28日だ。
「5年後」は2008年7月27日である。

2010年4月の起訴ではすでに時効ではないのか。

指定弁護士もそれは分かっている。
確かに、単純な事件なら起訴した時点で時効である。
しかしこの事件は、明石市、警察、警備会社がすべて被疑者となった事件である。
警察も、事件当時起訴された明石警察署地域担当官は有罪(控訴審)となっている。

明石警察副署長(署長は既に死亡)は、有罪となった明石警察署の部下を統括する警察署長を補佐する役職であり、有罪となった部下とは共同正犯の関係にある。
刑事訴訟法では、共犯者の裁判中は他の共犯者の時効は中断するのだ。

その立件趣旨で、検察官に代わる指定弁護士は起訴したのだ。

しかし、裁判所はこれを認めなかった。
裁判所は、副所長には過失がなかったとして、共同正犯ではないと言い切った。
共犯者でなければ、時効は成立する。

そして、2013年2月20日、神戸地方裁判所は、この事件について、時効による免訴(有罪・無罪の判断をせずに、裁判を打ち切ること。)を宣言したのである。

検察官に代わる指定弁護士は、直ちに高裁に控訴したものの、現時点においては、新しい証拠品の発見は難しいため、指定弁護士にとっては困難な控訴審が予想される。


裁判所(地裁)の判断は、一定、副署長の過失の有無について述べているものの、有罪、無罪の判断をしたわけではない。
門前払いをしたのだ、
そして、その門前払いの原因は、事件発生から4回にわたり不起訴処分をした検察庁、「起訴相当」を4回決議した検察審査会、この不毛な時間の浪費の間に時効が完成したのである。

犯人が逃亡し続けて、時効が完成したのではない。
被疑者がそこにいるのに、国の制度の不備により時効が完成したのである。


例によって長文になってきたので、次回に続けたい。
次回は、この事件の本質に迫る。


毒舌日記 ブログランキングへ
posted by 8ちゃん at 14:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

明石歩道橋事故を考える

子供たちが楽しみに待っていた夏休みが始まる2001年7月21日。
兵庫県明石市の大蔵海岸には、その日行なわれる明石市民夏祭りの花火大会を見物しようと、約20万人の見物客が訪れた。

この大蔵海岸に行くには、国道2号線及び国道28号線、市道大蔵町48号線を横断する必要があったが、そのためには、山陽電鉄大蔵谷駅、同人丸駅から歩くか、又はJR神戸線の朝霧駅の南側の歩道橋を渡る必要があった。
しかしながら、この3駅の中では朝霞駅が一番会場に近く、さらには、祭りには欠かせない露店180店が、警察の指示により、朝霧駅の歩道橋南側の真下から290mにわたり集中していたため、観客の大半は、朝霧駅を利用することとなったのだ。
また、大会実行委員会作成のアクセスマップには、朝霞駅からの経路しか表示されていなかったのである。

そして、午後8時45分、悲劇は起こった。

有効幅員6m、長さ103.7mの朝霧歩道橋の上に、駅を目指す客と海岸や露店を目指す客が異常なほど溢れ、大きな圧力が人々を押しため、「群集なだれ」という状況が発生して、多くの人が巻き込まれた。
そして、死者11名、重軽傷者247名という大惨事になったのである。

死者11名は10歳未満が9名と70歳以上が2名である。
力のない者が、犠牲になったのである。

この事件では、兵庫県警察が計画策定と当日警備の両方の業務上過失致死傷容疑で、明石署、明石市、警備会社の担当者ら計12人を書類送検し、うち5人を神戸地検が在宅起訴して、2名に実刑(2年6月)及び3名に猶予刑の判決があったものの、7名は起訴されなかった。
ちなみに、民事訴訟では明石市、兵庫県警察及び警備会社に対し5億8千万円の賠償を命じた判決が確定している。

しかしこの事件は終わらない。

遺族らは、書類送検されながら不起訴となった明石警察署の署長(手続き途中で死亡)と副署長について、神戸検察審査会に審査を申し立て、審査会は、その後3度にわたり、起訴相当と議決をしたが、この決定に対し、神戸地検は3回とも不起訴とした。

この3回という回数は過去に1例しかない極めて異例の判断である。

「検察は、捜査仲間である警察に甘いのか。」

こんな声が聞かれる中、3回目の検察審査会による起訴相当議決を受けて再捜査をした検察当局は、4回目の不起訴処分を行なった。
起訴の対象となった副署長が、事故防止に必要な一応の措置を講じていたという判断だった。

検察の不起訴に対して検察審査会は、副署長に対する強制起訴を行い、この問題は始めて裁判所の判断を求めることとなったが、裁判所は、2013年2月20日に起訴時点の2010年4月には公訴時効である5年を過ぎているとして裁判の手続きを打ち切る免訴を言い渡した。
やっと起訴をしたと思ったら、裁判所が事実関係の判断を行なうことなく、時効という門前払いにされてしまったのである。


事件の簡単な経緯は、以上のとおりである。
さて、この事件にはどんな問題が含まれているのだろう。
次回は、ここに隠された大きな問題を掘り下げてみたい。


おやっ!また、こんなものが…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

8ちゃんの男の料理

今日は、あまり記事を書く時間もないので、おススメの晩ゴハンを紹介したい。

テーマは「鯛めし」である。


材料(量は家族構成と食欲による。)

鯛 ⇒ これは刺身用の鯛が一番。骨がないほうが食べやすいに決まっているのだ。
うすあげ ⇒ これがなかなか重要なファクターだ。
ネギとかワケギ ⇒ 何でも良いが、あった方がいい。ワキゲではない(念のため)。
だしの素 ⇒ いりこ出汁が一番望ましいが、何でもいい。
米 ⇒ あたりまえやね。
もち米 ⇒ あればラッキー。普通はないわな。
塩、醤油 あとは適当。


作り方

1.鯛は刺身用のサクを買ってきて、塩を振って30分置く。
※ 塩を振るのは塩味をつけるためではなく、アミノ酸を活性化させるため。

2.うすあげは、細かく刻む。
※ これが重要な隠し味で、細かく刻んだうすあげが味を引き立てるぞ。

3.だしの素なんかで出汁をつくって冷ましておく。

4.米2.5対もち米0.5の比率で一緒に洗う。
  もち米がなくてもOK。
  洗った米はザルで水切りを30分以上。
※ 洗うときに吸い込んだ水分が邪魔になるので、乾かせた方が良い。

5.1の鯛の両面に焼き色がつくくらい焼く。
※ これもポイントで、香ばしさが出て臭みも消える。
フライパンで焼くと楽ちん。

6.炊飯器(土鍋があればさらに良し。)に米、もち米、出し汁を標準の線まで入れる。

7・醤油、塩は好みの量を入れるが、醤油は濃い口の方が風味がある。

8.刻んだうすあげを入れ、鯛を上に乗せて、スイッチON!

9.炊き上がったらネギを入れて混ぜれば完成。


間違いなく旨いと思うので、明日の晩飯あたりにいかがかな。


つくって、旨かった人、つくらなかった人も、ポチは忘れずに!

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 18:28| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。