あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年06月01日

シリア

このところ、毎日のようにシリア関連のニュースが流れている。
政府治安部隊が、子供達を含む無抵抗の市民を虐殺しているとの報道が正確なものであれば、国際社会はシリアに対して無力なのだろうかと、気持ちが沈む。

2010年12月17日にチュニジアの失業青年が焼身自殺をしたことから始まった中東地区における反体制運動は、チュニジアの大統領を1ヶ月で国外に追放し、エジプトで30年間、独裁政権を続けていたホスニー・ムバラクを、これも1ヶ月で大統領の座から引きずり落としている。
リビアでは、半年間の内戦による多大な犠牲を代償にして、NATO軍の参戦により、カダフィ大佐の42年間の軍事政権に幕を下ろした。

メディアにより「アラブの春」と名付けられたこの反政府運動の波は、その後、イエメンでも政権を交代させ、アルジェリアで20年間続いていた非常事態宣言を解除させたほか、サウジアラビアの女性に初めて参政権が与えられるなど、中東は大きく変わっていったのだ。

現政権側にしてみれば、長期間、絶対的な権力を振るっていた指導者が次々と放逐、あるいは処刑される現実を前にして、各国の独裁者たちは、メタボの権化のように肥満した腹を震わせながら、「えらいこっちゃ」「ワシも危ないんとちゃうやろか」などと怯えているのだ。
このため、イラクでは政府が国民の電気代の一部を負担してご機嫌をとりだしたし、バーレーンでは、ハマド国王が国民に現金を配りだしたのだ。

こんな中、シリアでは、市民1万人以上を犠牲にした内紛が今も続いている。

シリアは複雑な国である。
隣接する国は、北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルである。
いずれも問題のあるこれらの国と国境で接するシリアだが、イスラエルとは、過去3回も戦争状態になっており、その結果、イスラエルにゴラン高原を占拠されたままだ。
イラクとも国交断絶した経緯があるし、軍を進駐させるなど、蜜月の関係だったレバノンも同国の政変以降は対立関係にある。

シリアは、国内的には、人種ではアラブ人が85%、宗教ではイスラム教徒が90%と言ってしまえば、安定しているように聞こえるが、イスラム教徒のうち、74%を占めるスンニ派は、政権の位置になく、世襲大統領であるバッシャール・アル・アサドは、少数派のアラウィ派であり、政権中枢幹部も全てアラウィ派なのである。

少数勢力の政権が倒れたとき、多数派は少数派を駆逐するのが常である。
スンニ派「今まで、よおけイジメてくれたなー。」
アラウィ派「話せばわかる。話せば…。」
スンニ派「言いたいことはそれだけか」
などど、いうシーンになるのだ。
親日派で知られるアサド大統領は、反政府運動を抑え込まなければ、自身の身の安全が脅かされるのだ。

国連安保理事会では、シリアに対する市民への攻撃の中止、デモに参加して捕らわれた人たちの釈放、ホムスなどからの軍の撤退、平和的デモの自由の保障などを求めた決議案が提出されたものの、ロシア、中国の拒否権発動により、決議されていない。

アメリカは、パレスチナ過激派を支援していることなどを理由に、シリアをテロ支援国リストに掲載しているので、今すぐにでも、シリアに巡航ミサイルやステルスを飛ばしたいのだが、今のところアメリカ軍が直接的に軍事行動するには大義名分がない。
このためアメリカとしては、国連安保理事会がシリア非難を決議⇒シリアが決議違反⇒国連治安維持部隊の派遣といったプロセスを踏んで、「国連軍でーす。」と書かれたブルーのヘルメットをかぶって、シリアに乗り込みたいのだ。

一方、ロシアにしてみれば、シリアはロシア製の武器の大口需要者(ロシア武器輸出量の7%がシリア)であるし、長年かけて構築したシリア石油利権をアメリカに横取りされたくないのだ。
中国は、これを機会にシリアに恩を売って、中東進出の橋頭堡としたいのだろう。
元々、中国などという覇権主義に特化した非人道的な野蛮国を安保理の常任理事国としていること自体が間違いなのだが…。

さて、シリアはどうなるのか。
カタールやサウジアラビアは、シリアの反体制勢力への武器供与を進めることを公言しており、シリアの内戦は続くとの見方が多い。
これを回避するはずの安保理での停戦決議案の採択については、ロシアと中国の反対の意志は固そうだ。

アサド大統領は、シリアの民主化を進めていた時期もある。
公務員、政治家の汚職追放や民主化政治犯の釈放も行っていたのだ。
しかし、彼が今、行っていることは、明らかに国民への暴力、殺人行為であリ、国際社会からの放逐といった結果しか残せないはずだ。

現在の日本のアホ政治家の外交力では、この問題を解決できないのは目に見えているが、西側と呼ばれる国の中で、アサドとのパイプを持っているのが日本なのだ。
ここで、日本政府がシリア国民のために何か出来たら、少しは見直してやってもいいのだが。
posted by 8ちゃん at 18:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

シリアはどこまでこの状態が続くのでしょうか。完全制圧まででしょうか。ということはまだまだちの雨が降ってしまう。
政権が崩壊しても、また流血・・・。
悲しいです・・・。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年06月02日 22:04
師匠、ただいま帰りました〜
昨日は空港からの深夜特急に乗るため
全力疾走!
切符売り場で切符買おうと並んだら
JRとこっちどっちにしようかしら〜
とダラダラ駅員と喋ってる金髪姉ちゃんに
イライラ! おやぢも鼻の下伸ばすな
仕事しろ! JRはこの窓口じゃねえ!!

あっ、シリアのこと書こうと思ったのに
シリアの近くによく行く
トルコだよ、本当にヤバイからシリアから
どんどん難民が入ってくるらしい
でも難民トルコは受け入れているみたい
エライね
Posted by aki at 2012年06月03日 11:28
小学校の時、突然『首都を覚えよう』と思いまして
アフガニスタン 帽子をカブール
イエメン サヌアに イスラエルはエルサレム…って勝手に作って言ってました。
で、シリアですが シリアは人をダマスカスでした(シリアの方、すみません! 決して騙すカス じゃありませんので )

どんな親のもとに生まれるかでも違うのに、どの国に生まれるかで180度違う、本人の努力ではどうしようもないのって…
何とか出来る立ち位置におるんなら
政府アクション起こしなさいよ!です。

あ、かのみさん更新です。
Posted by みほどど at 2012年06月03日 15:54
勉強になりました。
シリアが隣接する国、大国の思惑など、8ちゃんさん本当によくご存じなんですね。
テレビでニュース解説の番組を持たれたら、人気番組になりそうに思います。
Posted by モカ at 2012年06月03日 21:05
むかーし昔、かれこれ300年位前ですが、中東のある国の浜辺で6人でキャンプをしていて日の暮れる頃ガンを持った二人組に襲われたことがあります。

6人で円を描く様に座らされガンをちらちらさせられると近くでキャンプをしていた人達が目の前を通っていても助けを求める術が全くないのでした。

日付がかわり、月が今にも地平線に沈み朝日が登るまでの漆黒が始まらんとするまさにその直前にこちらの一人が襲いかかり皆一斉に立ち上がりました。 運動会の徒競走では必ずびりで、
走るのが大の苦手だった私でもこの際そんなこと言っているわけにいかずそれこそ死に物狂いで100m位離れたテントに向かって走ったのです。
日本での学校時代あれだけ頑張ればびりから二番位にはなったのではないだろうかといまでも思うくらい速かったと思います。
私の叫び声にテントから飛び出してきた女の人にしがみつき、”ヘルプ、ヘルプ、ガン、ガン、” と これもまた大声コンテストがあったら入賞位はしたくらいの大声で、5人がいるほうを指さし
つづけたのです。

それがシリア人の一行だったのです。若い男性も含め10人くらいだったと思います。 警察に連絡してくれ、我々6人を保護してくれ、英語のわかるエジプト人を呼んでくれ、とにかく本当によくしてくれました。

今毎日の様にシリアでの悲惨な様子を見る度にあの人たちは無事だろうかと気にかかります。 名前も知らない人たちだけどあの優しさ、忘れられません。どうかどうか無事であってくれます様に。 心からそう祈ります。



Posted by ばらの庭 at 2012年06月04日 05:38
むかーし昔、かれこれ300年位前ですが、中東のある国の浜辺で6人でキャンプをしていて日の暮れる頃ガンを持った二人組に襲われたことがあります。

6人で円を描く様に座らされガンをちらちらさせられると近くでキャンプをしていた人達が目の前を通っていても助けを求める術が全くないのでした。

日付がかわり、月が今にも地平線に沈み朝日が登るまでの漆黒が始まらんとするまさにその直前にこちらの一人が襲いかかり皆一斉に立ち上がりました。 運動会の徒競走では必ずびりで、
走るのが大の苦手だった私でもこの際そんなこと言っているわけにいかずそれこそ死に物狂いで100m位離れたテントに向かって走ったのです。
日本での学校時代あれだけ頑張ればびりから二番位にはなったのではないだろうかといまでも思うくらい速かったと思います。
私の叫び声にテントから飛び出してきた女の人にしがみつき、”ヘルプ、ヘルプ、ガン、ガン、” と これもまた大声コンテストがあったら入賞位はしたくらいの大声で、5人がいるほうを指さし
つづけたのです。

それがシリア人の一行だったのです。若い男性も含め10人くらいだったと思います。 警察に連絡してくれ、我々6人を保護してくれ、英語のわかるエジプト人を呼んでくれ、とにかく本当によくしてくれました。

今毎日の様にシリアでの悲惨な様子を見る度にあの人たちは無事だろうかと気にかかります。 名前も知らない人たちだけどあの優しさ、忘れられません。どうかどうか無事であってくれます様に。 心からそう祈ります。
Posted by ばらの庭 at 2012年06月04日 05:40
おはようございます!

はぁ〜 一週間の始まりですねー
張り切って!いきたい…です…

えっと、シリアについて。
私は世界地図を見るとこから始めないといけませんでした (恥ずかし…)
あぁー ややこしいトコにあるねんなぁ…

周辺諸国や米ロ中などのいろんな思惑が入り乱れて、
国連も機能してないし、早期の解決は見込めないのでしょうか。
なんの罪もない自国民に銃を向け、虐殺する指導者。
それだけでもうアカンでしょう!
早く止めてほしいです!
Posted by ころちろ at 2012年06月04日 08:56
YHさん
いつも、ご訪問ありがとうございます。

最近の情勢では、軍部に対するアサドの統制が少し利かなくなってきています。
暴走する軍部が単独で起こす殺戮も多いようです。
シリアはアラブ圏では、エジプトに次ぐ第二位の軍事力を持っています。
仮に、国連軍が進行しても、相当の抵抗が予測され、また、市民の血が流れそうです。

ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年06月04日 09:01
あきちゃん
おかえりー

拉致されず、飛行機も落ちず、無事に帰ってきて何よりじゃ。

まさか
その駅員をドツいたんとちゃうやろな。
手が痛くなるから、ケリにしときなさい。

トルコは、約7000万人の人口のうち、スンニ派が80%の国やし、経済力や治安面でもNO1やから、行きやすい。
ユーロとも関係が深いので、難民の支援もできそうや。

しばらくは日本か?
ゆっくり疲れをとるんやで。

ポチッ

Posted by 8ちゃん at 2012年06月04日 09:11
みほどどちゃん
まいど

そうか。
シリアは、「騙すカス」なんや。
みほどどちゃんのかわゆい小学生姿が目に浮かぶわ。

どの紛争も犠牲者は市民。
女性や子供は抵抗も出来へん。
それを助けるのが国連なんかの国際社会のはずやのに、どの国も、利権とか自国の国益ばっかり考えよる。
だんだん腹立ってきたわ。

かのみさん情報
いつもアンガトね。

Posted by 8ちゃん at 2012年06月04日 09:21
モカさん
いつもありがとうございます。

シリアからのニュースを見るたびに、国際社会の無力が感じられて、情けなくなります。
アラブ諸国の中でも、シリアは、対イスラエル強硬路線で、孤立していたのが現実です。

あのね
モカさん
テレビに出ると、「食事がマズくなった。」とか「子供が泣きやまない。」とか苦情の嵐が来るんですよ。

ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年06月04日 09:26
ばらの庭ちゃん
まいど

え”−−−−!
スゴイ経験したんや。
快速!
大声!
今日、生きてるのはこの2つのおかげやな。
>びりから二番位には…。
⇒「1番」と言えんあたりに、哀愁が漂っとるが…。
300年前か。
その頃やったら、ワシも若かったから、声かけてくれたら、救助に行ったのに。

どの国の人も、本質はみんなエエ人なんや。
紛争や戦争のときは、みんなAddictになってしまう。
特に、宗教がらみは同じ民族での殺し合うという悲惨な構図になる。

ミセスローズガーデンを助けてくれたシリアの人たちが無事なことをワシもお祈りします。








Posted by 8ちゃん at 2012年06月04日 09:49
ころちろちゃん
まいどー

アンタの
「はあ〜」
の原因は良くわかるが、忘れようとしている悪夢を思い出させてくれるな。

国に政変があると、旧指導者は殆ど殺される。
カダフィなんかは、裁判にもかけずに殺してる。
いくら戦争でも、戦う意思がない相手を理由なく殺せば、国際法上は殺人や。
チュニジアのように、旧指導者に対して、国外への逃避を保証してやれば、解決するかも知れんな。
例えば、ロシアがアサドを受け入れるとか。

う〜ん。
難しいか。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月04日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。