あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年02月16日

アルカイダが核兵器を持つ日(2)

北朝鮮の核実験を世界が非難する理由は、核の分散を恐れるからである。

今、核兵器を保有している国は、国連安全保障理事会の常任理事国の5カ国に加え、イスラエル、インド、パキスタン、北朝鮮である。
イラン、シリア、ミャンマーなどにも核兵器の保有疑惑があるが、実態は不明だ.

当然ながら、紛争において核兵器が使用されれば、紛争の勝敗などに関係なく、人類にとって悲惨な結果を招くことは誰もが知っている。
仮に、核兵器が弾道弾ミサイルなどにより相手国に発射されれば、ミサイル防衛システムがあっても、そのミサイルを破壊した場所が、被曝、汚染されるのだから、これは核兵器への対応策にはなりえない。

こんな核兵器を実際に使用する国家があるのだろうか。

北朝鮮といった暴走国家であっても、核兵器の使用は自国の滅亡まで視野に入れる必要があるため、躊躇するかも知れない。

核兵器を使用する可能性があるのは、テロ集団なのである。

今回の北朝鮮の核実験が、小型、軽量化に成功し、かつ、その構造がウラン型であった場合、北朝鮮はその量産を図り、核兵器そのものや各技術を金儲けの手段として利用する可能性があるのだ。

北朝鮮北部にはウランの大鉱脈がある。
元々、ウランそのものは、地球上に案外大量に存在する。

ウランは、地上や海中に広く分布しており、その埋蔵量は、銀の40倍、ほぼスズと同量が存在すると推定されている。
ただし、採算ベースの採掘はなかなか難しく、採掘可能な量は547万トンだ。
実際に、ウランを採掘している国は、多い順にオーストラリア、カザフスタン、カナダ、南アフリカ、アメリカである。
日本でも岡山県と鳥取県の県境にある人形峠はウラン鉱山として有名だし、岐阜県の土岐市でもウランは採掘される。

ところが、北朝鮮北部では、ウランの埋蔵量が2600万トンに達すると言われており、そのうち、採掘可能なものが400万トンもあるのだ。
この北朝鮮のウラン鉱山は、朝鮮併合時代に旧日本軍が最初に目をつけたものであるが、この世界中のウラン埋蔵量に匹敵するウラン鉱山を有する北朝鮮が、ウランから核兵器をコンスタントに作り出せば、世界は、夥しい数の核兵器に震えることになるだろう。

そして、最も恐ろしい事態は、経済的に困窮を深める北朝鮮が、外貨獲得のために核兵器や核兵器の製造技術を中東国など紛争国に売ることである。
そして、その核兵器がアルカイダやタリバンの手に渡れば、世界中は彼らの恐怖から逃れることは出来なくなるだろう。

特に中東では、イスラエルが1960年までに核兵器の開発を終え、現在は世界有数の核保有国であるという現実がある。
そして、イスラム過激派の象徴的な敵国であるアメリカは世界最大の核保有国である。

テロ集団が、核兵器を手にしたとき、直接的な核爆弾の使用といったテロ行為は勿論、ダイナマイトのような通常の爆発物を使って放射性物質を拡散させる、いわゆる「汚い爆弾(ダーティーボム)」を使用して、テロリストらが都市部を破壊することも考えられる。

核兵器の製造に使用可能な核物質は現在世界に約2100トンある(濃縮ウラン1600トン、プルトニウム500トン)。
これは、核爆弾12万発の製造が可能な数字だ。
国際原子力機関(IAEA)が1993年以降に把握した核関連の密輸事件は800件余りに上るそうだ。


テロリストや国際犯罪組織が核物質を違法に入手して、核テロ事件を起こす危険性は目の前に来ているのかもしれない。
そんな中、国際社会のルールを守らない国である北朝鮮が核兵器に関する技術を高めていくことがどれほど危険なことであるのか。

アメリカやロシア、中国も含め、核兵器などこの世に存在して良いことなど、何もないのだ。

おやっ!また、こんなものが、さりげなく…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 15:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。