あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2011年12月21日

紅白歌合戦と暴力団

国民的行事、紅白歌合戦の出場者と曲名が決まったそうである。
私自身が紅白歌合戦にそれほど興味がなくなって久しいが、紅白歌合戦といえば子供の頃には家族揃って観ていたものだ。
母親は紅白歌合戦を見るために、「今年こそは早くおせち料理の製作を終えて、ゆっくり紅白を見る。」と毎年高らかに宣言するものの、結局、料理作りは深夜にまで及ぶのだ。
一方、父親は出来たてのおせち料理を味見と称して酒の肴にするのである。
私の計画性がなく節度がない性格はこの両親からの遺伝であり、私自身には何の罪もないことは明白である。

紅白歌合戦では出場歌手は普段以上に熱唱するし、その目は緊張しているように見える。
観ている方も最後の勝利チームを決める場面では自分が思っていた結果と審査員の判定(日本野鳥の会による客席の判定参加は80年代からのようだが。)が違えば、「判定がおかしい。」とか「大トリで逆転した。」などと勝手に騒いでいたのだ。

当時の白組の司会は宮田輝と決まっていたし、紅組の司会は水前寺清子が多かったように思う(この二人を知っている人も少なくなったが…。)。
司会者も出場者もNHKの品格に合致して、かつ、NHKのど自慢への出演回数などNHKへの貢献度で出場歌手が決まっていた。
紅白そのもののギャラは安く、記者会見やリハも含めれば、歌手は3日程度の拘束となるので、各プロダクションはこの時期には他の予定を入れられない。
それでも、紅白に出場すれば翌年のオファーも増え、ギャラのUPにも繋がるため、大手プロダクションの営業担当や役員などは、紅白出場に向けて、年間を通じてNHKの担当者を連日銀座へ連れ出し、豪華なお中元やお歳暮を送り、時にはハワイまでご招待するなど、あらゆる努力をしたそうだ。

今年の紅白は、暴力団関係者の排除を徹底したという。
具体的には東京都の暴力団排除条例が施行された今年の10月1日以降に暴力団との関係が問題になった歌手は選出しなかったのだそうだ。

アホか。
何で今年の10月1日やねん。

NHKは何等かの基準で出場歌手の健全性をアピールしたかったのだろうが、暴対法は1991年には制定されているし、法整備の有無に拘らず、公共放送として暴力団排除は当然従来から行ってきて当たり前だろう。

芸能人と暴力団の関係は多くの人がその存在を知っていたが、直接的な堅気さんへの被害もなかったことから、NHKも含めて「目をつぶってきた」というのが実態だろう。
現実には、美空ひばりや田端義夫、三波春夫が所属した山口組の神戸芸能社まで遡らなくとも、現在でも後楽園ホールなど、全国のボクシング興行やプロレス興行は住吉会の独壇場だし、地方相撲興行のチケットは地元暴力団が一手に捌いてきたのだ。

例えば、最近の例では、アメリカでの肝臓移植許可と交換に、山口組のアメリカでの銀行口座をFBIに教え、50億円がFBIにより凍結されたとして、山口組から除籍され、その後解散した後藤組(後目は良知組と藤友会)の後藤忠政組長の誕生日を記録した映像では、多数の芸能人が後藤組長と親しく談話している。
http://www.youtube.com/watch?v=bYUOgQ0_aug

覚醒剤や恐喝に比べれば、芸能関係の仕事は暴力団のシノギの中でも正業の種類に入る。
これを排除することで、暴力団の資金源は地下に潜り、犯罪性が進化して被害額も増えるのではないだろうか。

このように芸能界と暴力団の繋がりは、歴史的にも長期かつ広範に及んでいるのだ。
仮に、NHKなどが厳格に「暴力団関係歌手お断り。」とすれば、紅白歌合戦には誰も出場できなくなってしまうのだ。
NHKもその場合は、暴力団が魅力を感じないほど売れていない歌手かものまね芸人を集めて「灰色歌合戦」をやるしかなかろう。

今回は長くなりそうなのでこの続きは明日にUPします。乞うご期待。
posted by 8ちゃん at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。