あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月26日

確かに悪人顔ですが…。小沢一郎裁判

小沢一郎に無罪判決が言い渡された。

資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡って、政治資金収支報告書に借入金4億円が記載されていない事実に関し、これに関与・指示・承諾したとする小沢一郎を、政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴した事件は、無罪判決で第一幕が下りた。

この事件自体、政治資金収支報告書への虚偽記載という大そうな名前がついているものの、報告書に誤った記載がなされている事例は、山ほどあるのだ。
ややこしい業者からの政治献金を記載しなかったり、鳩山お坊ちゃまのように巨額のお小遣いが記載されていなくとも、過去にその理由で起訴まで至るものはなかった。
小沢一郎にどうしても消えてほしい人間が仕掛けた国策捜査であることは間違いないだろう。
無罪判決は出たものの、小沢一郎というブランドは、もはや昔の状態には戻れず、政治的、社会的影響力もないことは、今日の株価、為替への影響が殆どなかったことからも分かる。
その意味では、小沢一郎を政治的に抹殺するという画策者の意図は達成されたと見るべきだろう。

本件は、物的証拠が全くない状況で、起訴したくてたまらなかった検察が、結局起訴できず、小沢は悪いヤツに違いないという風潮に乗った検察審査会が強制起訴した事案なのである。
検事役の弁護士は最初から苦労するのは目に見えていたのだ。

それでも、小沢の元秘書の石川議員等の裁判では、同じように物的証拠が皆無で、検察調書も証拠採用されなかった状況だったが、裁判を担当した登石裁判長は判決では検察側の筋書きを全面的に認め、石川議員ら3人に対し、ほぼ検察の求刑通り禁固1〜3年(執行猶予付き)を言い渡した。
したがって、小沢裁判もどんな判決が出るのかは予測できなかったのも事実だ。

因みに、この登石裁判長の判決文は、証拠がない裁判の判決文なので、「推認」という言葉が全編にわたって、山ほど記載されており、裁判官の想像や妄想が判決になるといった、おおよそ近代司法国家では考えられない判決であった。
この疑わしきは全て有罪とする「ミスター推認」こと登石裁判長に対しては、裁判官としての適格性に問題があるとして、「裁判官訴追委員会」に訴追請求状が提出されている。

この一連の裁判では、前述のように裁判官が訴追されたり、石川知裕元秘書(現代議士)の供述調書作成時の威嚇行為などが録音により明らかとなった田代政弘検事が、公文書を虚偽に作成したとして市民団体に刑事告訴されたりと、今までになかったことも起こっている。

検察官が自分の考えたストーリーで供述調書をまとめ、裁判官は99%の確率で、検察官のストーリーに沿った判決を出していた日本の裁判制度に何か変化は起こるのだろうか。
posted by 8ちゃん at 14:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

判決前は、どちらに転ぶか推測できませんでしたね。結果は、無罪。
さてこれから政局は、どのように変化するのでしょうか。影響力の大きな人ですから、これからも目が離せませんね。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年04月27日 08:26
YHさん
ご訪問ありがとうございます。

本当は、この忙しい時期に政局になどしてほしくないのですが…。
国会は、6月21日までです。
消費税審議で8月のお盆前までの会期延長は避けられませんが、9月には民主党も自民党も代表選です。
定数是正をしないで選挙というのも難しそうです。
関心を示すには、値しない議員達ですが、確かに気になりますね。

ポチッ

Posted by 8ちゃん at 2012年04月27日 09:00
8chan おはよう〜

小沢さんが狙われた理由は反米だから
という噂があります

東京地検特捜部って戦後にアメリカの
CIAが作ったという説があるんですよね
本当かは知らんがw

小沢さんてあの悪人顔とか、腹黒そうな
ところとか、昔の典型的な政治家で
なつかしいんですよね
Posted by aki at 2012年04月27日 10:52
あきちゃん
いつも訪問してくれてアンガトね。

確かに旧田中派⇒小沢ラインは親中国やもんね。
その昔、CIAのスポンサーのロックフェラーグループだけでアメリカのGDPの60%占めてた時代があったし、何でもありやったかも…。

小沢氏は、ノーメイクで悪代官とか越後屋とかできそうやし、顔見たら、目の下の「正体不明の縦の線」怖いし…。
まあ、食前には見たくない顔やねー。

Posted by 8ちゃん at 2012年04月27日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。