あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年04月16日

三國連太郎


毒舌日記 ブログランキングへ

三國連太郎が死んだ。
90歳である。
考えれば、息子の佐藤浩市が52歳なのだから、それくらいの歳になっていても当然なのだろうが、俳優という稼業は、我々庶民に年齢という概念を与えないらしく、概ね俳優は年齢不詳なのである。

徴兵を逃れて脱走までしたという三國自身の凄まじいまでの戦争体験から、反戦をテーマにした作品に力を入れていた三國であるから、安倍晋三首相の趣味には合わないだろうし、国民栄誉賞はなさそうである。

この三國連太郎という人間については、ひとの好き嫌いが分かれる俳優である。
熱心なファンもいれば、どうもあの重苦しい演技が苦手だと言うひともいる。
私生活での乱れを理由に毛嫌いする人もいるのである。
しかし、90歳になるまで、撮影の現場が求める俳優であったことは間違いない。

晩年の三國は、釣りバカ日誌での「明」のイメージが強いが、俳優生活を通しての個性はその彫りの深い風貌どおりに「濃」や「激」そして「執」であったように思う。
役者としてのこだわりは人一倍だったようだが、家庭人としては佐藤浩市が言うように不適格者であった。

結婚は4回を数えるが、いずれも破局を迎えている。
佐藤浩市が小学生の時に離婚したのは3人目の妻である。
それほど家庭を犠牲にするのなら、はじめから結婚などしなければ良いと思うのだが、この世代としては異例の181センチの長身と、彫りの深い顔立ち、スクリーンで魅せる激しい演技と私生活での女性への優しい接し方に、大きなギャップがあり、そんな三國に惹かれる女性も多いのも事実だ。
太地喜和子との熱愛は三國本人も認めているし、有馬稲子や釣りバカ日記の共演者であった石田えりとの関係も噂になったことがある。

しかし、三國にとって太地喜和子との愛だけは本物だったようで、後日、「今までで、惹かれた女優さんは一人だけです。太地喜和子さんだけです。」と話しているし、太地喜和子のもとを逃げ出した理由を太地本人に聞かれたときは、「あなたの身体にひれ伏すことがイヤだった。」と答えている。


佐藤浩市は、三國の死に際して涙は出なかったと答えている。
しかしその風貌には、間違いなく三國の遺伝子を見て取れるのである。


毒舌日記 ブログランキングへ


posted by 8ちゃん at 15:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

大衆演劇入門


大衆演劇をたまに観に行く。
元役者の友人もいるので、いろいろと教えてもらいながら観る芝居は、なかなか楽しい。
90分の映画が1800円もする時代に、1000円で3時間以上も楽しめるのはすばらしいことではないか。

太一.jpg

大阪府下には大阪市を中心に18の常設の芝居小屋がある。
http://0481.jp/c/p/%E5%A4%A7%E9%98%AA/

私がよく行くのは、通天閣の近くの浪速クラブだ。
何せ、入場料が安い。
通常料金も1200円と他の芝居小屋に比べて安いのだが、小屋から50メートル先の喫茶店で、いつでも1000円の前売り券を販売しているので、まともに1200円を支払って入場する客は少ない。
小屋の周りに串かつやホルモンの旨い店が多いのも私が浪速クラブへ行く理由ではある。

浪速クラブは、190席しかない大阪で一番小さな芝居小屋なのだが、全席S席だと考えればよいわけで、役者との距離も近いのが嬉しい。

さて、通常、大衆演劇は1日2公演である。
12時から15時までの昼の部と、17時から20時までの夜の部である。
ただし、普通は15分から30分くらいは公演が伸びることを頭に入れておきたい。

入場券をモギリのおばちゃんに渡して中へ入る。
どの劇場も原則は全席自由席である。
よほど良い席に座りたい時は、100円で座布団を借りると、係りのものが席を取ってくれるが、熱狂的なファンは早い段階から席取をしている(荷物を置く)から、ご期待の席に座れるとは限らない。

公演は3部構成(関東では、ミニ歌謡ショーがない2部構成もある)で、ミニ歌謡ショー(30分)⇒芝居(時代劇が多い)⇒歌謡ショーと続く。
最終のショーが終われば、役者が出口に並んで、「送り出し」という挨拶をしてくれる。

場内は酒類以外の意飲み物はOKだが、食べることは禁止なのでガマンしよう。

芝居や歌謡ショーの幕間には座長挨拶や役者グッズや前売り券の販売があるが、何も買わなくてもOKだし、役者グッズなどは高価なのである。

演目途中で、ご贔屓さんが、祝儀(「花付け」という)を渡しているが、これも気にしなくても大丈夫。
どの世界にも「追っかけ」みたいな人種はいるのだ。

役者の世界の裏話も、例の元役者の友人からいろいろと聞いているので、書きたいところだが、かなり長くなりそうなので、それは次の機会にしようと思う。

衣装や化粧で役者は化ける。
化粧載りの良い顔つきというものもあるそうだ。
照明効果もあって、大衆演劇の舞台には、俗世を離れた幻想的な世界が広がるのだ。

芝居は人情話が中心だが、喜劇も多く、その両方の要素が劇の中に入っていて、まさに「涙あり、笑いあり。」なのである。

この週末、大衆演劇はいかがだろうか。


おやっ?↓

毒舌日記 ブログランキングへ
posted by 8ちゃん at 16:46| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

サッチャーになりたかった男

マーガレット・ヒルダ・サッチャーが死んだ。
小林幸子でもなければ、野村沙知代という下品でブサイクな、元野球選手の妻でもない。
イギリスの元首相のサッチャーである。

今年87歳のサッチャーは、晩年は認知症になって、人前に出るのを自ら拒否していたらしいが、そういえば、ここ何年かはマスコミに登場することもなく、その動向は人々の記憶から薄れつつあったのも事実だ。

サッチャーは、20世紀において最も有名な女性の一人であろう。

イギリスという保守的な国家において、女性が首相にまで登り詰めたという驚きだけでなく、新保守主義といわれる強硬な外交姿勢や、強引とも言える経済政策を続けたことで、イギリス経済を立て直したのも事実だ。

しかし一方では、教育予算の切捨てがイギリスの弱体化を加速させ、ビッグバンといわれる金融自由化などの政策が失業率の大幅な上昇を招くなど、その政策の弊害も大きい。
そのためか、イギリス国内だけでなく、世界中でサッチャーに対する評価は完全に2分されているのだ。

ただし、少なくとも、現在のデービッド・キャメロンというイギリス首相の経済政策などの政治手法は、サッチャーの手法とまるで同じで、緊縮財政による「小さな政府」を目指していることからも、イギリスの政治への影響は大きかったといえるだろう。

「鉄の女」

サッチャーのことを人々はこう呼ぶ。

じゃりン子チエちゃんの母親は確かに「テツの女」なのだが、この場合は、サッチャーの共産主義に対する徹底した対立姿勢に対して、旧ソ連の政府系機関紙がサッチャーをこう呼んだことから広まった言葉なのだ。
どう考えても可愛い呼び名ではないので、女性としては嬉しくないのだろうと考えるが、以外にも、本人は、マギーと呼ばれるよりも、この「鉄の女」と言われることを喜んでいたという。

その気の強さは、まさに、日本の最終兵器と恐れられる「大阪のおばちゃん」を凌ぐもので、フォークランド紛争で見せた戦争への躊躇なき即決や、イギリス議会における野党労働党の政策批判に対する強硬な答弁など、タカ派そのものの政治姿勢にはっきりと表れている。
その戦闘的な言葉は、サッチャー語録というものとなって、ネット上で語り継がれているほどなのだが、私としては、ブッシュ大統領のアホ語録やベルルスコーニのノンデリカシー語録の方が、ボケとしての完成度が高いと感じているのだが…。
そういえば、サッチャーを描いたメリル・ストリープ主演のアカデミー賞受賞作品のタイトルも「The Iron Lady」だ。
http://blog.goo.ne.jp/take16bb/e/0e6eac640c4dfae98d474532265e84fb

まあ、どんな人間も、故人ともなれば、各方面からその業績の偉大さを称える声が聞こえてくるものであるが、特に、日本の安倍晋三首相は「意志の力を示した英国の偉大な宰相だった。」とのコメントを出しているようだ。

安倍首相の新保守といわれる右傾化した政治姿勢は、確かにサッチャーにその姿を重ねる時もあるが、よく見るとかなり違うのではないかと思う。

サッチャーが首相に就任した当時のイギリスは、大英帝国の面影は薄れ、ジョージ・ソロスなどのヘッジファンドによるポンドのカラ売りで通貨の価値が大下落するなど、「英国病」と呼ばれるほど、イギリスは経済も財政も疲弊していた。
ここまでは、「失われた20年」による日本経済の沈滞と同じである。
ただし、この問題への対応をみると、サッチャーは徹底した緊縮財政を推し進めたのに対し、アベノミクスでは異次元と称される金融緩和と、ひと昔前の大型公共事業に依存した膨張予算を組むなど、その手法は正反対である。
これらは、結果さえ出ればよいのであって、どちらが正解と言う種類のものではないだろうが、少なくとも、経済政策においては、真逆のことをしているのである。

アベノミクスの結果が出ていない段階での、株価の上昇や為替相場の円安は、「雰囲気」だけで動く「相場」というものの怖さの裏返しだが、このアベノミクスが実体経済まで浸透するかどうかは、もう少し先でないと分からないのが真相だ。

税制についてみても、サッチャーは、イギリスの消費税(付加価値税)を8%から15%(現在は17.5%)に引き上げたが、庶民のために食料品などは非課税とした。
この結果、イギリスの消費税率は(現在は)17.5%であるのに対して、日本は5%なのに、税収に占める消費税の割合は、イギリスが22.7%、日本が22.3%と全く変わらないのだ。
財務省が、しきりに日本の消費税率が、欧米に比べて低いから、引き上げるべきとの宣伝をしているが、そのロジックが全くの詐欺であることは明白だ。

さて、サッチャーを勝手に「師」と仰ぐ安倍首相は、この夏の参議院選挙後に憲法改正に着手するらしい。
アルゼンチンとの領土問題であるフォークランド紛争において、サッチャーはイギリス軍を躊躇なく投入したが、安倍晋三は、あの姿を夢見ているのだろうか。

サッチャーに学ぶべきは、もっとほかにあるだろうと思うのだが…。


サッチャー女子のご冥福を祈って↓ポチ祷を…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 15:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。