あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年03月15日

食べ放題の話題

兵庫県の職員が、食べ放題の店からピザやお好み焼き5キロをリュックに詰めて持ち帰ろうとして見つかり、県から停職3ヶ月の懲戒処分を受けたらしいが、世の中、食べ放題や飲み放題の店がずいぶん増えてきた。
大人数での宴会など、非常にありがたいシステムであり、焼肉屋やホテルのランチタイムなどの多くの店が食べ放題をやっており、最近はケーキなどのスイーツの食べ放題が人気らしい。
普段、小さな弁当箱を持参している可憐な女子が、ケーキなどの食べ放題の場では阿修羅のごとく大量のケーキを食うのを目撃すると、なにか、安心するのは何故だろう。

まあ、私くらい上品な人間になると、食べ放題とか飲み放題というシステムは「食べやな損やんか。」とか「飲み倒して元とったるねん。」といった「気合の入った天使のささやき」が脳内細胞を駆け巡るので、胃が「これくらいで勘弁してください。」と弱音を吐こうが、何と言おうが、あとで苦しむくらい食って飲むのである。

昼食バイキングや居酒屋の飲み食べ放題は昔からあるが、最近ではいろんな種類の「放題」があるようだ。
大阪王将は、大阪の高井田店など5店舗、東京の駒沢店、福井県の福井板垣店、福井二の宮店、広島県の広島マックスバリュー店、呉広店、島根県の出雲店、斐川店の計12店舗で、平日だけだが、500円で餃子が食べ放題だ。
まあ、餃子ばかりを食い続けるのも飽きてきそうだが、ここの餃子は通常は1人前6個で210円だから、3人前で元は取れる計算になる。
つい最近まで、ケンタッキーでもイベントで食べ放題をやっていたらしい。

たこ焼きの食べ放題もある。
堺市の「たこ蔵」という店では、通常8個400円のたこ焼きが他の種類のものも合わせて、1380円で食べ放題だ。
しかし、これは通常料金でも1200円出せば、たこ焼きが24個も食えるのだから、食べ放題に何の意味があるのか良く分からない。

このほかにも、北海道の函館牛乳という会社が経営する「あいす118」と言う店では、牛乳が100円で飲み放題だし、この私の近所でも、大阪市北区曽根崎の「一力」という食堂は、小鉢を20個食おうが30個食おうがタダである。
しかも、その店は、オムライスなどを注文した場合、ビッグサイズへの変更もタダなのだが、ここのレギュラーサイズ自体が結構大きいので、ビッグサイズのオムライスはラグビーボールにしか見えないくらい巨大なのだ。

さて、みなさんの周りにある食べ放題や飲み放題はどんな店なのだろうか。
そして、その店の店主に「参った。」と言わせるには、どれくらい食えばいいのだろうか。

妄想は続くのである。


みなさまのおかげで1位になれました。

毒舌日記 ブログランキングへ



posted by 8ちゃん at 17:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。