あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年06月09日

お金持ちニッポン(4)

さて、安倍の晋ちゃんが、アフリカ諸国に支援するといった3兆2千億円の約半分はODAから出されることが分かってきた。
そして、その原資が財特債という国民の借金であることもわかった。
しかも、その金を出すのには国会審議などの面倒な手続きは不要で、簡単にホイホイと出せることも分かってきた。
ついでに、JICAの職員の肝臓が丈夫なのも分かっていただけたと思う。

これだけでもかなり問題なのだが、トドメというわけではないが、このODAが貸出金ではなく、プレゼント金であることをご存知だろうか。

「日本国民が金に困っているのに外国にやる金があるんやったら、ウチらにまわさんかい!」
そんな大阪のおばちゃん(一部兵庫県、高知県、千葉県などを含む)の声が高いことから、外務省では「やった金とちゃいますねん。」と弁明に必死なのだ。
円借款などは返済されるのが通常だし、金利も超低金利(アフリカ向けなどは年0.1%)ではあるが、徴求している。

しかし、それは「普通は…」なのである。

安倍の晋ちゃんは、今年、ミャンマーを訪問して、テイン・セイン大統領との会談でODAで貸し付けた円借款、2千億円の返済免除や、1千億円規模の新規ODA支援を約束している。
実は、ミャンマーへのODAの債務免除は今回の2千億円だけでなく、今年1月に3千億円を免除したばかりなのだ。
つまり今回の2千億と合わせて合計5千億円もの債権が放棄されたということになる。
ODAの返済免除は、このミャンマーだけではなく、毎年、相当な金額が免除されている。
例えば、2011年度には、コンゴとトーゴに対する債務1000億円を免除しているし、2003年からの10年間で、今回のミャンマーを含め、2兆3千億円のODAの返済が免除されているのである。

ミャンマーへの借金棒引きなど、アウンサンスーチー女史の役に立つのなら、仕方がないとも思うのだが、問題は、金を貸すのも政府が勝手に決めて、それを棒引きにするときも国会などでまったく審議されずに、勝手に決めることが出来るシステムだ。
例えば、ミャンマーの場合、中国からも巨額の借金をしているのだから、日本に返す必要がなくなった金を、せっせと中国に返している可能性は高い。

したがって、外務省が主張する「有償で、必ず返済されまんねん。」という言い訳はウソなのである。

「えっ!金、返ってけえへんのかいな!」
この驚愕の事実を知った大阪、兵庫、高知、千葉、山形、北海道など(う〜んあとは忘れた。)全国のおばちゃんは暴れだすし、おれんじ色の服を着た広島県のおばちゃんは、東京、新潟のおばちゃんと合流して外務省の前で、絢香の「三日月」の替え歌で「ウソツキ」を熱唱するだろう。
奈良の生駒山から駆けつけたおばちゃんは、ブーブーと奇声を発しながら、荷台に滋賀のおばちゃんを乗せたまま、自転車で突撃するに違いないのだ。

ところで、アフリカは今回の安倍ちゃんの3兆2千億円で、笑顔を見せるのだろうか。

次回へ続く

毒舌日記 ブログランキングへ
ラベル:ODA
posted by 8ちゃん at 13:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。