あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年01月30日

餓死者を出すような国は最低だ!

札幌の40歳代の姉妹が、寂しく死んでいたというニュースが流れてきた。
障害のある妹と、この介護しながら生活を支えてきた姉の二人暮らしだったが、姉は失業後、働くところもなく、食べ物を買うお金もなかったのだ。
姉は餓死らしく、妹は凍死していた。
今日の最低気温がマイナス7度の厳寒の札幌で、暖房用のガスも昨年の11月から止められ、部屋は冷え切っていたそうだ。

札幌市の保護指導課の話では、姉は10年6月、11年4月、同6月の計3回、区役所を訪れ「生活が苦しい」と訴えていたらしい。
市役所は助けてあげることが出来なかったのか。
市役所の職員は、非常用の缶詰のパンを渡したようだが、この姉妹を救えなかった罪は重い。

消費税問題に明け暮れる国会議員はどうせこんなニュースは見ていないのだろう。
お前達の政局絡みの胡散臭い話はもううんざりだ。
福祉に金がかかるといいながら、働く意思のない奴や暴力団には生活保護費を捨てても、人の命を守るためには金を使わないのか。
本当の意味での福祉には金は廻っていないのだ。

日本が先進国と言い張るなら、餓死者や室内での凍死者を出すのは、国として最大の恥だと言うことを忘れるな。
ガス代金が延滞した途端、マニュアルどおりガス栓を止めた北海道ガスは、通常の仕事をしたと言い張るのか。
ガス栓を閉めるときに何も感じなかったのか。

昨年の1月にも大阪府豊中市で同じような餓死者が出ている。
餓死に至る前に自殺するものも含めれば、そんな貧困は山のようにあるのだろう。

この姉妹の隣近所など周りの人たちは何も気付かなかったと言っている。
隣近所との付き合いが希薄になっているのは間違いない。

食べ物を買うことが出来ないほどお金がない中、この姉は、滞納していた家賃を12月15日に振り込んでいた。

政治屋も役人もガス屋もこのニュースを聞いて、人間なら何か感じろ。

すみません。今日はあまりの怒りに冷静な記事になっていないようです。
posted by 8ちゃん at 10:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
税金盗すっ人福祉課?じじい 。糞の役にもたたねえ 。
Posted by 方田 at 2012年02月12日 02:42
国民を殺した 人殺しだ 。糞の役にもたたねえ 。牢屋にぶちこめ 。
Posted by 旗ふる at 2012年02月12日 02:44
餓死者や病死者が続出してるのに
まだ生活保護費を下げてるからな
厚生労働大臣の塩崎や厚労省や安倍政権はおかしいこいつらは国民を餓死や凍死させる殺人国賊公務員でしかない
Posted by at 2015年11月08日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。