あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年07月30日

カネボウだけが悪いのか


カネボウ化粧品(子会社のリサージ、エキップも含む)が販売する化粧品のうち、ロドデノールという成分が配合された製品を使用したら、肌がまだら模様に白くなるという被害が拡大している。

カネボウでは、この化粧品の使用中止を呼び掛けるとともに、自主回収を行なっているので、自分の周りの化粧品をチェックしておこう。
子会社の製品などは、「カネボウ」の文字が入っていないものもあるので、注意が必要だ。
http://www.kanebo-cosmetics.jp/information/

現時点でも、重い症状の者だけでも2,250人との発表だが、何をもって、症状が「重い」とか「軽い」とか言うのか。
女性の顔や肌というかけがえのないものの症状に、「重い」も「軽い」もないだろう。
この化粧品を使用した消費者の中には、現時点では症状が出ていなくとも、不安な日々を送っているものもいるはずだ。

このカネボウの事件については、最初に被害が報告されていた2011年ころから真摯に対応して、「被害のおそれがある」という段階で自主回収も含めた対応をしておれば、被害は拡大しなかったという指摘も強い。
アジアを中心に海外での販売数量も相当数に達するらしいので、カネボウだけでなく、安全を売り物にしていた日本の製品についてのブランドイメージが、大きく毀損されたことは間違いないだろう。

消費者庁は、この商品を購入しないよう呼びかけているらしい。

ちょっと待て。

元々このロドデノールという成分は、国がその安全と有効性を認めた医薬部外品ではないのか。
カネボウのHPにも、ロドデノールについて、「様々な安全性試験を実施して厚生労働省より薬事法に基づく承認を得た、医薬部外品有効成分です。」と書かれているではないか。

自ら「安全だ。」とお墨付きを与えた責任者である国が、障害を引き起こしたとたんに、「危険だから使うな!」はないだろう。

元々、化粧品の製造に関しては、2001年までは、薬事法に基づく厳しい国の認可基準があったが、2001年に規制緩和の名の下に、この規制を大幅に緩和して、各化粧品メーカーが自由に製造販売できるようになっている。
今回は、化粧品の中に有効成分として、ロドデノールが配合されており、このロドデノールが、医薬部外品に該当するから、国(厚生労働省)は、審査して認めたという経過があるのだ。

このような身体に作用する薬などを規制する法律が、薬事法だ。
薬事法とは、医薬品(病院で処方せんを書いてもらう薬や、薬局で売っている大衆薬など。)、医薬部外品(有効な成分は入ってるが、効果が穏やかなもの。)そして、化粧品(医薬部外品よりもさら効果や作用が穏やかなもの。)などについての製造から販売までの規制を行なう法律である。

医薬部外品は、確かに医薬品に比べて、実験サンプル数はやや少ないものの、例えば、何か新しい医薬部外品を認めてもらおうとする場合、実務的には、製造会社は、新薬などと同じように「医薬品医療機器総合機構」に対して、試験的な使用結果などを記載した申請書を提出して、機構が安全性や有効性の審査を行い、結果、安全性や有効性が確認されれば、厚生労働大臣が医薬部外品として認可するのだ。
その申請から認可までに要する時間は、医薬品とあまり大差ないのである。

こんなことをみていくと、今回のカネボウの対応が後手、後手になっていることと同じように、このロドデノールを認可した厚生労働省の罪は重いと考えるべきだろう。

ただし、規制を厳しくすればよいというものでもない。
抗がん剤やうつ病治療など、アメリカでは一般的に行なわれて、成果を挙げているもの対して、日本の薬事審査会などは遅々としてこれを認可しない。
その結果、患者は自主診療という高額な治療費を自己負担するか、金のない患者は効果が期待できても治療できないという現実もある。

特に、がん患者などは、命にかかわる問題である。
ウダウダと長い年月をかけて副作用の心配をしている間に、その治療を受けられずに何万人ものがん患者が亡くなっているのだ。
勿論、欧米人と日本人が生物学的にまったく同じとは言えないのだろうから、簡単にいく話ではないのかもしれないが、そこに「命」を助けることが出来るかもしれない薬があるのなら、座して死すよりはそれを試すチャンスを患者に与えるべきではないのだろうか。

カネボウの問題から、やや脱線したように思えるが、今回の事件で、日本の薬事審査など、薬や医療をもう少し考える契機としたいと思っている。


毒舌日記 ブログランキングへ


posted by 8ちゃん at 17:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。