あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年02月23日

教育論 (1)

橋下大阪市長が義務教育段階での児童の留年を考えているという。

エライこっちゃ。

尾木ママと呼ばれる教育評論家の尾木直樹氏との会談の中で、話が出てきたと思ったら、橋下市長は、すぐに教育委員会にその実施を打診したのだ。
メディアも「小学生が留年」と言った見出しでセンセーショナルに取り上げている。
まったくメディアにとっては、毎回、新鮮なネタを提供してくれる有難い市長である。

留年は、正式には原級留置と言うらしい。
留置と言っても留置所に入れられるわけでもないのだから、こんな恐ろしい名前をつけなくても良いと思うのだが、現状では、義務教育においては殆ど実施されていないようだ。

もし、コレが実施されたら、私のように出来の悪い人間は、毎年原級留置となって、計算では中学1年生までに成人式を迎えるのだ。
つまり、中学1年生になると、水筒に焼酎を入れてきても良いし、弁当箱にはスルメや柿の種を入れても良さそうだ。
休憩時間にはタバコも吸いたいので、各教室には灰皿を備え付けて欲しいものだ。

橋下市長の提案の趣旨は、九九(くく)が出来ないような成人を作らないように、目標レベルに達するまで、子供を教育するという事らしいが、教育委員会からは、早速、子供の精神的苦痛が大きいとの批判が出ている。

確かに、実態的には、引きこもりなどで通学しなかった子供も進級、卒業させているのが現状で、この子供が精神的に回復して、改めて小中学教育を希望しても、義務教育としての授業は受けられないといった問題もあるのだろう。

それにしても日本の教育現場の衰退が著しい。
教師のサラリーマン化やモンスターペアレントの出現などで、教師の事なかれ主義が蔓延し、ルーティン化したカリキュラムの消化で1年が過ぎているのが現状だ。
子供の学習離れやが学力低下も進行している。

何故、こんなことになったのか。

現状の教育は、統一的な検定教科書を使用して、子供の平均的な発達を想定してカリキュラムが組まれる。
そこで求められるのは、学年ごとに規定された履修課題習得の完遂である。
しかしながら、人はそれぞれ個性があり、向き不向きもある。成長の速度だって、子供によって様々だ。

画一的な教育では、子どもの個性に合わせることが出来ない。
子どもはそれぞれ体格が異なるように、勉強においても、得意とするもの、苦手なものが異なる。
数学が全く苦手でも、絵を描かせるとすばらしい作品を仕上げる将来の山下清のような子供もいるのだ。
個々の子供には個性があって当然なのである。

しかし、現実には、子どもの個性に合わせた教育ではなく、平均的な子どもの成長に合わせてカリキュラムが組まれている。
さらに、先生が子どもたちに一斉に行う教育方法では、子どもたちのそれぞれに異なる進度に合わせることも出来ない。
早く理解できる子どもは時間をもて余し、理解に時間を要する子供はついて行けない。

教師は、決められた1年間のカリキュラムを消化することが目標だし、教師の勤務評定もそこを主眼に評定される。
したがって、教師は、1年間の教育をするのではなく、1年間、学校に通勤しているに過ぎない。

学校だって、いろいろな個性があっても良いと思うのだが、著しく限定的な範囲でしか学校の個性は出せていない。
運動に力を入れている学校や地域との触れ合いを大切にしている学校があっても、それは教育指導要領の範囲内でしか出来ないのだ。
こんな画一的な教育からは画一的な人間しか出来ないが、世の中で一番面白みに欠けるのは画一的という言葉である。
日本は、国の総力をあげて画一的な人間を創っているのだ。


現状の学校教育への批判を書いてきただけでは卑怯なので、明日は、これからの教育に対する考え方を書いてみます。
posted by 8ちゃん at 14:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

日本の教育は画一的かもしれませんね。おっしゃるとおりだと思います。「横並び」がヨシとされる時代は終わったのかもしれません。
個性を伸ばせる教育が大切なのかもしれません。
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年02月24日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。