あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2011年11月28日

大阪冬の陣

大阪府知事、大阪市長のダブル選挙はどちらも橋下徹氏が率いる大阪維新の会の勝利となった。
両陣営とも政策が十分具体化、浸透していない状況での選挙であったが、大阪のおばちゃんは橋下氏を選んだ。
新知事の松井氏は「橋下氏の仲間」と言う意味だけで当選した。
結局「ヒョウ柄いのち」の大阪のおばちゃんは知事にも市長にも橋下徹を選んだのだ。

それにしても既成政党に対する国民の不信感や政治そのものに対する不信感は予想以上であった。
平松氏が全党相乗りの組織票をもってしても橋下人気には及ばなかったのだ。
勿論、各党の議員達は自身の次回選挙で橋下氏を敵に回したくないという感情もあったのだろう。
各党の党首も最後まで大阪入りせず、自身の逃げ場を作っていた。

おや、この風景はどこかで見た風景だな。
小泉元首相の郵政選挙と同じではないか。
強権政治とかポピュリズムとか言われても小泉は選挙に勝った。選挙は勝たないと政治家は意味がないのだ。

ところで、橋下チルドレンである大阪維新の会のメンバーには大阪都構想以外に政策はあるのだろうか。いや大阪都構想自体も説明できないのではないのではないか。
小泉氏があっさり政界を去った後、小泉チルドレンは次の選挙で惨敗した。
橋下氏がいつまで行政に携わるのかは不明だが、彼がいなくなったら橋下チルドレンは議員を続けられるのか。

さて、これから橋下氏が大阪都構想に向けて具体的に何をしていくのか見てみようではないか。
大阪のおばちゃんは熱しやすいが「あかんもん」への見切りも早いんやでぇ〜。








posted by 8ちゃん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。