あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年03月11日

忘れてはいけないもの

東北を襲った大震災。
あの日から2度目の春が来た。

震災は、死者15,881人、重軽傷者は6,142人そして、現在もなお行方不明となっている方が2,668人という大惨事であった。
アフガン戦争における民間人の死者の数が、アメリカ軍の発表で3,500人、タリバン側の発表で14,609人であることを考えると、東北大震災は、戦争と同じかそれ以上の惨劇であったと言える。

先週あたりから、メディアはどこも震災の特集を組み、口を揃えて、進まない復興の現状や被災者の心の傷の深さを報道している。
取材のポイントは各報道機関によって異なるが、共通しているのは「この経験を風化させてはいけない。」という論点であろう。
震災から2年が経過して、人々の心の中にある震災への思いが薄れてきているという論評が目立つ。

日本人は大きな経験を忘れ易いのか。

太平洋戦争における沖縄や硫黄島での悲惨な戦いは人々の記憶から消えつつある。
アメリカ軍の空襲で焼け野原になった日本を実際に見たひとも少なくなった。
そして戦争で奪われた310万人の日本人の尊い命。
県民の4人に1人(12万人)が犠牲になった沖縄の土地の10分の1は、アメリカ軍の基地だ。
そして、沖縄は1972年に本土復帰したと言いながら、米軍機の墜落事故や、女子への暴行事件などが現在までに、1545件も発生しているのを知る人は少ない。

広島や長崎で世界で唯一、核兵器の被害者になった日本が、今や世界有数のウランやプルトニウムの保有国だ。
使用済み核燃料は、最終処理の方法がないまま、全国の原発敷地内に積み重ねられ、今も増え続けている。


忘れてはいけないものが確実にあるのだ。



毒舌日記 ブログランキングへ



posted by 8ちゃん at 17:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

「豚足のかどや」へ行って来た

ブログを書き始めて、ありがたいことに読者も増え、コメントを通じた読者の感想も聞けるし、何より軽妙なやり取りが楽しみである。
そんな、コメントを寄せていただく読者の中には、私が酒飲みだと知って、とっておきの店を紹介してくれるという、ありがたい話もあるのだ。

その中から、昨日は、兵庫地区を代表する絶世の美熟女からご紹介いただいた「豚足のかどや」に足を運んでみた。
美熟女と豚足はどう考えても不適合なのであるが、その美熟女の美貌の秘密が豚足のコラーゲンだと考えれば、辻褄は合う。
http://tabelog.com/osaka/A2702/A270202/27007193/

「豚足のかどや」といっても、豚足ばかりを食わす店ではない。
いくらコラーゲンが山盛りであるからといって、単調に、同じものばかりを食わされるのは困る。
私は飽き性なのだ。

難波交差点から、難波楽座を越えて、阪神高速も越えたあたりその店はある。
周りはキラキラとネオンが輝くラブホである。
サービスタイム2980円とか3980円とか書いてあるが、大阪国民は何でも最後に980円をつけると安心感があるのだ。

そんなゴチャゴチャした中にある「かどや」は、まあ、店構えといい、客筋、店員にいたるまで、期待通りの究極の「おっさんの店」なのだが、このようなところに拘わらず、店内には女性客もチラホラ見つけられるし、この日は子供連れもいたから不思議である。
ソフトドリンクやご飯類は持ち込み自由という変わった店なので、子供連れの場合は近所のコンビニなんかで買ってくるとよい。

なお、お断りしておくが、私は飲み屋で料理の写真をとるなどという、気の利いた冷静な対応などは出来ない。
目の前の料理や酒に気をとられて、それどころではないのだ。
したがって、写真はないので、ここは、文面から状況を味わっていただきたい。

店内は案外広い。

カウンター(20席くらい)とテーブル6×4人で計40人くらいはOKだろう。
一番奥のテーブルは団体(10名程度)も対応できそうだ。
店員はカウンターの中に男が4〜5人と、接客担当の女性が3人である。
店内を超スピードで走り回る小太り(正確には大太りである。)のお姉ちゃんは、どうみてもインドネシア系だし、残りの2人も日本語がややこしい中国人のようだ。

中国人と聞いて、ピクッとしたアナタ。
「北京毒ガス焼き」とか「ナマ尖閣」なんかを注文して、店員をイジメたりしてはいけない。日本は、紳士の国なのだし、この中国人のお姉ちゃんがPM2.5を撒き散らしているわけではないのだ。

カウンターの中は、ボスらしいのが1名と、ベテランが1名(顔が似ているので、ボスの弟ではなかろうか。)あと2〜3人いるよういだが、国籍はよく分からない。
ボスは、豚足担当のようで一人で豚足を茹でている。
きっと、こだわりの茹で方があって、人には任せられないのだろう。

瓶ビールを頼んだら、まずは名物の豚足である。

豚足といえば、その昔、これを食ったときに、「どこ食ったらエエねん。」と悩んだことを思い出す。
しかし、ここの豚足は食うところが多いし、ネギとタレをつけて食うその味は素晴らしい。
豚足自体が新鮮なのだろう、臭みも全くないのだ。
店内では、箸で食う人も少ないので、手で食うのが1番だ。
私の白魚のような指が油でギトギトになるが、そんなことは大したことではない。
一人にひとつ、お手拭タオルも用意されている。

これだけのプルンプルンのコラーゲンを摂取すれば、明日からお肌ツルツル、シットリ、妖艶なおっさんになるに違いないのだ。
こんな、コラーゲンたっぷりの旨い豚足は、是非、胃潰瘍で、胃壁が下水道管のようになった知り合いの姐さんに食べさせてやりたいのだが、その姐さんは鳶の仕事をしているらしいので、あまりツルツルになると、滑って高い鉄骨現場から落下しても困るので、ここはガマンしておこう。

次は口コミで評判の良かったハラミとツラミの焼き串だ。
これは焼いてあるだけなので、テーブル上の塩かネギだれをつけて食う。
3本で450円だが、サイズが多きいいのでお得感はある。
どちらも抜群に旨いが、特に、ツラミの香ばしさは最高だ。

生セン、コロロン(生姜とニンニクと生ハツを混ぜて食う。)、ショボクレ(豚肩ロースとタマネギの串焼き⇒肩(ロース)の肉をとると肩が落ちて、ショボクレた感じになるから)そしてマメ(腎臓)などのディープメニューを注文したが、どれもこれも予想以上に旨い。
ココロンは、生姜とニンニクが利いていて、爽やかさの中にホルモンの濃厚な味が口に広がる逸品である。
この店の超人気メニューに君臨するだけのことはあるなと、誰もが納得できるのだ。
キャベツが食べ放題なのは大阪国では条例化されているので当然だが、キャベツの切り方はかなりワイルドである。

さて、飲みものは瓶ビールから焼酎のお湯割りに変わる。
「ちょっと濃い目にしてや。」とインドネシア風のお姉ちゃんに言うと、ほぼ原液に近い濃さの焼酎のお湯割が出てきた。
きっと、私のような男前にはサービスするのだろう。

飲み仲間3人で行ったのだが、2級酒(300円)を注文した連れは、「若干量が少ない」と、厳しい指摘をしていたが、それは単に、彼らの飲むペースが速いだけである。
この連れの二人の「量が少ない」は通常人の「普通」であり、「量が多い」はバケツなのだから、良い子はマネをしないようにしよう。

2時間くらいで十分満足して、外へ出ると春のような陽気と、豚足やホルモンを食ったことによる体内細胞の活性化により、ポッカポッカと暑いくらいだ。
時間も早いので、もう1軒でもよかったが、よく考えてみると、次の日も、その次の日も酒を飲む予定が入っているのに気づいたので、今日はこれくらいで勘弁してやるのだ。

この店は、私の定番になりそうである。


この下のポチにもコラーゲンを塗っておいたので、これを押せばお肌ツルツル、シットリ間違いなしかも…。

毒舌日記 ブログランキングへ

ラベル:豚足のかどや
posted by 8ちゃん at 11:07| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

桜の季節

北国では、死傷者が出るほどの猛吹雪が荒れ狂っているので、かなり気が引けるのだが、今日の夜からは日本列島のほぼ全域が暖かい空気に包まれそうだ。
昨日の夜に天気予報の綺麗なお姉ちゃんが言っていたから間違いないだろう。
もちろん、彼女が予報を間違ったとしても、寛大な私としては、「かまへん。かまへん。」といって、許してしまうのは、人間が出来ているからに違いないのだ。

この季節になると、気になるのが「桜」である。

このブログでも、去年の今ごろは桜の記事を書いていたくらいだから、私など、「春⇒桜」という分かりやすい(「単純」というな!)発想をもつ常識的日本人なのだ。
http://senbero8chan.seesaa.net/article/263758623.html

だいたい、「花見」といえば、桜を見る行事なのである。
世の中に星の数ほども花はあるのに、花見と聞いて、チューリップやひまわり、ドクダミやウツボカズラを想像するヤツはいない。

その昔、在原業平という究極のスケベおじさんが、「世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」という歌を詠んだらしいが、簡単に訳すと、「寅さんの妹のさくらが、喉に髪の毛を絡ませて苦しい。」という意味だ。

古事記とか日本書紀に木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)という美女女神が出てくるらしい。
天照大神の孫のニニギノミコトの嫁さんある。
このニニギノミコトという兄ちゃんは、かなりのやり手で、木花咲耶姫の姉のイワナガヒメにも手を出していた由緒正しき元祖「二股」なのだが、そのイワナガヒメを捨てて、妹の木花咲耶姫と結婚したらしい。

何故こんな話をしたかというと、木花咲耶姫は「木(こ)の花が咲くように美しい」という意味なので、サクヤ⇒咲くや⇒サクラ(バンザーイ!)となって、桜の語源になったと、エライ人は言っているのだ。

ついでの、このコノハナサクヤヒメは、結婚した翌日には妊娠したそうであるから、旦那のニニギノミコトが「ホンマにワシの子か?」と疑って、ひと揉めあったことが、日本書紀に書いてあるらしい。
DNA鑑定のなかったころの話である。


さて、今月も下旬となれば、あっちこっちで、国民的行事である花見が行なわれるのだろう。
気の早い者は、今から場所取りのために、大阪城公園の西の丸庭園などで陣取っているかもしれない。
そんな熱心な花見ファンには、風邪を引かないように、芋焼酎のお湯割と、暖かい食べ物などを差し入れてやりたいものだ。

まだかまだかと桜を待ち。
風が吹けば散らないかと心配し。
雨が降れば空を恨む。

1年待って、僅か10日あまりの桜の季節をみんな待っているのだ。

おやっ!下のポチを押すと、桜の開花が早くなるという噂が…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 14:01| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。