あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年05月29日

余計なお世話


森まさこという、どこかの演歌歌手のような少子化対策大臣が、大いに熱を入れていた女性手帳については、世間の反対があまりにも大きいことから、作成や配布を断念したそうである。
きっと、今ごろ、無念の森まさこ大臣は「哀しみ本線日本海」のように泣いているのに違いないのだ。

そりゃそうだろう。

このブログでも書いたが、少子化の原因が女性の無知にあると決め付けたような発想をする前に、誰もが安心して結婚や出産ができる社会を創るのが政治家の仕事だろう。
単細胞のアホどもは、少しは反省しただろうか。

ところが、奴らはなかなかしぶとい。

次に奴らが出してきたのは女性版のクールビズだ。
夏の暑さを凌ぐためのクールビズは、ここ何年かで定着したが、その女性版を推進するのだそうだ。
担当は、環境省。
あの石原慎太郎のアホ息子が大臣を勤める役所である。

この内容がなかなかすばらしいのだ。

1. ファッション
身体を締め付けず、空気が通るシルエット
首・手首・足首が涼しいデザイン
吸湿や速乾性に優れた機能素材や皮膚との間に空気層を作る凹凸感のある素材など
機能性素材の下着
涼やかな印象を与える色使い

2.ヘアメイク・スキンケア
涼やかな印象を与えるヘアメイク
汗をかいても崩れにくい下地づくり
汗対策となる制汗剤、冷却スプレー、汗ふきシート

3. 小物
遮光・遮熱効果がある帽子・日傘
涼を取る扇子
うなじを冷やす冷却スカーフなど

4. 生活習慣・アイディア
身体の循環機能、汗腺機能を高める半身浴や手足のマッサージ
身体の内から涼しくなる食べ物(夏野菜)や飲み物
匂い対策となる香り付き柔軟剤

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22236&hou_id=16663

ファッションから化粧、持ち運ぶ小物から下着に至るまで親切(?)に、お役所がお教えいただくというから、日本という国に住む女性は何と幸せではないか。

この環境省の言うとおりにすると、だいたいこんな感じなる。

香り付き柔軟剤で洗った涼しげな青系色のダボダボの服を着て、「涼やかさ」を出すために、ヘアスタイルはソフトクリームを連想させるうず高い巻き上げにする。
ネットの口コミを信じて買った汗に強いファンデーションを塗りたくったら、冷却スプレーを全身に吹きつけまくりる。
お気に入りの農業用の麦藁帽子をかぶって、片手に日傘、もう一方の手に扇子を持つ。
首には、おしゃれな冷却スカーフを巻いて、半身浴をしながら、夏野菜をバリバリ食べるのだ。

はっきり言って、余計なお世話だ。
服装や、化粧、ファッションにまで、役人が「あ〜や、こ〜や」と口を出すな!
クールというなら、まず、一番先にお前らの頭を冷やさんかい!

とにかく、女性手帳の件といい、消費税還元セールは禁止だと言い出したり、挙句の果てには「体罰とはなにか」といったマニュアルまで、最近は役人が国民生活の端々まで統制しようとしているのが気になる。

もしかしたら、日本を中国や北朝鮮のようにする計画が着々と進行しているのだろうか。


毒舌日記 ブログランキングへ



posted by 8ちゃん at 16:53| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。