あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年07月05日

天神さんとギャル神輿

天神祭り
大阪の夏祭りの頂点にある大阪天満宮、菅原道真公の祭りである。
地元では親しみをこめて「天神さん」と呼ぶ。
毎年、7月24日の宵宮に続き、25日の夜には、多くの船が大川(淀川)に出る船渡御(ふなとぎょ)が行われ、天満の銀橋付近では花火が上がるのだ。

天神祭りの1週間前に行われる京都の祇園祭もそうだが、祭りの日は、浴衣美人を連れた恋人達で賑わうし、この祭りをきっかけに恋が芽生えることも多いので、恋人募集中の方は是非、参拝してほしい。
ただし、血走った目でウロウロするなど、挙動不審が過ぎると、証拠捏造や取調べ中の暴行など、行儀の悪さでは世界一の呼び声も高い大阪府警に連れて行かれるので、そこは注意しなければならない。

宵宮前の7月23日には、「ギャル神輿」と称する女性だけの神輿が繰り出される。
名前のとおり、「ギャル」が担ぐのだが、この「ギャル」になるためには、天神橋筋商店街が行う審査会に応募する必要がある。

同商店街の応募資格には、
「15歳から30歳で体力に自信のある健康な女性」
ということになっているので、商店街幹部の考えでは、「ギャル」と呼ぶのは30歳までと限定しているのだろうか。
この事実が、私の知っている姐さん方の耳にでも入ったら、平均余命が短縮される可能性のあるような恐ろしいことを堂々とHPに記載している天神橋筋商店街の幹部の皆さんの勇気を称えておきたい。

実際、数年前には、年齢制限を撤廃した時期があるが、すぐに年齢制限は復活している。
いったい、何があったのか、聞きたいような、怖いような…。
なお、募集するのは「女性」となっているので、マツコやミッツ・マングローブは体力には問題なさそうなのだが参加できない。

この審査のポイントは2つである。
一つ目は、他の美人コンテストなどとは異なり、神輿を担ぐための「体力」が試される。
具体的には、会場のステージに準備された俵を2個つり下げた天秤棒を順番に担ぐのだが、ここでふらつくようでは落選だ。
過去には、ぶら下がり持久戦(鉄棒にぶら下がる時間勝負)もあったようだ。

2つ目の審査は自己PRである。
コンテストにおける自己PRは、最近はどこでもやっているのだが、なにせここは大阪である。
通常の会話中にも、常にボケとツッコミみのタイミングを狙っている大阪国民にとっては、自己PRといっても頭の中には相手を笑わせることしかないのだ。
もちろん、中には、見事にスベって「事故PR」になるケースもあるが…。
最近では、モノマネが結構多いそうだ。

この2つのポイントを見事にクリアした者によって、ギャル神輿は担がれるのだ。
この催しは、昭和56年から去年までに31回行われており、その間、優勝者への副賞もアメリカやオーストラリア旅行だったが、長引く不況もあって、13年前のバンコク旅行の後は、10年前の浜坂温泉旅行(兵庫県)と極端にショボいものとなっている。
この10年前の温泉旅行を最後に旅行の副賞はなくなっているが、応募者は減るどころか増えているそうであるから、やはり、大阪国民の目的は「目立ちたい」ということなのだろうか。

今年も天神祭りの季節がやってきた。
景気、雇用、消費税、アホ政治家
天神さん!
道真公!
何とかしとくなはれ!


posted by 8ちゃん at 15:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呼ばれて 飛び出て ジャジャジャジャーン ♪

またまた来ました。
師匠は、もう晩酌お済みですか?

えっと、今日はコメントしたいことがたくさんあって… 箇条書きにしてみます!

@ 天神さん( 大阪天満宮 )はウチの神さんです。
初詣・合格祈願・病気平癒… なんでもかんでもお願いしてます。
A 私がギャルの頃はギャルって言葉自体なかったな… はははっ(泣)
B ランキング写真は、元ガンバ・日本代表キャプテン、宮本ツネ様 に一票!
C 来週の中日戦。師匠もベンチ入りしてチームにカツを入れて来てください!
ヘルメットを深めに被り、ヨロヨロ走るボールboyの子が居てたら師匠やと思ときます!
D 昨日、ナウシカアコさんがしんどい中、ブログを更新してくれはって、何か励ますことは出来ないかずっと考えてたけど言葉にすることが出来ず、何も言えなくても少しの時間そばに居たいなぁと思いました。
「オフ会」とか興味ないけど、こういう時は寂しさを感じます。
Posted by ころちろ at 2012年07月05日 19:54
ふーん、こんな女性の体力コンテストなんてあるんだー。
北海道出身の私の大阪人のイメージは、きさく、率直、ユーモア精神、というところだったんだけど、本当に気取らないんだね。 いろんなブロガーさんのブログ楽しく読むんだけど圧倒的に大阪の人が多いよね。
はっちゃんは目立ちたがりって言うけど、抵抗無く新しいことにチャレンジできる性格なのでは?

私も経歴だけ言えば人がしないようなことを多くしてきた活動的なチャレンジャーのような印象をもたれがちなんだけど、実はひどい出不精。

まわりのともだちなんか、オリンピックは何の競技のチケットが取れたの、何々はどうしても取れないの騒いでるけど、聞く度に、めんどくさいじゃん、家でテレビで見てる方が顔までアップでみれるじゃんって思うし、すぐそこに在るウインブルドンのテニスだって、朝9時から5時まで一日中並んでやっとセンターコートに入れたなんて聞くと、なんとまあご苦労さんだことって思いながらソファにひっくり返ってテレビを見てるほうが気楽なのです。
ところで明日の午後は男子シングルの準決勝で私はテレビに釘付けの予定。 イギリス人のマリーも大好きなロジャーもいるしとっても楽しみ。

ところでころちろさん オフ会ってなんなのでしょうか?



Posted by ばらの庭 at 2012年07月06日 05:39

師匠! おはようございます !
朝も早よから失礼します。病院の朝はムダに早くて(汗)

えっと、今真夜中かな、ロンドンのミセスローズガーデン様(←このお名前大好き♪ 優雅な気持ちになれます。さすが師匠 ♪) にお返事がしたくて、この場を少しお借りいたします。すみません m(_ _)m

ミセスローズガーデン様

「オフ会」ですが、私もおぼろげで感覚的なイメージを持ってるだけでしたので少し調べてみました。
IT 用語辞典e-wordsによると(一部抜粋)
『インターネット上で知り合った人達が実際に集まって行う会合のこと。ネットワーク上すなわち「オンライン」に対して、現実世界を「オフライン」としてoff-line meeting略して「オフ会」という呼び方がされている』そうです。

食事会や飲み会をしたり、それぞれ趣味が一致している人達のコミュニティであれば一緒にその趣味を楽しむなど上手く活用してはる人も多いみたいですが、私としては実際には会わない方がええんとちゃうかな〜なんて思っています。
楽しいこと大好き・お出かけ大好き・社交的と見られがちですが、大人数が苦手でお酒も呑めないし、すごく気疲れしてしまうのデス…
勝手に描いてたイメージと違うのもお互い、会わなきゃ良かった〜って結果にならへんかな〜なんて、後ろ向きすぎでしょうか(>_<)
Posted by ころちろ at 2012年07月06日 08:57
ころちろちゃん
まいど

確かに天神さんの境内には、ありとあらゆる神様が祭られていて、さしずめ神様のデパート状態やな。
>ヨロヨロ走るボールboyの子が居てたら師匠やと思ときます…。
⇒ヨロヨロは余計じゃ!
まあ、ワシも「boy」に分類されるのかどうかは、ばらの庭ちゃんに聞いといてや。

ナウシカアコちゃんは、夏休みに田舎のお母ちゃんに甘えたら、元気になると思うわ。
甘えられる人が廻りにいっぱいいるみたいやから、大丈夫やで。

ころちろちゃんも、優しそうな旦那様とか、男前のDr.に甘えときなさい。
ただし、野球の話はせんほうが…。

今日は昼からは雨らしいけど、今は太陽が出とるな。
ワシ昔、自分で「雨量計」作って、雨を待っとったころが懐かしいわ。

金曜日やな。
ワシが飲んだくれて和田監督の家に怒鳴り込んで、捕まったら、ころちろちゃんが「普段はエエ人です。」と証言するんやで。

はあー
今日から、読売戦か…。
今日は、どんな珍しいプレーを見せてくれるやら…。
トホホホ…。

いつもアンガトね。
またくるんやでー
Posted by 8ちゃん at 2012年07月06日 09:17
ばらの庭ちゃん
まいど

ワシも「オフ会」って、よう知らんけど、最近の流行みたいやな。
ワシかて、知らん人と飲んだら小鳥のように部屋の片隅でブルブル震えて…。
世の中には、夢や想像を膨らませたままの方がエエ場合もあるしな。

>抵抗無く新しいことにチャレンジできる性格なのでは…。
⇒確かに、大阪には昔から「いっちょかみ」と呼ばれる人種が多く生息してて、どんな話題にも加わろうとするし、何にでも参加しようとするな。

ばらの庭ちゃんは、今、ロンドンにおること自体、十分チャレンジャーやと思うが…。
>実はひどい出不精…。
大丈夫。ワシも「デブ症」。
大阪国民と他の日本人との違いは、いろいろあるけど、レストランや飲み屋に列が出来てたら、「並んでまで行こと思わんわ」
となることもそのひとつやな。
そういう意味からは、ばらの庭ちゃんも十分、大阪国民に帰化できるで。

ウインブルドンは相変わらず雨か?
センターコートの屋根は閉じたままなんやろなー。
中は、strawberryの香りでいっぱいなんやろか。
男子は、セミファイナル、女子はファイナルか。
マリーは、イギリスの大きな期待背負うプレッシャーと、球足の速いグラスコートでの4時間近い熱戦の疲労が次の試合時間までに回復するかどうか。

ファイナルに近づく興奮と、終幕が近い寂しさがここまで伝わってくるわ。

いつもありがとね。
またきてや

Posted by 8ちゃん at 2012年07月06日 10:08
ころちろさん。
体調がよろしいようで本当に心からうれしく思います!

名前褒めてくださってありがとうございます。
以前は 百合の小道 って言ってたこともあるんですが、いつのまにか ばらの庭で定着してしまいました。
連日の雨にもめげず庭はばらが今花盛りです。 ピンクのばらの間に青いラベンダーを植えたりして楽しんでます。

オフ会情報わざわざ有難うございました。
そうですね、ちょっと怖いような気もしますね。でも会って意気投合して良い友達になってお互い行ったり来たりする仲になることもあるようですね。
私は遠すぎるけど。
貴女の機転に富んだコメント私まで楽しませてもらってます。 ありがとうございます。

はっちゃん。
デブ症 ですって? 朝から大笑い。 出勤前の夫に懇切丁寧に意味の違いの大きさを説明したら彼も吹き出してましたが、あの人こそ先祖代々を貫く筋金入りの華麗なるデブ症の家系です。
一時ウエストサイズは3桁を超えたのよ。 どう?負けた?
Posted by ばらの庭 at 2012年07月06日 20:08
ばらの庭ちゃん
まいど

>先祖代々を貫く筋金入りの華麗なるデブ症の家系…。
⇒さすがに伝統に輝く「バラ」チック艦隊。
「ロース」と「バラ」で今すぐにでも焼肉屋が出来そうやな(笑)。

確かに、ばらの庭ちゃんが言うように、ころちろちゃんはGOODセンスやろ。
病院でも大人気になって、そのうち、
「病院食は早過ぎる!」
という曲でデビューすると思うわ。

ばらの庭ちゃんは、今頃は夢の中かな。
ウインブルドン疲れがドッと出てくるやろ。

いつもありがとうね。






Posted by 8ちゃん at 2012年07月09日 09:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。