あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年10月22日

有給休暇お買い上げ?

週刊ポストの11月1日号に賃上げの手段として、有給休暇の買取を実施してはどうかとの記事がある。
これが、NEWSポストセブン(小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネー ポスト」4誌を統合したニュースサイト)で紹介されて話題になっているのである。

記事の趣旨は、安倍政権が労働者の賃金を引き上げることが重要と言い続けているのに反し、世の中の賃金は一向に上昇しないことへの提言らしい。
有給休暇など、どうせ消化出来ないのだし、有給休暇をまったく取っていないサラリーマンが全体の23%もいるのだったら、労働者からの要請があったときに、企業が正当な対価で有給休暇を買い取るように法律をつくれば、懐に入る金が増えて、景気回復につながるというものだ。

恐ろしい世の中である。

有給休暇の買取が厚生労働省の通達により禁止されているのは、働く者の権利を侵害し、健康を害する危険性があるからだ。
有給休暇が消化できていなという実態だけを見て、その背景にある過酷な労働実態を見ていない論理だ。
サービス残業やパワハラによる持ち帰り残業など、労働者の心身を蝕む一方で、有給休暇の取得を口に出来ない職場こそが問題なのだ。
有給休暇を買い取る法律を作るのなら、有給休暇をとらせないくらい労働者をこき使う企業に罰則を与える法律を作るべきだろう。

さらに、有給休暇のある職場はましだ。
非正規雇用労働者にも形式上は有給休暇があるが、その雇用形態の不安定感から、取得するのにも相当な勇気がいるのが実態だ。

このニュースを見て、感じたのは運動の方向性が違うということだ。
有給休暇を世界中で一番使っていないのは日本なのである。

日本人が1年間に取得できる有給休暇の平均日数は16日だ。
これは、フランスの37日、イタリア33日、オーストラリアとオランダ28日、イギリス26日などと比べると、あまりにも少ない。
しかも、この少ない有給休暇さえも年間8日しか消化していないのである。
ちなみに、フランス人の有給休暇の消化は、35日、スペインやイタリアでは27日、あの勤勉といわれるドイツ人も25日の有給休暇を消化しているのである。

こんな状態では、口が裂けても「日本は先進国」などとは言ってはいけないのである。
企業や政治家は国際的に恥ずかしいという感情を持つべきであろう。

有給休暇まで売って、会社に尽くしても、健康を害すれば簡単に捨てられることに気付くべきだろう。


毒舌日記 ブログランキングへ


posted by 8ちゃん at 16:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。