あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年04月09日

金正恩の焦り

北朝鮮が10日にもミサイル実験をするという観測がある。

北朝鮮の東部にある元山付近に移動させた「ムスダン」という推定射程距離が3000キロ以上の中距離弾道ミサイルを発射するらしい。
もっとも、この「ムスダン」という名前は、アメリカが勝手につけたものだから、本当の名前は誰も知らないのである。

実験なのだろうから、公海上の地点を狙うのだろうが、なにせ性能については情けない状態のミサイルだから、間違って通天閣にでも命中したら、大阪のおばちゃんたちは黙ってはいないだろう。

とにかく、最近の北朝鮮の発言は物騒である。
朝鮮戦争における停戦協定を白紙とする発言や、アメリカを火の海にするなどという発言を繰り返しているが、何か、焦りでもあるのだろうか。

確かに、前回の核実験では、いつも北朝鮮を擁護する中国さえも北朝鮮に対する制裁決議に賛成したくらいなので、世界の中での孤立感は感じているだろうが、それならば平和的な会話により、現状を打開するべきなのに、どうも言動が過激すぎるのである。

朝鮮中央テレビなどの発言だけを聞いていると、今にも戦争を始めそうな勢いではあるが、実際に戦争ともなれば、北朝鮮軍はほとんどの兵士が食料不足で体力が低下している上、戦闘機や戦車を動かす燃料も不足しているようであるから、戦争を仕掛ければ自殺行為になることぐらいは分かっているのだろう。

それでも、例のネクラブタ金正恩は、強硬な姿勢にこだわり続けるのだ。

この背景になにがあるのか。

最も、考えられるのが、権力承継時における軍部に対する威力行為である。
父親の金正日が、金日成から権力承継した時には、抗日戦争を金日成とともに戦った(と主張している)高齢の軍部首脳が、自らの生き残りをかけて、必死で金正日にぶら下がった。

今回、金正恩の時も同じ事をしたのかというと、少し様子が違う。
突然の金正恩の地位承継で、軍部首脳はこのネクラブタを少し甘く見ていたようだ。
金正恩は、軍部首脳の粛清を始めたのである。

北朝鮮人民軍のトップであり、金正日の葬列でネクラブタと一緒に棺の前を歩いていた李英鎬人民軍総参謀長は、突然、解任されてその後は全く映像に現れない。
この金正日の葬儀での序列ベスト8のうち、この李英鎬を含む4人が粛清された模様で、朝鮮中央テレビなどの映像には全く映らなくなっている。

このような軍部首脳に対する粛清は、金正恩が自身の実権を確実なものとするために、行なわれているとの見方が強く、これに対する軍部の反発も一部では発生しているようだ。
実際に、昨年11月に、ネクラブタの暗殺未遂報道が流れたときには、平壌市内にある金正恩の私邸などに100台の装甲車が配備されているし、地方視察など同書記の公開活動に際しては、携帯電話が起爆装置に利用されないよう、強力な妨害電波を流しているとの情報もある。

そして、金正恩の好戦的な姿勢は、ややもすれば年の若い金正恩が軽く見られるところを「米国をも恐れていない」強い指導者であることを、軍部に示すためのものだろう。

注意しなければいけないのは、このような北朝鮮、金正恩の脅しに対して、日本が軍事拡大路線をとっていくことである。
巨額の軍事予算をつぎ込んだミサイル防衛システムが全く機能しないことは、北朝鮮のミサイル発射のときに明らかとなった。
所詮、複数のミサイルをすべて撃破することなど、実際には出来ないのである。
重要なのは、ミサイルを撃ちたがっている北朝鮮の一部の特権階級から、北朝鮮を国民の手に取り戻すことなのだ。

北朝鮮では、相変わらず食料不足が続いて、国民は窮地に立っている。
金正恩は、僅かなその食料を自分の地位を確保する手段として、首都再開発事業に全国から動員された学生や青年同盟(金日成社会主義青年同盟)などを養う食糧として、メディア向けの平壌市民への配給用として、そして、軍部隊を維持するための軍糧米として、国民から強制収奪して飢餓を増幅させているらしい。

EUは2012年秋に北朝鮮に調査団を派遣、食糧事情を調査した結果、緊急支援は必要ないとして、今年の食糧支援は行なわない方針だ。
国連の世界食糧計画(WFP)と食糧農業機関(FAO)も今年の北朝鮮の穀物生産予測では食糧事情は好転したとしている。
しかし、その食料は国民のためには使われないのである。

孤立化へ独走する金正恩。
この国に明日はあるのだろうか。

その指で、これ↓を金正恩だとおもって、バシッと一発…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

異様な光景

3月31日の大阪市生野区の鶴嘴駅周辺は、異様な状況となっていた。
大阪府道702号線(通称千日前通り)の南側に在日韓国朝鮮人の排除を求める団体が日章旗や旭日旗を掲げて陣取り、拡声器の大音量で在日韓国朝鮮人を非難する一方、府道を隔てた北側には、人種差別反対を掲げる手製のプラカードなどを持った団体が、怒鳴り返すという状態が続いたのだ。
この日は、この種の小競り合いが全国の主要都市で行なわれたらしい。

http://www.best-worst.net/news_aARV492LRq.html?right

大阪府警は、両者の間に入って衝突を回避するため50人規模征服警察官を動員して、その整理に当たっていたが、通行人などは、何が起こったのかわからず、歩道を占拠したこれら団体の動員者を避けるように車道にはみ出して通行せざるを得ない状態であった。

在日特権を許さない市民の会(在特会)

桜井誠という人間が主催する在日韓国、朝鮮人が持つ特別永住資格や通名の使用を在日特権だとしてこれに反対して、在日特権を日本からなくすことを目的に、2007年1月に設立された団体の行動と、それに反対する集団の対立らしい。
この在特会という団体は、自身の発表では会員数が全国に約1万3千人もいるそうだ。

特定の人種に対する排斥運動について、日本ではあまり記憶がない。
これまでの在特会の集会における参加者の発言の中には、「在日を殺せ」といった過激なものもあったようだが(このあたりの発言は主催者の意思とは離れた一部の過熱者だろうが)、今回は比較的過激な表現は抑えられたらしい。
それでも、初めてこの集会を見たものにとっては、人種そのもの堂々と差別するということまで表現の自由の範疇には入らないだろう。

驚いたのは参加者の年齢が若いことと、若い女性の参加者が含まれていたことだ。
我々の知る「右翼」とは異なる集団なのだろう。
ネット右翼というものがあるらしいが、顔の見えないネットの中のグループとも少し異なる地上で顔を見せる団体という識別なのか。

思想信条は憲法で自由が約束されている。
当然、デモや街宣活動はその自由な権利の行使だ。
ただし、公序良俗に反することは許されないのは当然である。
プラカードに殺人予告じみた文言を書けば、通行人はその趣旨とは別にその団体に対して恐怖心を抱くだろう。
通り過ぎていく子供たちの目には、れがどのように映ったのだろうか。

今までこのような団体の行動は、右翼団体の街宣車による行動は見られたが市民レベルでの行動はなかったように思う。


日本という国は、少しづつ、しかし確実に変質してきたようだ。

週末の嵐をポチッと吹き飛ばそうではないか。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 17:35| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

風疹

風疹が大流行の兆しである。

国立感染症研究所の発表によると、2013年1月1日から3月13日までのたった2ヵ月半で、全国の風疹患者数は1,656人となって、これは2012年の同じ時期の21倍というから驚きである。
東京都は特に顕著で、今年すでに風疹患者が762人に達しており、これは過去5年間で最多だった2012年の1年間の患者数672人を上回っているのだ。

マスコミも、風疹の流行や初期の妊婦に与える影響などを報道しているが、残念なことに妊娠中の母親を経由して赤ちゃんに障害が出る「先天性風疹症候群」全国で7例報告されているという。

風疹は、飛沫核感染(ウイルスを含んだ空気やホコリを吸うことによる感染)なので、人混みでのマスクは励行したいものだ。

さて、この風疹には予防接種が有効なのだが、この予防接種を受けていない世代があるのとマスコミは盛んに報道しているが、このからくりがややこしい。
これは、1977年8月に始まった風疹の予防接種について、1989年4月に予防接種の対象を中学2年の女子から1歳〜6歳(後に7歳半)の男女に変更したからである。
その間、風疹予防もカバーできるMMRワクチンが副作用渦などで製造中止となるなど、複雑な要素も絡むので話はさらにややこしいのだが、単純に言えば、接種対象の年齢を急に変更したから、このように未接種者が大量に発生したのである。

例えば、1989年4月に中学1年生だったAさんという女性がいたとしよう。
Aさんは、当時中学1年生だから、昔のルールだと翌年の中学2年生のときに、風疹の予防接種を受けるはずだった。
ところが、Aさんが中学2年生になったときには、その制度が変更されていて、予防接種を受けられない。
新しい予防接種の対象年齢は、1歳から6歳(後に変更)までに変更されていたのだが、Aさんは、魔法使いのおばあさんに知り合いがいなかったので、若返ることなど出来なかった。
このため、Aさんは、一生、風疹の予防接種を受けることが出来なくなったのだ。

なんちゅう、アホな事をしてくれたのか。
国の罪は重いだろう。

勿論、経過措置として、当時、市町村単位で、未接種の隙間年齢者に対する予防接種の啓蒙が行われていた市町村もあるのだが、全国的な話ではない。
また、昨年までは、国から若干の補助金が出ていたが、今はそれもない。

とにかく、結論から言うと、1979年〜1987年生まれ(現在、26歳〜34歳)の女子は風疹の抗体を持っていないと考えたほうがよいだろう。

また、「子供の頃に風疹にかかったから大丈夫。」ともいえないようである。
厚労省のHPでも、子供の頃の病気は判別が難しく、医者が、じん麻疹を風疹と誤診するケースもあるそうだ。

とにかく、通勤通学も含め、誰もが人と接しないわけには行かないのだから、妊婦や胎児に悪影響のある風疹を避けるためにも予防接種をしたいものだが、これだけ騒いでいても、政府は予防接種に補助を出そうとはしない。

風疹の予防接種は、1回5000円から6000円くらいだが、東京都を除いては何の補助もない。
日々、切り詰めて暮らしている庶民には、痛い出費だ。

行政が不手際で作った未接種者も多数いるのだから、「何とかせんかい!」と思うのだが、政治家のセンセイ方は、みんなお金持ちだから、庶民の苦しみは伝わらないのだ。
きっと、億円単位の話にしか興味を示さないセンセイ方は、「千円」という通貨単位があることを知らないのだろう。

頑張って5000円を出そう。
そして、予防接種をしよう。
気付かないまま、不幸な人をつくらないためなら、自分の生活を削ってもいいじゃないか。

参考

厚労省の風疹に関するページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/

※ 風疹の症状
潜伏期間は2〜3週で、初期症状として微熱、頭痛、倦怠感、鼻水、せき、痛みのないバラ色の口蓋斑点がでる。

その後、顔、耳後部から、赤く癒合性のない点状の紅斑が全身に広がり、多くは3日〜5日程度で消える。

発症者の約25〜50%に、38〜39度前後の発熱が3日程度続く。

予防接種の前に「予防プッシュ」を

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。