あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年06月13日

飛ぶボール

♪♪飛ぶ雲 ♪飛ぶ声 ♪飛ぶボール ♪飛ばせ 雲まで ♪ボールよとどけ ♪バファローズ バファローズ ♪つのを ひとふり ♪つむじ風 バファローズ♪♪

今はなき、プロ野球チーム、近鉄バファローズの球団歌である。
現在はオリックスバファローズという球団があるが、これは出身母体が阪急ブレーブスであると私は思っているので、近鉄という球団はもはや存在しないのだ。

余談になるが、近鉄バファローズといえば、大阪森之宮にある日生球場が球団のフランチャイズであったのだが、この球場は、球場の正面玄関前でダフ屋が、定価1200円の内野指定席を700円で売っていたのを思い出す。
正規価格よりも高く売るのがダフ屋の王道なのだが、この球団の試合を見に来る客は正規価格で入場券を買うものなどいない。
指定席はガラガラで、内野席指定席から低いフェンスを乗り越えれば簡単にネット裏(特別指定席)からでも観戦できたのである。
外野席など、人影もまばらで、最上段の席でカップルが濃厚なキスをしていても誰も気付かないのである。

何故人気がないのかと言うと、とにかくこの球団は弱かった。
1950年の球団創設から、1979年の初優勝まで実に29年を要しているが、こんな球団はほかにはない。

どれほど弱かったかと言うと、1958年は、年間130試合中36勝しか出来なかったが、これは同じ年の西鉄ライオンズの稲尾和久投手ひとり勝ち数42勝にはるか届かないのである。
また、1961年は日本プロ野球記録となる年間103敗という大記録を樹立するし、1958年から、1961年までの4年間は、年間のエラーの数が、毎年160を超えるという超ドヘタな守備を誇っていたのだ。
これは、守備の不安では定評のある阪神の新井兄弟をはるかに凌駕する記録なのだ。

いかん。
長々と前振りに紙面を使ってしまった。
今日書きたかったのは、近鉄バファローズの話ではなく、冒頭の球団歌にもある「飛ぶボール」の話である。

2010年8月、日本プロ野球機構の加藤良三コミッショナーが、「2011年からプロ野球の公式球を統一する。」と言い出した。
それまで球団ごとにボールが違ったものを統一するというのだ。
WBCなどの国際試合での違和感をなくすことが、ボールを統一する理由であると説明して、統一球には「加藤良三」というサインまでつけた。

その趣旨自体は、良いことではないか。
それまでは球団がボールを自由に選べたので、あの陰険、暴虐、ワガママな読売などは、阪神の攻撃の時には飛ばないボールを使って、読売の攻撃の時は、割り箸で打ってもホームランが出るようなボールを使っていたに違いないのだ。

ところが、2011年のシーズンが始まると、ボールが変わったためだろうか、ホームランが出なくなった。
12球団の総ホームラン数を見ると、統一球導入前の2010年は、1605本だったのが、導入後の2011年は939本、2012年に至っては僅か881本だ。
ホームランの出ない試合は面白くない。

ホームランばかりがプロ野球の魅力ではないが、観客動員数も落ち込んできた。
ただし、これは2011年、2012年の阪神タイガースの不調も大きく影響している。

「ホームランが少なかったら、おもろないやんけ!」
「元に戻さんかい!」
ついには、「阪神が弱いのもボールのせいじゃ!」といった声も大きくなるなど、「文句を言わしたら世界最強」とアメリカ国防省も認める大阪のおばちゃんを中心に、日本プロ野球機構への批判が集中したのである。

観客の減少に対しては、経営者は敏感だ。
彼らが経営努力をしたかどうかといった基本的なことは検証されずに、観客が減少した責任を「飛ばないボール」に押し付けたのである。

そして、2013年の開幕。
不思議なことにホームランが出るわ出るわ。
6月10日のDeNA対オリックスの試合では両軍合わせて7本もホームランが出ている。
去年1年間で9本しかホームランを打っていない、あの、併殺打世界記録をもつアライさんでも、たった2ヶ月で8本のホームランを打っているし、能見投手など、プロ入り後10年で初ホームランを打っているのである。

「ボール変えたやろ。」
「正直に言うてみぃ。」

当然のごとく、各方面から日本プロ野球機構に対して、問い合わせが殺到したが機構は「変えてまへん。」の一点張りだった。

ところがである。

ついに、日本プロ野球機構は6月11日になって、「実はボール変えましてん。」と白状したのである。
何でも、ボールの製造元であるミズノにも口裏を合わせるように言い含めてボールを変えた事実を隠していたのだから、確信的な隠蔽である。

アホか。

そんな子供みたいなことをするな。
いやっ、世間のおかあちゃんは、子供には「嘘ついたらアカン」「嘘つきは、政治家や泥棒の始まりやで」と教えているはずだから、子供でもそんな、みっともない嘘はつかないのである。

加藤良三コミッショナーは、6月12日の緊急記者会見で、変更の事実を「昨日まで知りまへんでしたわ。」と主張して、「下田邦夫事務局長が勝手にやりよってん。」、「こんなもん不祥事ちゃうし…。」と究極の「保身作戦」を展開したのである。

その前日の6月11日には、犯人にされた下田邦夫事務局長が記者会見で、「加藤良三コミッショナーにも相談して変更しましてん。」と言っていたものが、翌日には「私ひとりでやりました。」に変わってしまったのだ。

誰が、そんな寝言を信じるか!

プロ野球の選手は職業として野球をしている。
ピッチャーも打者もボールでメシを食っているのである。
そのため、選手たちはボールの特性を研究して、対策を頭に厳しい練習に励むのだ。
プロのレベルでは、僅かな変化が大きく結果に響くのである。
そして、成績が悪ければ、大きな減俸となるし、場合によっては解雇されるのだ。

そんな重要なことを「知りまへんでした。」とか「不祥事ではおまへん。」と言い切るこの加藤良三という人間の脳味噌の構造は、どうなっているのか。
ここは確認のため、未知やすえ師匠にお願いして、「お前の頭スコーンと割って、ストローで脳みそちゅーちゅー吸うたろけ!!」という状況を期待したい。

組織のトップがこんな重要なことを聞かされていないわけがないし、仮に聞かされていないのだとしたら、日本プロ野球機構のガバナンスや内部統制は、町内会の「お達者クラブ」や「お散歩クラブ」以下だろうし、トップの威厳など、我が家における私の地位と同レベルなのだ。

ところが、この統一球の変更は、読売にだけは相談していたということが分かってきた。
昨年の12月に、日本プロ野球機構の幹部が、読売原沢球団代表に対して、ボール変更に関する意見書の提出を求めていたのだ。

因みに、加藤良三コミッショナーというのは、読売のナベツネが、アメリカに顔が利く自分の知人であるという理由だけで強引にコミッショナーに据えた人物だ。
つまり、加藤良三コミッショナーの任務は、プロ野球全体の繁栄ではなく、ナベツネの意向に沿った読売の繁栄なのである。
この統一球問題についても、当然、ナベツネの意向が強く働いているのだろう。

自己の保身しか頭にない加藤コミッショナーについて、各方面から、非難が集まっているが、加藤が元外務省官僚で野球経験が全くないことを批判する人がいる。
しかし、それは大きな問題ではない。
コミッショナーというプロ野球の最高権力者が座る席には、野球の経験がなくても、人間としての良識だけはもった人間が座ってほしいだけである。



毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。