あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年06月28日

アイルランド

6月27日は歴史的な日となったのだろうか。

イギリスのエリザベス女王は、6月27日、アイルランドを訪問し、ベルファストの町で、かつてイギリスと闘争を繰り返していたカトリック過激派アイルランド共和軍(IRA)の元指導者で、北アイルランド自治政府のマクギネス副首相と会談し、初めて握手を交わしたのだ。

ロンドンがあるグレートブリテン島の西方、アイリッシュ海の向こうにその国はある。
ただし、島全体がアイルランドなのではなく、島の南方約80%がアイルランドで、北側の約20%はイングランド領の北アイルランドである。
面積が北海道程度のこの国は、1169年にブリテン島のノルマン人が攻め入ったときからイングランドとの血に塗られた歴史をもつ国なのだ。

そして、その歴史の大部分において、武力に勝るイングランドは、アイルランドを植民地的に支配してきたのだ。
特に、1800年以降は、イングランドによりアイルランド議会が廃止され、完全にイングランドの一部として組み入れられたのだ。
しかし、アイルランド国民はイングランドの国民になれたわけではない。
この抗争自体、イングランドのプロテスタントとアイルランドのカトリックの宗教戦争である。
アイルランド人は、カトリック刑罰法と言う歴史的な差別法により支配されていくこととなる。

@ カトリック教徒は、医師・教師・法律家になれない。
A カトリック教徒は、軍人・警官になれない。
B カトリック教徒は、武器を持ってはいけない。また、武器の製造・販売はできない。
C カトリックの新聞・書籍は出版・販売してはいけない。
D 都市の商工業者はカトリックの従業員を雇うことを禁じる。
E カトリックの商工業者は、二人以上の従業員を雇うことはできない。
F カトリック教徒は、新たな土地を購入できない。
G カトリック教徒は、収入の10分の1を英国国教会に納税しなければならない。
H 英国の教会の信徒やプロテスタントはカトリックの人々と結婚できない。もし結婚した場合、男は公民権・女は財産相続権を剥奪される。

宗教上の争いは、時として想像を絶する残虐性をもつのだ。

その後、アイルランドを襲った飢饉においても、主食のじゃがいもをイングランドの地主が持ち帰ったりして、800万人のアイルランド人が、餓死などにより440万にまで激減する。

こんな苦難のアイルランドも、第一次世界大戦後の1922年にはアイルランド独立戦争により、南部・西部アイルランドの26地方がイギリス・アイルランド連合王国から分離し、新たにアイルランド自由国となったのだ。
1937年には名称をアイルランド(エール)と変え今に至るが、このとき、アイルランド島の北部、プロテスタントが人口の過半数を占めていた北アイルランド6州は1922年のアイルランドの独立以後もイギリス統治下にとどまった
これが、その後の悲劇を生むことになる。

イングランド領として残った北アイルランドでは、1970年代からIRA暫定派、IRA、INLA、アルスター防衛同盟、アルスター義勇軍、RUCなどの反英勢力がテロを仕掛け、その対象は北アイルランド駐留の英国軍だけでなく、ロンドンの一般市民まで巻き込んでいったのだ。
IRA暫定派などによる市民を巻き込む爆弾テロは1972年だけで1300回にも達しており、一方では、公民権を求める北アイルランド人のデモに英国軍落下傘部隊が攻撃を仕掛けて、市民14人を殺害、13名に重傷を負わせた「血の日曜日事件」も起こっている。

テロ組織がいくつもに分かれているため、停戦の話し合いをするための窓口が定まらず、交渉は難航し、その後30年もの長期にわたって、テロと英軍の軍事行動が繰り返されてきたのだ。
1980年代になると、テロ組織に対して、シリアが武器を供与することで、テロリストが殺傷能力の高い武器を持つことになるなど、抗争は激化、泥沼化していく。

この間、1979年には、エリザベス女王のいとこであるルイス・マウントバッテン伯爵がIRAの仕掛けた爆弾によって暗殺されている。

北アイルランド紛争はIRAなどの内紛もあって、現在はこう着状態ではあるが、解決したわけではない。
双方の知人、親戚、家族が多数犠牲となった事実を忘れるために与えられた時間は余りにも短すぎる。

今回のエリザベス女王のアイルランド訪問が、平和のための第一歩となることを世界中が願っている。
もう、血の復讐劇は終演にしようではないか。
posted by 8ちゃん at 17:21| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

アイルランドとイギリスの抗争については、断片的にしか知識がなかったので、今日のおはなしでスッキリ理解できました。
お隣同士の付き合いというのは、本当に難しい。隣国とうまくいっている国々の方が少ないかもしれません。

今日も勉強になりました。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年06月28日 18:13
YHさん
いつも、ご訪問ありがとうございます。

おっしゃるとおり、隣国が故の問題と言う面があります。
スペイン無敵艦隊を撃破して、世界の制海権を確保したイギリスの隣国が大英帝国グループに帰依しないことは許せなかったのでしょう。
資源があるわけでもない小さな農業国をイギリスは全力で攻めます。
その背景には、ローマに対抗した英国国教会のお膝元で、ローマカトリックが存在すること自体、許せなかったのでしょうね。

現在のアイルランドは、ITや金融立国と言っていいほど各国のファンド投資を受け入れ、世界中に投資しています。
経済成長率は、世界トップクラスで、「ケルトの虎」と呼ばれ、EU各国から羨望の目で見られた時期があります。
しかし、不動産バブルの崩壊や、リーマンショックは国内銀行を実質破綻させ、EU中央銀行やIMFからGDPの数倍の金融支援を受けました。
今後は、この返済が大変です。
紛争問題も含め、目が離せない国です。
Posted by 8ちゃん at 2012年06月29日 09:06
8ちゃんおはよ〜
このアイルランドとイギリス問題
根が深いのよね

アイルランドの北がイギリスの
一部。。。返還したれと思うのは
おいらだけ?

イギリスの中も複雑
知人がイギリス在住だから
「Englandは晴れかね?」
 みたいな質問したら
「この街は○○だからイングランドじゃ
ないよ!! great britainと言いたまえ」
と言われ
「知らんがな」
面倒くさいやっちゃと思った記憶がwww
イングランドもグレートブリテンも
日本語訳はイギリスだけど何か色々
分かれているらしい。。。

なんやろ、沖縄を日本と言って、琉球王国や!
みたいなことか?
違うかw
Posted by あき at 2012年06月29日 10:01
あきちゃん
まいどー

あははは
そうか。
怒られたか。
スギちゃんなら、
「ブリテンはグレートだぜェッ。」って言うんやろな。
Englandは、ゲルマン系のアングロ人の土地(Engla−land)からきてるらしいから、ゲルマン系以外の人は不本意なんかも知れんな。
スコットランドも独立したくて、独立運動してるし。

今はどうか知らんけど、ちょっと前までロンドン市内もテロの標的やったから、オリンピック実行委員会は相当警備には気い使こてると思うわ。
ロンドンの、ばらの庭ちゃんの友人もテロに巻き込まれたみたいやし…。

世界中で、紛争が、なかなか無くなれへんな。
宗教とか、言葉とか…。

バベルの塔新築事業が国会で否決されとったら、世界の言語は一つで戦争も減ってたかもな。

いつもありがとう。
エエ週末過ごすんやで。

ポチーーン





Posted by 8ちゃん at 2012年06月29日 11:22

8ちゃん師匠、出張お疲れさまでした。
生肉、食べ収めなので週末行っちゃってください!

アイルランドやイギリスの辺り、ややこやしいと思ってたら、こんな歴史があって今も解決されてないのですね…
もう血は流してほしくないです!

イギリスは、五輪は確かイギリスで(←この言い方自体日本的で間違ってるのかもですが)出てたと思うけど、サッカーやラグビーではイングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドと別れてて、ややこし感満載です。

最後に、少しタイガースの明日について語らせてください!
6/13我が家の「父の日スペシャル」で京セラDに中日vsオリックス戦を観に行ったんです。そこで、つくづく中日は大人のチームだと思いました。
カサカサベンチは動かずとも選手は何をやるべきか、自分たちで全部分かってる。そしてそれをシレッと実行する。正にプロ中のプロ集団でした。

タイガースが大人のプロ集団になるために、落合さんを呼んでくるというのはいかがでしょう?
鍋ツネに取られる前に =3
Posted by ころちろ at 2012年06月29日 12:25

中日vsオリックス戦、6/16(土)でした…
そして、当然?中日の勝利で、観客も3塁側の方が多かったという…(涙)

この頃の私のボケっぷり、地(ぢ、じゃないよ)が出てきたってことでお許しください m(_ _)m
Posted by ころちろ at 2012年06月29日 12:35
ころちろちゃん
まいどーーーーー

>選手は何をやるべきか、自分たちで全部分かってる。
⇒ふんっ!ウチの25番も、ここでゲッツー打つべきやと分ってるんやで。
ブラッツも、超高めか超低めのクソボール打ちを実行しとるで。

はぁ〜〜〜〜〜。
ためっいきが〜でるよ〜な 伊藤エミさんも亡くなった事やし…。
伊藤さんは、最後まで沢田姓を名乗ってたらしいわ。
ジュリーも罪作りなやっちゃな。

どうや。
快適か?
メシましか?
いやらしいドクおらんか?
変なことされたら、金とるんやで(分割払い可)。
なんかあったら、ワシの知り合いで、メチャクチャ気い小さいけど、顔だけはゴッツー怖いヤツおるから、貸すで。

今週は、ちょっと忙しかったので、しんどいけど、予定通り、生ギモ(レバ刺とは言えへんよな)食べに行ってくるわ。
3時ごろから店の前に並ばんでもエエやろか。
売り切れが心配や。

阪神負けてもTV蹴ったり、水差しに入れてある焼酎とか飲んだらアカンねで。
ちょっとの間、おとなしくしてなさい。

いつもありがとね。






Posted by 8ちゃん at 2012年06月29日 13:09
こんにちは。

アイルランドとイギリスの間にはそんなことがあったのですね。
以前、アイルランド系アメリカ人の方に、イギリスのことを話題にしたら複雑な表情をされていました。
8ちゃんさんのご説明で、その理由が少し分かったような気がします。
それにしてもカトリック刑罰法って、むちゃくちゃな法律ですね。
Posted by モカ at 2012年07月01日 17:00
モカさん
いつもご訪問、ありがとうございます。

距離的に近い日本と韓国との間にも複雑な歴史がありますが、宗教が関係すると、事態はもっと深刻になるようです。
モカさんならお分かりでしょうが、海外における宗教の位置づけは、日本人が神や仏を敬う「畏れ」という感情以外に、生活の一部としての神の存在があります。
北アイルランドを英国領として残した理由は、プロテスタントの比率が高いことなのでしょうが、このプロテスタントの大部分は、抑圧から逃れるための改宗によるもののようです。
南部アイリッシュから「裏切り者」と呼ばれた時代もあるようです。
イスラムも含め、すべての経典の原本は同じはずなのに…。

ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年07月01日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。