あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年09月13日

イグ・ノーベル賞

イグ・ノーベル賞というものがある。
何年か前に、イヌの会話を翻訳する「バウリンガル」という機会を発明した日本人が受賞したのが話題になったから、ご存知の方も多いだろう。
選考のポイントは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」なのだそうだが、日本はこの賞の常連で、ほぼ毎年受賞しており、このところの成績では、7年連続の受賞である。

今年の日本の受賞は、心臓移植を受けたマウスは平均で7日程度で死ぬが、そのマウスにオペラ「椿姫」を聴かせると、21日間も長生きした研究と、タマネギの涙を出させる成分について、既に判明している酵素のほかに、他の酵素も影響することを発見した功績に賞が授与されたのである。

何せ、この賞は実につまらない研究から、「なるほど」と感心させられるものまでバラエティーに富んでいて、とにかく楽しいのだ。
その楽しさは、毎夜繰り返される安もんの芸人を使った俗悪バラエティー番組と比べれば、月とスッポン、いや、井川 遥と小沢一郎、いやっ、石原さとみと石原慎太郎くらいの差があるのである。

過去の受賞研究で、私が気になったものの一部を紹介すると、

@ イヌに寄生するノミが、ネコに寄生するノミよりも高く飛ぶことを発見した研究。
※ これは、ノミが、飛ぶまで、じーーーっと観察する必要があるため、誰もがアホらしくて、いやっ、時間がないため研究しないが、この成果が何に生かされるのか是非研究者に聞いてみたい。

A ピカソとモネの絵画を見分けられるようにハトを訓練して成功した研究。
※ 次回は是非、ザ・タッチとか、おすぎとピーコでお願いした。

B 乾燥したスパゲッティを曲げると、2つに割れず、必ずそれ以上の数の破片になってしまうのは何故かということについての研究。
※ 粉々になった部分をゴミ箱にすばやく捨てて、証拠隠滅したことはないだろうか。

C 戦争の最前線で戦闘状態にある兵士は、後方の比較的安全な地域にいる兵士と比べて便秘になりやすいという研究。
※ これは本人に聞くしかないが、前日の食事内容は影響しないのだろうか。

D バターを塗ったトーストを床に落とした場合、なぜか、バターを塗った面が下になる可能性が高いことについての研究。
※ 床がベタベタになった方も多いだろう。

E 名前をつけられた牛は、名無しの牛よりもたくさんの牛乳を出すことを検証する研究。
※ 名前にもよるだろう。
「あい」とか「千尋」、「なぎさ」とか「あき」はいいだろうが、「ブーブー」とか、「グレ」、「どど」は牛が怒るだろうし、「どどんぱゴンザレス」にいたっては、牛に後ろ足で蹴られる危険性もあるのだ。

そのほかにも、忙しい時に限って、何故か決まってトイレに行きたくなる理由の研究とか、円盤投げの選手は目が廻るのに、ハンマー投げの選手は目が廻らないのは何故かといったすばらしい研究に賞が与えられているのである。

私としては、数々の受賞研究の中でも、男子が、ジッパーに●●●を鋏まれたときの緊急処置についての研究が気になったが、研究結果は、先ず挟まったところに軟膏を塗り、その後に、ファスナーのスライダーをペンチで破壊するという、期待はずれのものであったことを付け加えたい。


イグ・ノーベル賞の「イグ」は、否定の冠頭語らしいので、ノーベル賞のパロディの意味合いからスタートした賞なのだろう。
しかし、多くの受賞研究は、本物のノーベル賞並みの重要性があるし、何よりも、研究=商品化=金儲けといった構図から離れているのがすばらしいではないか。

そして、毎年この賞の常連に日本人がいることは、日本もまだまだ捨てたものじゃないという気分にさせてくれるのが、嬉しいのだ。

ここは、読者の皆さんも、来年の受賞を目指して、研究テーマを考えてみてはどうだろう。

柿.jpg


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:31| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。