あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年05月16日

常識

橋下大阪市長(日本維新の会共同代表)の従軍慰安婦に関する発言などで日本中が大騒ぎだ。
発言要旨は、「慰安婦制度は当時必要だった。」、「在沖米海兵隊は風俗業者活用をすべきだ。」というもので、これに対して「女性蔑視だ。」「人権侵害だ。」などの批判が続出している。
国内メディアは勿論のこと、韓国などは烈火のごとく怒って、橋下氏に元従軍慰安婦との面談を求めている。
欧米や中国のメディアも日本の有力な政治家の発言としてヘッドライン扱いで大きく取り扱い、論評は概ね「政治家として信じがたいような発言」として厳しく批判している。

衆議院で54議席、参議院で7議席を有する大きな政党の党首(共同)の発言なのだから、社会的な影響も大きいし、国際的にも一個人の考え方というよりは、日本人の考え方の一類型として捕らえられているのだろう。

橋下氏の発言は、賞味期限が切れかけてきた維新の会に国民の注目を集めるための計画的なものとの見方もあるが、少なくとも今回の発言で、多くの女性有権者(女性だけではないだろうが)を敵に廻したことは間違いないだろう。

維新の会の方では、松野頼久国会議員団幹事長が「党の決定事項ではない。」などと釈明しているし、松井一郎幹事長も「建前だけ言って支持を集めて、裏では全然違うことを言っているよりはいいんじゃないか。」と橋下氏を擁護したらしいが、石原代表は、橋下氏の発言を支持しているし、橋下本人はツイッターで自身の正当性を40回にわたり、繰り返し発言している。
ツイッターを40回も出来るくらい大阪市長の仕事はヒマなのかとも思うし、執務中にそんなことをしていたら職務専念義務違反で犯罪なのだが…。

折りしも、5月11日のTBSの時事放談という番組で、自民党の幹事長である石破茂氏が、「国民が何を思い、どんな思想を持とうと自由かもしれないが、それは社会とは離れたところで願いたい。公共の場に個人の思想を持ち出されては困る。」と話している。
この発言自体、慎重な石破氏の発言としては異例なのだが、要は、憲法で保障されている国民の思想や表現の自由を真っ向から制限する趣旨の発言である。

確かに、自民党の改憲案では、国民に自由や権利について、「公益及び公の秩序に反してはならない。(改憲案12条)」とか「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、(中略)公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。(改憲案21条)」とか書いてあるので、石破氏の発言は、党の方針に従ったものだ。

ところが、石破氏の発言の翌日には、自民党の政策調査会長である高市早苗が、第二次世界大戦後の極東国際軍事裁判(東京裁判)や、植民地支配と侵略へのおわびを表明した村山富市首相談話はおかしいと言い出している。
安倍首相の歴史認識を巡る言動に、中国、韓国だけでなくアメリカにも懸念が広がり、菅義偉官房長官が10日の記者会見で村山談話の「全体を引き継ぐ」と言って事態の収拾を図るのに躍起になっている最中である。

元々が厚塗り右翼ババアである高市早苗などの発言など、予想はされていたが、自民党の政策調査会長といえば、与党の政策立案の責任者だ。
対外的には、「個人の意見」では済まされないのである。

自民党は大慌てで、13日の官房長官記者会見で「高市議員個人の見解だ。政府の見解は(10日に)明確に私が述べた通り。」と釈明し、出張中の高市氏に電話でクギを刺したが、当の高市ババアは、「私の考え方は変わらない」と開き直っている。

そんな中での橋下氏の今回の発言である。

こんな筋違いの発言を材料に「国民の権利や自由を制限しないとこんなことになりますよ。」とでも言いたいのだろうか。

今回の問題で、野党、特に野党第1党である民主党は何をしたのか。
抗議文書を送りつけるでもなく、傍観しているだけである。
大新聞やマスコミはどうか。
このような日本の恥を世界に晒すような事態にも、橋下氏や高市議員に記者会見の開催を要請するなどの行動を起こしていない。

この国の「常識」は何処へ行ってしまったのだろうか。

ここをブチッっと↓押す自由は認められておりまする。

毒舌日記 ブログランキングへ



posted by 8ちゃん at 16:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

女性手帳

内閣府にある「少子化危機突破タスクフォース(作業部会)」というところが、「女性手帳」なるものを出すそうである。
正式な名称はまだ決まっていないらしいが、要は少子化への歯止め策として、国会議員や官僚が考え出したのがこの「女性手帳」なのだ。

実務的には、これからその手帳に記載する内容を決めていくのだそうだが、この手帳を作成する理由は、「妊娠や出産に関する知識や支援策を示す」ということらしい。
来年の4月から各市町村で「若い女性(定義は何じゃ!)」に配布するそうである。

記載内容のうち、今、有力なものは、医学的に30代前半までの妊娠・出産が望ましいことなどを書いて、女性の晩婚を抑止して、早期出産を促す内容などが中心になるようだ。

アホか。

元々、結婚や出産は本来は個人の自由の範疇だ。
そんなことに政府がいちいち口を出すのは異常だろう。
日本を中国や北朝鮮と同じような国にしたいという発想自体が間違っているが、1000000歩譲ったとしても、この「女性手帳」は考え方が間違っている。
相変わらず、新聞に対する消費税課税を逃れるための陳情をしている大マスコミはこれに対する批判を書かないので、ここで書いておく。

女性が結婚や出産をためらうのは結婚や出産に関する知識がないからと違うんじゃ!

自民党の議員や厚労省の官僚の考え方は、女性が結婚しないで出産もしないのは知識不足が原因であるから、高齢出産は危険ですよとかの知識を与えて、人生の設計をちゃんと描けば結婚年齢も早くなり、出産率も向上するだろうというものだ。

まったく、女性のことが分かっていない連中が考えることは、旧式の一眼レフをつかって、露出全開でサルにF1レースを撮らせたくらいピントがずれているのだ。

女性は生活設計がないから結婚や出産をしないのではない。
正確な生活設計を考えているから、結婚や出産が出来ないのだ。

育児休暇の制度が出来ても、出産による女性の離職率は70%を超えているのは、男性の無理解、育児休暇の不取得や、会社側の排除主義、育児休暇中の経済支援のお粗末さのせいだと考えたことがあるのか。

そして、出産後も保育所の不足は10数年も前から指摘されているのに、厚労省の発表による待機児童の数は、今も全国で5万人もいて、全く改善が進んでいないじゃないか。
しかも、東京都杉並区が、保護者が育児休業を延長したり、仕事を辞めたりしたケースも待機児童としてカウントしたら、待機児童の数は厚労省に報告した数字の3倍のにも達したことを考えると、全国では20万人近い待機児童がいるこの現実をどう考えるのか。

さらに、一番重要なことは、小泉純一郎と竹中平蔵が大企業のために法制化した、派遣法の改悪なんかにより、非正規雇用労働者ばかりが街に溢れたことで生まれた、年収200万以下の低所得の男女が、真剣に考えれば考えるほど、結婚や出産を思いとどまらざるを得ない現状を知っているのか。
出産費用、子育て費用や欧米に比べて異常に高額な日本の教育費を誰が払うというのか。
欧米並みの子育て支援をどうして誰も言い出さないのか。

ちなみに、職場で課長が部下に「何故、早く結婚しないのか。」とか、「何故、こどもを作らないのか。」とか聞けばセクハラである。
似たようなことを国家が行なうのか。

あえて言うなら結婚が人生の最大の「幸福の到達点」とは限らないのだ。
結婚は毎年約70万件、離婚は25万件である。
DVやモラハラ亭主などに虐げられつつ離婚できない人間も沢山いることを考えれば、国家が結婚を進めて、最後まで責任を取ってくれると言うのか。

「おひとりさま」の方が幸せな場合もあるだろうし、亭主に値しないろくでもない男も世の中には大勢いる。
少数だろうが同性愛者やトランジェスターもいるだろう。

少なくとも、国家たるもの、一方向の生き方や人生を国民に押し付ける前に、行なうべきことがヤマほどあるだろう。


ここは、バキッっとコイツ↓を押して怒りを静めよう!

毒舌日記 ブログランキングへ

ラベル:女性手帳
posted by 8ちゃん at 15:09| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

昔のテレビは面白かった(2)

まずは、この番組表を見ていただきたい。
スマホや携帯からの方は、ちょっと見にくいので、私の解説で想像を膨らませていただきたい。
関西版なので、関東ほかの地区の方には、なじみのない番組もあるだろうが、そこはご容赦願いたいのだ。
http://g-s.main.jp/19750327-n.html

朝7時
朝日放送(テレビ朝系)では、ニュースが始まり、関西テレビ(フジ系)では「鉄腕アトム」の再放送である。
読売テレビ(日テレ系)では、「おはよう!こどもショー」が始まる時間なのだ。
毎日放送(TBS系)だけは、7時10分から「大地の詩・世界の農業」という硬い番組をやっていて、それぞれの局がバラバラなのがいい。

朝8時
朝日には「時の空」と書かれてあるが、朝のドラマだろうか。
関テレは、「ママと遊ぼう!ピンポンパン」とあるから、例のピンポンパン体操なのだろう。
読売は、「魔法使いサリー」の再放送で、毎日は8時15分から「短編映画」と書かれている。
この「短編映画」というものは、外国の様子を10分程度の映像にして流すもので、映画と言うほどのものではない。

8時30分から9時30分頃は、朝のワイドショーと呼ばれるものが競合している。
朝日「モーニングジャンボ」、関テレ「小川宏ショー」、読売「あなたのワイドショー」、毎日「奈良和モーニングショー」である。
奈良和氏は既に故人だが、小川氏は闘病にも打ち勝って、87歳でお元気である。

その後は各局が料理番組や再放送枠の時間となり、昼には、またしてもワイドショーの競合である。
関テレ「ハイヌーンショ」、読売「お昼のワイドショー」、毎日「アフタヌーンショー」そして朝日だけが、「ベルトクイズQ&Q」となっており、司会者は押阪忍と岸ユキとは懐かしいが、何で、番組名はQ&AではなくQ&Qなのだろうか。
これでは答えが出ないのではないかと心配してしまうのだ。
ちなみにこの日のアフタヌーンショーのゲストは川崎敬三で、特集は、「窃盗、セックス非行少女転落の実態」となっており、ちょっと見たい気も…(コホッ!)。

毎日は、この後も1時には「13時ショー」、2時には「奥さん!2時です。」と続くが、朝日は3時の「3時にあいましょう」、関テレは「3時のあなた」という人気番組が待っているのだ。
わざわざ「2時です」と教えてくれたり、3時には誰かと逢わないといけないほど、主婦は忙しいのである。

夕方からは、各局とも再放送のオンパレードだ。
石立鉄男の「雑居時代」や松本幸四郎の「鬼平犯科帳」、京塚昌子の「肝っ玉かあさん」の再放送もやってるし、「ど根性カエル」や「エースをねらえ」の再放送だってあるのだ。
最近の子供に、「肝っ玉かあさん」というと、「マツコデラックスのことか?」と聞かれるのだろうか。

6時から7時までも、再放送や情報番組があって、7時からがゴールデンタイムだ。
毎日では田宮二郎司会の「クイズ・タイムショック」が始まるし、関テレは、「ゲッターロボ」だ。
読売が中山千夏の「脅威の世界」というドキュメンタリーを流せば、朝日はなんと「はばたけ!真理ちゃん」という天地真理の冠番組で対抗している。
天地真理の絶頂期は1973年9月の「恋する夏の日」くらいまでだから、人気も下火だったのだろうか、この日でこの番組は最終回らしく、「終」というマークがついている。

毎日の7時30分からの「野生の王国」は私が好きな番組だった。
この番組で動物の名前をずいぶん覚えたが、実生活ではそれは何の役にも立っていない。
まあ、この番組のおかげで私の周りに生息するカバやウシまたは、ウワバミやマントヒヒなどに似た人たちの習性や嗜好などを知ることができたのは幸いである。

この時間帯は8時からのドラマタイムまでのつなぎの意味でも重要らしく、「クイズグランプリ」や「スター千一夜」などの長寿番組が配置されている。

8時〜9時〜10時〜11時までは、ドラマ枠らしいが、この日はボクシングの世界タイトルマッチもあって、当時のJライト級チャンピオンの柴田国明が登場する。
そのころ、毎日では、知る人ぞ知る「ローラーゲーム」が放送されており、東京ボンバーズが登場するのだ。
たしか、もうちょっと前にはサンダーバードという強いチームがあって、ヨーコというべっぴんさんの日本人もいたような気がするが…。

9時からは森重久弥の「だいこんの花」というドラマがあり、他局は高橋英樹の「編笠十兵衛」というチャンバラだ。
読売でも「北都物語」というドラマを放送しているのだが、これは渡辺淳一の原作だからエッチなドラマなのだろうか。
10時からは天地茂の「非常のライセンス」がいいし、各局とも実力俳優を競わせているから、みんなどれを視るのか悩んだことだろう。

このあと、11時15分から、11PMが始まるのだが、この番組は、親に隠れてコッソリ視るという、古来よりのしきたりがあるので注意したい。
この日の司会は藤本義一で、ゲストが笑福亭鶴光だから、かなり期待できるのである。
勿論、私は裏番組の「スパイ大作戦」を視ていたのだが…。

このころのテレビは面白かった。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。