あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年06月28日

辞めてくれてよかった校長

大阪市が実施した一般公募により、千葉貴樹が大阪市立南港緑小学校の校長に赴任したのは今年の4月だった。
その就任から僅か3ヶ月にも満たない6月25日、千葉校長は「校長を辞める。」と言い出して記者会見を開いたのである。

退職理由は詳しく語らなかったので、本人の言葉をそのまま書くと、こんなことらしい。
「英語教育やグローバル人材の育成をやりたいと伝えたが、赴任したのは違う課題のある学校だった。」
「経験やスキルを生かせる学校でなかった。」
「具体的にどういう方向に教育を進めていきたくて、公募校長に何をやってほしいのかというビジョンが全く見えない。」
また、「給料が30歳代としては、最低の水準だった。」とも言っている。

記者から、児童や父兄などの関係者に対する謝罪について問われると、「謝罪するつもりはない。何も不祥事は起こしていないし、地域とももめていない。」と答えている。

こいつは、アホだ。

こいつが小学校の校長として、何をやりたかったのかは知らないし、大阪市の教育委員会が立派などとは、口が裂けても言えないが、どんな仕事でも、現状を変えることには、多大な努力と、時間が必要なのは小学生でも知っているぞ。
このアホは、自分が赴任した段階で、すべてのお膳立てが出来ていて、ホイホイと事が進むとでも思っていたのだろうか。

何が、給料が安いだ。

今回の公募校長の給料は、年間1300万円だ。
月給に直すと月103万円ももらっておいて、何が「給料が安い」だ。
外資系証券会社など、4社を渡り歩き、高額な報酬を貰っていた千葉にとっては、年間1300万円の給料は低レベルとでも言いたいのか。
時給800円以下で、生活を切り詰めながらも、子供を小学校に通わせている弱者の気持ちがお前には分からないだろう。

不祥事じゃないから謝罪しないだと。

校長の職務は、教育課程や年間指導計画の策定、教材の選定や教育課程の修了、卒業の認定、健康診断や児童の懲戒に至るまで山盛りにあるし、教職員の採用、校内人事や異動、懲戒から勤務評定などもある。
「ハイ辞めます。」と簡単に言うのは勝手だが、学校、児童そして父兄に大きな混乱を生じさせた責任をお前は感じないのか。
第一、子供たちに校長先生が辞めた理由をどのように説明できるというのだ。

このアホは、全国から応募のあった1284人の中から選ばれたらしい。
競争倍率約50倍の激戦から、こんなアホを選んだ大阪市の責任も重いだろう。

落選した中には、教頭や指導主事など360人の現職教職員や学習塾の経営者や私学の教師なども多数いるらしい。
最終的な選考は、橋下大阪市長が決定したらしいが、まさか、維新の会に政治献金したものを中心に選んだわけでもないだろう。


まあ、少なくとも、こんな世間常識からかけ離れたヤツが、教育現場から離れてくれたことを感謝すべきかも知れない。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:17| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。