あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年02月21日

日米首脳会議の裏側

安陪首相が就任後初の渡米をする。
アメリカにとっても、ここ何年間かの「日替わり首相」状態から、「ちょっとは長くやりそうな日本の首相がやってくるな。」というのが実感だろう。

さて、会談では何が話し合われるのか。

沖縄の米軍基地問題、北朝鮮問題や中国、韓国との領土権紛争など、日米安保条約に関連する問題や、円安局面を受けたアベノミクスへのアメリカへの説明、TPP(環太平洋パートナーシップ)などの経済問題といったところが話し合われるのだろう。

一般的に、首相や大臣の海外訪問は、実際には、事前に両国の外務省や国務省が事務レベルの協議を重ねており、会談の議題とする内容や、共同記者会見でのコメントや質疑応答の趣旨まで、大筋の合意(脚本)が出来ているのが通常だ。
その内容は、会談までに大きな事故や大自然災害が発生したり、第三国の核実験といった国際情勢の動きにより、多少は変動することもあるのだが。

今回予想される共同声明の内容は、日米安保条約では、両者から「日米両国は、日米同盟の重要性を改めて確認し、今後も緊密に連携していくことで合意した。」となる予定だし、沖縄普天間基地の問題では、沖縄県の感情問題もあるので、安陪首相が「日米合意に沿って辺野古移転を進める。」と簡単に発言するくらいだろう。

中国との領土権問題については、オバマが、「日本政府の冷静な対応を支持する。」と話した後、民主党から政権を奪回した自民党へのプレゼントとして、「尖閣諸島を含むこの地域は、日米安全保障条約第5条の対象地域である。」とオバマが話すのかもしれない。
つまり、中国が尖閣諸島に対して武力攻撃などを行えば、アメリカが参戦するということだ。
ただし、この条文の発動は「武力攻撃」があったときのみである。
例えば、密かに中国が尖閣に上陸して、実効支配を始めればアメリカは手を出せないと解釈するのが一般的だ。
(注)
安保条約第5条1項
各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

そして、今回の安陪首相の訪米で、最もマスコミが騒ぎ立てているTPP問題についても、この時期に「TPP交渉に参加する」とか「参加しない」とかの確定的な発言などあるはずがないのだ。

なぜなら、アメリカも日本も、本当の意味での日米交渉は、7月の参議院選挙で自民党が勝利して、衆参両議院において安定多数を確保してからだと思っているからだ。

現状では、自民党内においても、1月23日に開催されたTPPに反対する議員の集会に自民党の国会議員が約200名も結集しているなど、党内の内部統制など全く取れていない状況なのだ。

自民党の衆議院選挙におけるTPPへの対応は、「聖域なき関税撤廃を前提としたTPP交渉には応じない。」というものだ。
この「聖域」というのが実は正体不明なのだ。

自民党を支持する各種団体は、業界ごとに区分されているから、この「聖域」に関しても、農業団体は、コメや農産物を「聖域」とするだろうし、金融業界は保険や金融システムを守ろうとするだろう。
医療関係団体は医療や医薬品の自由化には反対だ。

こんな状態で日米のトップが会談しても、答えなど出るはずがないのである。

おそらくは、安陪首相が「オバマ大統領に対し、聖域なき関税廃止が条件であれば、TPP交渉に参加できないとの日本の立場をご説明した。」と記者に述べるのだろう。
一方のオバマは、日本の主張を受け入れたわけでもなく、理解したわけでもなく、「安陪首相と私の間で、TPPについて率直に意見を述べ合った。」とか何とか言って、あやふやに終わるのが目に見えている。
ちなみに、一般的に、官房長官や各国政府の政府広報官などが会談内容を伝える場合、「率直に意見を述べ合った。」という表現をした場合は、「意見が食い違っていた。」ということである。

首相訪米のニュースなど、聞きたくもないニュースではあるが、今回予想した記者会見談話なんかを意識してテレビや新聞を見てみるのはいかがだろうか。


おやっ! 日米首脳会議よりも、もっと大切なこんなものが、こんなところに…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 15:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

サラリーマン川柳

サラリーマン川柳が好きだ。

第一生命の企画で、毎年この時期に行なわれるイベントで、1987年からやっているというから、バブル時代も含めて、26年間続いているのは人気があるからだろう。
毎年、第一生命に応募された作品の中から、100作品をノミネートして、一般投票により、優秀作品10首が選ばれるのだ。

今年も、2月19日から投票が開始されているので、興味のある方は、覗きにいくと良い。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/

とにかく、ここに選ばれる作品は、時代を反映して、どれも素晴らしいセンスに輝いているのだ。
過去の傑作をいくつか挙げてみたい。

「プロポーズ あの日にかえって ことわりたい」
※ 後悔先に立たずである。

「課長いる? 返ったこたえは 「いりません!」
※ こんな社員がいる会社もつらいが…。

「久しぶり〜 名が出ないまま じゃあまたね〜」
※ これは誰もが経験しているのではないか。

「『ゴハンよ』と 呼ばれて行けば タマだった」
※ 家庭内の旦那の処遇が目に見えるようだ。

「連れ込むな! わたしは急に 泊まれない」
※ 何故か、ニヤニヤしてしまうのは、私だけだろうか。

さて、今年の候補作品の中から、気になった作品を私なりに選んでみた。
どれもなかなかの秀作である。

「家事停止 望むは妻の 再稼動」

「タニタより 我が家の食事 低カロリー」

「妻よりも しゃべってなでてる タブレット」

「LCC 缶コーヒーかと 上司言い」

「領土権 我が家はみんな 妻のもの」

「ゆるキャラと 思えば愛しい 肥えた妻」

「ノーベル賞 家(うち)にないのは 平和賞」

「入れ歯取れ きゃりーぱみゅぱみゅ 言えた祖父」

「「美魔女かな?」 化粧濃すぎて ただの魔女」

このイベントは3月19日まで、投票を受け付けているし、何でも、IH炊飯ジャーなんかの商品がもらえるそうなので、ここは頑張って応募してみてはいかがだろうか。

それでは、最後に私も、一句。

「政策を誰も知らない維新の怪」


川柳も大事だが、コチラの方もポチッと投票してもらえると、有難いのだが…。

毒舌日記 ブログランキングへ
posted by 8ちゃん at 10:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

大丈夫かWBC

山本浩二監督が率いるWBC日本代表が、広島カープとの練習試合で、7対0の完敗を期した。

しかも、負け方が恥ずかしい。

先発のマー君こと田中将大投手(楽天)が、1回に2失点、中継ぎの山井投手(中日)が2失点かと思ったら、止めは内海投手(読売)が3ランホームランを打たれて撃沈である。
我らがタイガースの能見投手が完璧に2イニングを抑えたのは嬉しいが、広島のほぼ2軍選手を相手に情けない状態だったのだ。

打つ方は、もっとひどい。

オールスター並みの豪華な顔ぶれのWCB組の打線が、広島の2軍要員に近い投手陣にたった3安打の完封負けだ。
広島の投手陣も「こんな楽に打ちとって、エエんやろか。」と悩むほどの貧打なのだ。
これなら、去年の弱猫タイガースでも楽に勝てたに違いない。

WBCの統一使用球が、ツルツルすべるとか何とか言い訳をしているが、相手の広島も同じボールで試合をしているのだし、だいたい、打つ方はツルツルなど関係ないのだ。
ツルツルが怖くて、ソバが食えるか。

過去2回のWBCにおいて2連覇している日本代表には相当のプレッシャーがかかっているだろうし、イチローやダルビッシュが出場しないといった気の毒な状況も理解しているものの、情けないものは情けないのだ。

山本浩二監督はマスコミのインタビューに冷静に対応していたが、腹の中は煮えくり返っていたことだろう。
タイガースの新井貴浩のように、打てない状況を家族に八つ当たりするのだけは避けてほしいものだ。

このWBCは、少なくとも、第2ラウンド(2次予選)で上位2位にならないと、優勝どころかアメリカでの準決勝や決勝にも行けないのだ。
予選の組み合わせは、地域性を重視したと言いながら、何故キューバチームがアメリカ予選ではなく日本で予選をするのか良くわからない。
きっと、必勝を期すアメリカの陰謀なのだろうが…。

さて、3月2日からの第1ラウンドは、日本、中国、キューバ、ブラジルの組み合わせなので、中国が卑怯な手段に出たり、ブラジルがボールを足で蹴らない限り、日本とキューバが予選を通過するだろうが、3月8日からの日本、韓国、キューバ、台湾の4チームによる第2ラウンドは激戦だ。

韓国、キューバは昔から強いし、台湾も日ハムの陽岱鋼やソフトバンクの陽耀勲の兄弟が牽引する油断ならないチームだ。


WBC代表選手は、昨日の敗戦を反省して、是非、勝ち上がってもらいたいものだ。



この下のランキングボタンをポチッと押して、WBC代表選手を応援しよう。

毒舌日記 ブログランキングへ
posted by 8ちゃん at 17:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。