あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年03月03日

明石歩道橋事故を考える(5)

この事故は、このように関係者が細心の注意をもって対応していれば未然に防げた事故であると私は思う。
したがって、関係者の訴追は当然だろう。

しかし、現状の検察審査会をみたとき、どうもマスコミの創造する「世論」と称するものに流されてはいないだろうか。
「世論」とはまさに世間一般の考え方である。
ある出来事をマスコミ各社が、ろくな取材も行なわずに連日記事にすれば、それが「世論」となったりするのである。
冤罪事件でも、捜査当局の尻馬に乗った記事を連日垂れ流すマスコミに、多くの人は逮捕者した被疑者を「犯人」と決めつけていたはずだ。

今回の事件においても、当時の明石市長や警備会社社長に関する訴追の要求は少なく、警察関係者だけが検察審査の対象となっているが、その選別の根拠は不透明である。
刑事事件で書類送検された12名のうち在宅起訴された5名はすべて現場の担当者だ。

私は逆だと思う。

明石市の上層部や警察幹部、または警備会社の上司から命令されて業務を行なったものが、起訴されて幹部連中は安泰という構図自体がおかしいのだ。
特に、この事件は花火大会の開催に重大な障害があることを知りながら、何の対策も打たずにそれを実施したこと自体が問題なのである。
つまり、最大の犯罪行為は、不十分な態勢で花火大会を実施したことだ。

そして、今回の事件を通して検察審査会と強制起訴がいかに機能していないかがよく分かった。
捜査権に最初から携わっていない検察官に代わる指定弁護士の限界もある。
一方で、今回は副署長が免訴になり、法的効果は無罪と同じだ。
つまり、結果として無罪の人間を11年間追い詰めてきたことにもなるのだ。

このようないろんな問題が発生する根幹は検察当局の「ひとりよがり」ではないか。
起訴して100%有罪にする自信がなければ起訴しないことは、推定無罪の原則からみても当然ではあるが、判決を言い渡すのはあくまでも裁判官だ。
裁判所の法廷へ行く前に、検察官が判決を言い渡しているのと同じ現状には問題がないのだろうか。

被疑者の人格を尊重しつつも、日本の司法制度は、検察官ではなく裁判所が罪状の有無を判断するシステムであるはずだ。
刑事判決の99%が有罪という今の状況には良い面も、悪い面もあるのだ。


やっと終わりました。ご苦労様のポチをよろしく。

毒舌日記 ブログランキングへ



posted by 8ちゃん at 16:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。