あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年06月21日

アウンサンスーチー

2012年6月16日
ノルウェーのオセロの公庁舎の演台にある女性が立った。

アウンサンスーチー

彼女が1991年に受賞したノーベル平和賞の21年ぶりの授与式典だった。
彼女は、ノーベル平和賞を受賞したものの、自宅軟禁のため授賞式には出席できずにこの日まで日が過ぎて行ったのだ。
因みに、賞金の130万ドルはミャンマー国民の健康と教育のための基金の設立に使われている。

ミャンマーは、タイやカンボジアなどのあるインドシナ半島の西側、中国、インドといった大国に囲まれた国だ。
日本では、旧国名のビルマと言ったほうが、馴染みがあるのかもしれないが、ここではミャンマーと言おう。
人口は約5000万人の約9割が熱心な仏教徒のこの国は、緑と遺跡に囲われた美しい国だが、19世紀から続いたイギリスからの独立後、今もなお、軍事政権が国を支配している。

アウンサンスーチーは、このイギリスからの独立運動を指導した国民的英雄、アウンサン将軍の長女として生まれた。
何不自由ない家庭に生まれたアウンサンスーチーだったが、国家独立の1年前の1947年に父親のアウンサン将軍が政敵により暗殺されるという悲劇が起こる。
このとき、父は34歳、アウンサンスーチーは、僅か4歳だった。

母親がインド外交大使に任命されたことで、アウンサンスーチーは、19歳までをインドで過ごした。
その後、オックスフォードに学び、卒業後の1972年には、大学時代の後輩、マイケル・アリスと結婚する。
結婚後はブ−タン、ネパ−ルにも滞在し、73年に長男アレクサンダ−、77年には次男キムが誕生。その後1985年からは京都大学でも1年間の研究員生活をしている。
一方、ミャンマーでは、独立後も、国内の共産党勢力の武装蜂起や、ミャンマー国内の少数民族の一つ、カレン族の独立運動などが続き、遂に、1962年には、国軍のトップであるネ・ウィン将軍がクーデターを起こして軍事政権が誕生する。
かつては、アウンサン将軍の同僚であったネ・ウィン将軍は、それまでの憲法と議会を廃止し、ミャンマー社会主義計画党という親軍政党を結成して、この党による一党独裁体制を実行していくのだ。

愛する夫と二人の子供に囲まれて幸せに暮らすアウンサンスーチーに人生の転機が訪れたのは1988年。
この年の3月に母の看病のため、ミャンマーへ帰国したアウンサンスーチーを待っていたのは、民主化運動の燃え盛る炎と、英雄アウンサン将軍の娘に対する国民の祈りのような期待だった。
1988年7月20日付けのミャンマー国営新聞は、前日におこなわれた政府主催のアウンサン将軍追悼式に参加したアウンサンスーチーの写真を大きく掲載した。
この報道で、「建国の父」の娘として伝説的ですらあった彼女がビルマに戻っていることを知った民衆は、民主化運動への合流をアウンサンスーチーに懇願した。
その結果、8月26日に50万人の民衆を前にアウンサンスーチーは、初めて政治的な演説を行うことになったのだ。
こうして、政治の世界に足を踏み入れたアウンサンスーチーは、9月27日に、「国民民主連盟」を結成し、2年後の90年5月に実施された総選挙で「国民民主連盟」は80%を越える議席を獲得した。
しかし、ネ・ウィン軍事政権はこの結果を無視するだけでなく、アウンサンスーチーを危険分子として国家防御法違反の冤罪により、自宅軟禁していくのだ。
この軟禁はその後、21年間続くことになる。

この間、夫のマイケルは、癌に侵されるが、マイケルのミャンマーへの入国は軍事政権が許可しない。
アウンサンスーチーには、出国を認めるが、帰国は許可しない。
出国すれば、病の夫や最愛の息子に逢えるのだが、民主化運動のミャンマーへは戻れない。
そして、アウンサンスーチーは、ミャンマーに残る道を選んだ。

夫のマイケルは1999年に他界するが、それまで二人は愛し合いながらも逢えることはなかった。

アウンサンスーチーの画像を見てほしい。いつも彼女の髪に花が飾られているのをご存知だろうか。
この花は、貧しかった学生時代、二人がお互いの誕生日に花を一輪だけ、プレゼントし合ったそのときの花である。
彼女は、どこへ出かけるときにも何をするときにもこの花を忘れない。
そして、マイケルの命日だけは、彼女の髪の花は白い薔薇になる。
彼女とマイケルはいつも、花で繋がっていたのだ。

授賞後の講演でアウンサンスーチーは語る。
「軟禁中、自分はもはや現実世界の一部ではないとの思いにしばしば陥った。家が世界だった私。共同体ごと閉じ込められた他の人々。そして自由な世界。それぞれが、無関心の宇宙で別々の軌道を進む惑星だった。」

そして、そんな彼女をいつも勇気付けたのは、世界人権宣言の前文にあるお気に入りの一節だった。
「人権を軽視すれば、人間の良心を踏みにじる野蛮な行動をもたらす。こうした恐怖がなく、言論や信条の自由を享受できる世界こそ、人類の最高の望みなのだ。抑圧に対して最後の手段として反抗せずにすむよう、人権は法の支配の下で守られることが必要だ。」

彼女は続ける。
「私が民主主義の闘いを始めた時、何かの受賞をするなどとはまったく考えなかった。歴史は我々に、自分たちが信じる大義に向かって最善を尽くす機会を与えてくれた。ノーベル賞委員会やノルウェー国民、全世界の人々の支援は、平和を追求する私の信念をさらに強めてくれた。」

最後に、彼女は言った。
「ミャンマーにはまだ良心の囚人が大勢いることを覚えていてください。」


posted by 8ちゃん at 17:04| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっちばーん!
アウンサンスーチーさんは、戦う女性の鏡
愛する人と会えないのに母国に残ることを
選択したんだね

自分だったらどうするだろう
人々の自由のために自分を犠牲にして
戦えるかな……
ミャンマーと言えばジャーナリストの
長井健司氏が軍に射殺されたことが
記憶に新しい。。。
あの時の日本政府の対応もお粗末だった
。。。

命がけで写真を撮ってきてもページ5万円
ぐらいにしかならず、これから誰も撮りに
いかないかもね
Posted by あき at 2012年06月21日 23:01
雨の日の8ちゃんは最高だね♪

いやー。
今日は朝から8ちゃんに泣かされたよ・・・(←感涙で)

長かったよねー。
21年・・・。

スーチーさん曰く
ミャンマーにはまだ“良心の囚人”が大勢いるのでしょうし
また、世界中に“良心の囚人”はいるでしょうから
まだまだこれで終わりではないのでしょうけど・・・。


ポチっ×2PC
Posted by kiki at 2012年06月22日 08:13
おはようございます。

スーチーさんのことは断片的にしか知らなかったので、勉強になりました。
21年間。あまりにも長い年月ですね。
これからの彼女の活躍を見守りたいです。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年06月22日 08:28
おはようございます 誰かさんみたいな爽やかな朝です

これみるまでアウンサン・スーチーさんかアウンサン・スー・チーさんなんやとばっかり思ってました

先日テレビでマイケルさんのお墓の管理人さんが『誰が奥さんなのかも知らない』と話していました
生きてるうちに会いたかったでしょうね

いろんなこと知らんあたしですがネ・ウィンたらいうそのおっさん、ちゃんとした総選挙の結果無視してえーんかいっと腹立ちます
Posted by みほどど at 2012年06月22日 09:06
あきちゃん

おはよー

長井さんが、撃たれたとき、ミャンマー軍事政権は、公式に「観光ビザで入国していたから、ジャーナリストとは分らなかった。」とアホなこと言うとる。
観光人は撃ってもエエんかとか、ビザ見てから撃つんか、とか言う前に、日本政府がナメられとるということや。
アウンサンスーチーさんに対しても、民間の支援団体はあったが、政府はなにもしとらん。

大メディアが報道しない世界の真実を伝えるフリーランスの記者は、永田町の記者会見でも会場に入れてくれへんのよ。
読む側が、しっかりしないとイカンね。

いつもありがとう。

ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 09:10
Kikiちゃん
おはよー

21年…。
21年前の日本は、ジュリアナ東京が芝浦にでき、雲仙普賢岳が噴火した年。
ソビエト連邦が崩壊した年でもあるね。
随分昔のことのように思うけど、アウンサンスーチーさんにとっては、「END」が見えない軟禁やから、精神的にはもっと長かったやろな。

Kikiちゃんの涙が、梅雨前線刺激して、大阪の昨日は大雨やったで。

いつもありがとね。
グシュン
Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 09:21
YHさん
いつもご訪問、ありがとうございます。

アウンサンスーチーさんは、長くて孤独な軟禁生活を続けていましたが、実は、世界中の良心ある人たちと繋がっていたのかも知れませんね。

ノルウェー・ノーベル委員会は、中国の劉暁波氏や、イランのシーリーン・エバーディー女子にノーベル平和賞を授与するなど、外圧にとらわれない、素晴らしい団体だと思います。
話が逸れるようですが、捕鯨の問題でもノルウェーは、明確に自国の主張をします。
国民性なのでしょうか。
ちょっと羨ましいです。

拙いブログですが、YHさんのコメントをいただくと勇気が出ます。
ぜひ、また、お越しください。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 09:32
みほどどちゃん

おはよー

ミャンマーでは苗字とかないんで、お父様(アウンサン)と、おばあちゃん(スー)とお母様(チー)の名前を自分の名前にしたみたいやで。
だから、「・」がない「アウンサンスーチー」さんのようやな。

そうか。
マイケルさんのお墓の管理人はそんなこと言うとったか。
墓参りも出来へんかったもんな。
それにしても、旦那さんも立派なひとやな。
息子さんたちもようガマンした。エライ!

ワシも今日はビール3杯と焼酎3杯でがまんしよ。

いつもモアンガトね。

Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 09:43
おはようございます!
雨は上がりましたが曇ってますね〜
ひとまず詩人の師匠はお休みですね(。-_-。)

アウンサンスーチーさん、いつも凛として綺麗な方やな〜と思ってましたが、いろんなことを背負って21年もの間闘ってきはったんですね…
勉強になりました。ありがとうございます m(_ _)m

それにひきかえ我が国では…
生活保護問題で気炎をあげる水木しげる系女史や、やたら声だけがデカイ元首相娘…
・・・比べるのも失礼ですね(>_<)

さあ、今日から後半戦のスタートです ♪
先ずはクジラ退治から(古っ)
今シーズンは、ガッツリ中継を観ると負ける(←ついこの間気がついた。しゅんましぇーん)ので、今日はあれ?やってたん?ぐらいの関心のなさでいたいと思います(>_<)

Posted by ころちろ at 2012年06月22日 10:59
ころちろちゃん
まいどー

>クジラ退治
⇒気持ちは分るけど、やっぱり古るっ!!
ユニフォームの肩には「マルは」やな。

アウンサンスーチーさん
ホンマに綺麗な人やね。
心が美しいから、姿かたちも美しいんやな。
ワシなんか、心が丸いから、姿かたちも丸い…。

世界が、そして時代が彼女を求めていたのは分るけど、出来るなら、一人の幸せな女性として過ごさせてあげたかった…。

そうか。
中継にかぶりつくと負けるか。
しかし、今日は大丈夫。
相手の投手は、高崎健太郎やで。
6月2日に西武に4回で7点取られたピッチャーやもん。
メッセンジャーが拗ねてへんだら大丈夫。
今日はNHKが完全中継するから、6時までに用事全部終わって、TVの前に座ってなさい。

いつも、ありがとさん


Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 11:26
ばらの庭ちゃん

PC動いてるかー。

25日からウインブルドン始まるな。
なんでこの雨の多いときにするのかよう分らんが、歴史的な理由なんやろね。

日本は、大風がたて続けに2つ来て、昨日まで、雨、雨、雨…。
やっと、今日の大阪は曇りのち晴れやで。
ロンドンは、緯度が高いから、台風はないやろけど、

アウンサンスーチーさんは、海外ではイギリスとの関係が一番深い。
学生時代の知人も沢山おるやろし、イギリス政府もミャンマーへの圧力をかなりかけてたような気がするわ。

ばらの庭ちゃんは、きっと入国許可が出ると思うから、たまにはJAPANへ帰っておいで。
ただし、梅雨時は避けて。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 11:46
ミセス ローズガーデン様

( 師匠、わても便乗させてもらいます。すみません。ミセス リングハンド より )

今度、うちの香川真司くんがそちらのマンUさんでお世話になることになりました。
報道されてますでしょうか?
サッカーにはあまり詳しくないのですが、エースFWのルーニー氏には夫が非常に関心を持っております。
香川くんのこと、よろしくお願いします m(_ _)m
Posted by ころちろ at 2012年06月22日 12:32

何度もすみません…

エラーが出たので、も一回押したら2つとも投稿されてしまいました。恥ずかし…
一つ消したい(>_<)
Posted by ころちろ at 2012年06月22日 12:40
わっかりましたー
速攻で消しときます。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月22日 13:06
こんばんは。
アウンサンスーチーさんが髪に花を飾っているのは、そういう理由があったのですか。
強い意志を持つ女性という印象があったのですが、親しみを感じました。
それにしても21年は長いですね。
Posted by モカ at 2012年06月24日 21:55
先日テレビでスーチーさんが、軟禁状態で唯一の外界との接触点はBBCの世界放送を聞くことだったと言ってました。 世界中で捕虜になった人達も同様に言ってますね。 そういう私たちも昔のアラブ社会での生活の中今の様にサテライトなんてない頃だったので短波放送から打ち寄せては引いて行く波のようなこころもとない電波に乗って THIS IS LONDON で始まるBBCのワールドニュースが始まると親の声を聞いたような安心感を覚えたものです。

彼女も同じきもちだったんだなーと思って。自分のイギリスでの家庭生活なんかあの放送でおもいだしたんだろな。あの放送を聞いてるとまるで今自分がイギリスに実際にいるような気持ちになるんですよ。 ちなみに夫とスーチーさんは同じ大学で私もよく行ったものなので親しいイメージがわきます。

いかなる暴力も否定すると言っていたのをみてマンデラさんの様な人だと思いました。

ころちろさん!
御意!
大切な日本の息子さんの香川君のことうけたまわりましてごさいます。 ってなにをする気なんだろ。
一日の収入がこのばか円高で換算しても170万なんだおって? とにかくサッカーの選手の収入ったらはんぱじゃない。
今夜そろそろ始まるユーロ2012の準々決勝イングランド X イタリア は 結果が見えてるしね。 イングランドの甲斐性なし。 あと30分でキックオフだから、どうするかなやっぱり見るかなーいらいらするだけだからやめるかなあ。
Posted by ばらの庭 at 2012年06月25日 03:21
モカさん
いつもご訪問、ありがとうございます。

アウンサンスーチーさんは、本当は普通の家の子に生まれたかったのかもしれませんね。
ただし、21年の軟禁は、彼女を拘束したようで、実は軍事政権を世界から隔離、拘置したのかもしれません。
ミャンマーに真の民主主義が速く訪れると良いのですが。

ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年06月25日 08:58
ばらの庭ちゃん
まいど

PCつながって良かった。

えっ
旦那様オックスフォードなんや。
すごいやん。
ワシも友人にOXみたいな体型してるヤツはおるけど…。

アウンサンスーチーさんは、一貫して「非暴力」を貫いてるのがエライ。
民主化勢力の中には、攻撃的なグループもいるやろし、家族が犠牲になった者の感情のあるのに…。
軍部の中にも「アウンサン」と言う名への尊敬や憧れを持つものが多数いるらしいで。

世界がこれから、彼女に対して何が出来るかが重要やと思うわ。

イングランド、惜しかったね。
前半は主導権握ってたし、PKは運もあるからしゃーないわ。
ばらの庭ちゃんも「なんや、かんや」言うてても、結局は観たんやろ(笑)。

いつもありがとね。
PC繋がりにくいけど、また来てや。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月25日 09:17
典型的な、イングランドの、信じられない位意味の無い負け方。だだひたすら疲れるだけのあほくさい負け方。ここがしっかり者のドイツと大きく違う所。
情けないので即忘却の彼方へ投げ込みましたっ。

提案があります。 PKは廃止。選手がばたばた倒れるまで続ける制度にする。 うん、これしかないわね。
Posted by ばらの庭 at 2012年06月25日 15:45
イタリアのGKは、ルーニー用のサングラスをする必要がなかったので、ボールがよく見えた。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月25日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。