あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年02月28日

「穢」という感情

群馬県が、国定忠治で有名な赤木山の山上にある大沼のワカサギ釣りを解禁したというニュースが流れてきた。
放射性セシウムの人体への影響を配慮して、群馬県が赤城大沼漁協に対して、ワカサギ釣りの自粛を要請していたものを解除するというものだ。
ただし、釣り上げたワカサギは漁協が回収するそうである。
漁協が貴重な入竿料収入を確保したい気持ちも理解できるが、食糧確保目的ではないレジャーとしてのワカサギ釣り自体、喫緊の必要性があるとは言い難い。

それにしてもちょっと騒ぎすぎだろう。

第一、 漁協が回収したワカサギはどうするのか。
ワカサギは美しく弱い魚である。
キャッチアンドリリースではなく、釣り上げたものを最後に漁協が回収するのだから、ワカサギの命運は釣り上げられた時点で尽きているのだ。

可哀想なワカサギ…。
シーシェパードに告げ口するぞ。

京都五山の送り火での被災地の松薪の拒絶から始まり、福島から遠く離れ、風向きからみても被曝の可能性が殆ど無い岩手や宮城の瓦礫処理に対する反対運動に至るまで、あっちこっちで放射能に対する忌避が起こっている。
勿論、拒絶や反対を叫んでいるHystericかつCulticな輩が多数ではなく、Silent Majorityとも言うべき多くの人たちは「絆」の意味を理解していると信じたいが…。

何時までこんな事をやっているのか。

政府の対応の拙さや情報開示への疑念と言ったことが不安を増長させている面も大きいが、放射能という見えないものへの「穢」という感情は、内容や結果を誰も知らないまま、場合によっては憶測や風評により加速、巨大化して、体の中に住み着いてしまう。
それは生活習慣病や交通事故と言った身近な危険よりも、優越的に脳内組織を犯しているのだ。
そして、かつて、らい病患者に対するいわれなき差別を生んだのも、この「穢」という感情であった。

海外の事例で面白い話が新聞に載っていた。
子供の水泳授業について、父兄から水質や水難事故への懸念が寄せられ、学校はあれこれと水質の安全性や、授業の監視体制を父兄に説明するが、納得してもらえない。
最終的に父兄を納得させるには、プールの水を全部抜いて授業するしかなかった。


この時期、メディアの責任は重大だ。
放射能の危険性など問題点の指摘や重要な課題の提起も必要だ。
ただし、その一方で、第2の「らい病差別」を生むことに自身が加担していないか自戒してほしい。

報道の基本は、いつの時代も十分な取材と正確な分析である。

私達も冷静な自分でいることの重要性を再確認したいものだ。
posted by 8ちゃん at 11:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

釣ったワカサギは、持ち帰らずに「はい」と渡す仕組みなのですね。
へ〜っ!
釣ることだけが目的。
これってやる人はいるのでしょうか。釣った後の天ぷらがうまいんですよね〜。
なんか複雑ですね。(笑)

ぽちっ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年02月28日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。