あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年03月29日

違和感のある条例

兵庫県小野市。

兵庫県のほぼ真ん中に位置する人口約5万人弱のこの市は、全国シェア70%を誇るそろばんの生産や包丁などの家庭用刃物を製造する町として、教科書などにも記載される市である。
有名なトモエ算盤の工場も小野市にあるのだ。

この一見平和そうな市で、ひとつの条例が可決された。

小野市福祉給付制度適正化条例。

生活保護費などの不正受給を防止する目的で制定された条例のようであるが、その内容をみると、生活保護費や児童扶養手当の受給者は、給付金でパチンコをするなど遊技、遊興、賭博などに使用してはならないとするとしている。
まあ、個人の行動を条例により規制することは、生存権などの基本的人権の侵害だろうが、一方で、貴重な給付金を使ってパチンコや競馬に現を抜かす輩がいることも事実なのである。
勿論、生活保護の認定時において真に保護が必要なひとが認められず、ヤクザや金持ちに保護費が渡るような審査の体制の方がおかしいからこんな問題が起きるのであるが…。

問題は、この条例の趣旨を実現するため、市民に対して通報義務を課していることである。
つまり、市民が「あのひと保護費もらってパチンコしてはるでぇ。」とか「児童扶養手当貰ろてんのに、酒飲んどるやんけ。」と市民に告げ口をする義務を課しているのだ。
「告げ口」という日本人が古来より忌み嫌う行動を行政が強要したのである。

アホか。

生活に何の不自由もない人間が役所にねじ込んで保護費を貰うのは犯罪だから、そんな人間の権利などは守る必要はない。
夜遅くまでヘトヘトになるまで働いて、僅かな賃金を生活の糧にしている者を横目に、十分働ける人間が、保護費を貰いながら競馬場通いを続けるのは許される行為ではないだろう。
最低賃金が生活保護費を下回る現実に対する国民の不満の声も高いのも確かだ。

ただし、大多数の保護受給家庭は、日々の生活に汲々としているのである。
本当に、働こうとしても働けない人間を国家として保護するのは当然の話である。
この条例の目的は、そんなひとまでをも、まるで犯罪者のように、市民同士で監視させるということなのか。

さらに、誰が生活保護や児童扶養手当を受給しているかといったことは、重要な個人情報であり、開示できないのだから、市民は誰を監視するのか。
結局のところ、「あのひと生活保護貰ろてはるんとちゃうか。」みたいないい加減な邪推に基づいて市民同士の疑心暗鬼と差別化が進行するだけではないのか。
目的達成のためには、何をしても良いというものではないだろう。

戦前の日本では、政治的不満分子のみならず、国政への悪口を「隣組」とよばれるグループで監視して密告し、特高警察(特別高等警察)が捕まえて拷問で無理やり自白させるという暗黒の時代があったことを思い出したとしたら、考えすぎだろうか。

この条例は、小野市市議会議員16人中15人が賛成、1人が反対という圧倒的多数で可決されたそうである。
また、条例制定の適否を巡って、市役所に届いたメールなどの意見では1700人中約60%の人がこの条例の制定に賛成の意見であったそうだ。

世間一般の人はこの通報制度を何の抵抗もなく、受け入れることが出来るということなのか。

私には、大きな違和感がある。


花見に出かける前に、そのしなやかな指で、↓をポチンと…。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 13:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

勇気ある判決

1票の格差を巡る訴訟について、広島高裁及び広島高裁岡山支部の裁判官が、昨年の衆議院選挙における広島1区、2区及び岡山2区の選挙を無効とする判決を出した。
今まで、「違憲状態」あるいは「違憲」とした判決はあったものの、選挙そのものを無効とした裁判所の判断は始めてである。
裁判所も、「違憲状態じゃ!」と言い続けてきたのに、国会議員が一向に定数是正をしないから、堪忍袋の緒が切れたのだろう。

それにしても、この広島高裁や同岡山支部の裁判官は、なかなか勇気があるではないか。
最高裁が違憲判決を出しているので、判決文を書きやすかったのだろうが、選挙無効まで踏み込んだ判決はなかなか書けるものではない。
司法は三権の一翼として独立しているとはいいながらも、予算や人事があるから、政府や官僚の顔色を窺うのが普通だからだ。

裁判官の給料は任官から20年間は同期では差が出ない。
「裁判官の報酬等に関する法律」というのがあって、判事補という裁判官の補佐職が12号から始まって1号俸まで、判事が8号俸からスタートして、最高位は1号俸だ。
その上には、各高裁の長官以上の幹部裁判官の給料も定められており、最高裁長官の給料が内閣総理大臣や国会議長と同じ額となっている。
三権分立といいながら、立法府が裁判官の給料を決めるのは、おかしいような気もするのだが、まあ、法治国家ということでここは大目に見ておこう。

裁判官は任官から20年、凡そ45歳くらいで4号俸という給与ランクになるのだが、ここから3号俸への昇進は、上司や官僚の評価で差が出てくる。
この3号俸と4号俸では給料自体が月額で16万3000円違うし、賞与や手当てなんかを加算すると年間所得では、500万円の差が出るのだ。
そして、その昇進差はその後も続き、同じ年齢で年収が1千万円以上も違うことになるのである。
誰だって、給料は高い方が良いに決まっているので、裁判官といえども、上司や官僚に嫌われないようにするのだ。

そこで裁判官はどんな行動をするのか。

まず、第一に、自分の担当する事件を速いスピードで処理して、在庫(?)である係属中の事件を消化することである。
上司からも、事件の消化については厳しくチェックされるのだ。
したがって、刑事事件などは、検察官の起訴理由などを「丸呑み」して、怪しげな自白調書もホイホイ採用するのだ。
無罪主張など、被疑者が犯行を否認している場合は裁判が長期化するので、見せしめのために、軽微な犯罪にも実刑判決を出したりするアホな裁判官が多い。
このスピード主義により、毎日、多くの冤罪が生まれているのだろう。

次に、裁判官は、反体制の位置づけにある労働組合関係の判決などで、検事と違うような判決を出せば、国の幹部官僚や自民党、上司裁判官からにらまれるであろうと考える。
したがって、労働組合絡みの裁判では、検事の求める意向と違うような判決はまず出さない。
具体的には、ひたすら、検事が作成した調書のストーリーに沿った判決を出すのだ。

国を相手にする行政訴訟も同じだ。
行政訴訟というのは、行政事件に関する訴訟のことであり、公権力の行使の適法性などを争って、その取り消しや変更を求める訴訟だ。
今回の選挙における「1票の格差」の違憲性を争う訴訟も行政訴訟だ。

このような行政訴訟は、行政府が行なった(または行なわなかった)行為(不作為))に対して、「おかしいやんけ!」と異議を唱える訴訟なのだから、政府からみれば、そんなことを言うヤツは「敵」である。
このような「お上にたて突く」人間に有利な判決を下せば、その裁判官は出世は諦めるしかないのである。
したがって、広島高裁などの選挙無効の判決は画期的といえるだろう。

元々、日本では、行政訴訟が極めて少ない。
お上の言うことは絶対なのである。
日本における行政訴訟の数は、年間1800件である。
「多いやんか!」と思ったアナタ。
ドイツなどでは、年間50万件の行政訴訟が提起されているのをご存知だろうか。
ドイツだけでなく、他国では行政に対する訴訟は一般的であり、ヨーロッパの法学者が、日本において行政訴訟が極めて少ないことをテーマに論文を発表したくらいなのだ。

裁判官を取り巻くこのような情勢下で出された選挙無効の判決に対して、7月までに最高裁は判断を下すことになる。
最高裁判事は出世コースの極みであるから、選挙無効の判決は出ないとも考えられるが、世論が後押しすれば、これは分からない。

厚生労働省の村木局長の事件では、検察側の証拠改ざんがあったとはいえ、無罪の決め手は、「村木さんが正しい。」という世論の後押しがあったからである。
本来は、裁判において「真実の所在」を審理してほしいのだが、実は、こんなことで判決は変わるのである。

裁判官は神ではない。
世間の常識を知らない普通の人間なのである。


下のボタンを押すのは、「違憲」ではありません。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 10:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

正しい花見

各地から、桜の便りが届いて、まさに春本番の様相を呈してきたが、関西地方では、和歌山の紀三井寺や根来寺で、桜が咲き始めたものの、全般的にはこれからのようである。
どうやら関西の桜は、私をみれば分かるように、地域住民と同じで「控えめ」な性格に違いないのだ。

関西では、吉野山の桜や京都円山公園のしだれ桜が全国区だが、このほかにも大阪城公園の西の丸庭園や、兵庫県なら武庫川沿いの桜、滋賀県は三井寺の桜など、何処の土地にも「これが一番」という桜があるのが嬉しい。
たぶん、全国の読者のそれぞれが、「一番の桜」を頭に描いているのだろう。
このブログのアンケートでも、自慢の桜の名所をご紹介いただいているので、機会があれば是非行ってみたいものだ。

さて、こんな桜の国の国民は、桜が咲くと、浅い春の夜寒をものともせず、花見に出かけるのである。
昔は、会社の「社命」により、若手が場所取りに朝から陣取っていたものだが、最近ではブルーシートだけが置かれていることが多いのは社会環境の変化だろうか。
私など、昔は場所取りの命を受けるとともに、「飲んでよし」の許可を得て、同僚と朝から晩まで飲みながら場所取りをし、本番では飲みすぎてエライことになった経験があるのが自慢だ(何が自慢やねん!)。

そこで今回は、花見にあたっての留意点を述べたい。

まず第一に、花見の場所はどこでもよいのだが、夜桜をみる場合は、桜があるのは当然として、街灯などの明かりの近くでないと現場が「闇鍋」状態になって混乱するのだ。
もちろん、酒飲みが桜を愛でる時間は最初の5分間程度で、「どこでやっても同じやんか。」と言われるくらい、後は酒を飲むだけのおっさんに変身するのだが…。

次に、この季節の花見の問題点として「寒さ」がある。
川原などで花見をする場合はバーベキューなども可能なのだが、公園などは基本的には火気厳禁だ。
しかし、夜寒の頃は冷たいビールばかりでは辛い。
そこで「燗板娘」という商品名だっただろうか、ワンカップ酒の下部に発熱の仕掛けのある酒が重宝するのだ。
十分な熱量があるので、飲みきったその容器に次の酒を入れておくとまた温まる。
飲む速度にもよるが、私の経験では3杯はいけるのだ。

もっとも、寒いのは酒が廻るまでの間である。
その後も飲み続けると、気温を感じない仙人のような域に達するのであるが、寒さとともに、羞恥心や公序良俗といったものまで、感じなくなるケースがあるので、そこは注意したい。

次に、花見会場で販売している飲食物はやたら高いことが問題になる。
350ミリの缶ビールは、普通に買えば220円だが、これが花見会場の夜店で買うと、500円もするのだ。
したがって、ビールなど酒類は決して現場で買ってはいけない。
コンビニなどで調達してから行くのが王道である。
安く上げるコツとして、発泡酒や第三のビールを混ぜておくのだが、泡さえ出れば誰も文句は言わないだろう。

ただし、暖かいおでん(関東だき)とか焼きソバなどは、現地調達もやむをえない場合がある。
その場合は、ポツポツ買いに行かずに、みんなの分をまとめ買いして、「おっちゃんまけといてや〜」と可愛く言うのだが、おっさんが可愛く微笑むと変な誤解をされても困るので、ここは女子力に頼りたい。
最悪、女子がいない場合は女装も視野に入れたいが、公安当局がどのような対応をするか、予測できないことを申し添える。

そのほか、ブルーシートなどは、持ち帰るのが面倒なので、コンビニでそれぞれが尻に敷くダンボールを貰って行くのが望ましいし、場所によっては床机などが無料で使えるところもあるので、ネットで調べておこう。


この週末、花見を計画しているアナタ。
アナタの友人や飲み仲間に「雨男」や「雨女」がいないことを祈りたい。


雨雲退散の加持祈祷には↓このポチでっせ!

毒舌日記 ブログランキングへ

タグ:花見 燗板娘
posted by 8ちゃん at 17:44| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。