あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月10日

大阪ミステリーゾーン(その6)

「難波界隈編 昼のミナミ・夜のミナミ 2」

難波の夜は明るい。
高島屋やマルイの明かりが消えても、朝まで光と人通りは絶えないのだ。
ミナミ地区に約1万軒あると言われる飲み屋も、最近では同じ店舗を時間シェアしているものもあり、5時から9時までは居酒屋で、9時からはショットバーといったところもあるため、相対的に営業時間は長い。

難波を中心とするミナミエリアは、幾つかの特徴をもったブロックに分けられる。
大阪は南北の道を「筋」という。
御堂筋や堺筋、四ツ橋筋などがそうである。
東西の道は、「通り」である。
中央大通りや千日前通りである。有名な道頓堀も東西に伸びる堀である。

このうち、東は堺筋、西は四ツ橋筋、北は周防町、南は日本橋3丁目のなんさん通りあたりまでが、広義のミナミなのだろう。

このように書いても大阪に詳しい人以外にとっては、「なんじゃそれ」程度にしか感じないだろうが、説明するのも面倒なのでこのままいきたい。
千日前通りの南側は、居酒屋を中心にしたエリアである。
北側は、水掛不動さんのある法善寺横丁や道頓堀あたりまでが、居酒屋で、それを越えてすぐ北の宗右衛門町(ソエモンチョウ)、三津寺(ミッテラ)あたりが、クラブやスナックといった業種のエリアである。
ただし、最近の宗右衛門町は、中国人や韓国人経営の店が増えている。

元々の宗右衛門町界隈は、南地(ナンチ)といって、能舞台も備えた高級料亭であった大和屋を中心に、すし屋や鰻屋、小料理屋などが道頓堀に面した客室を売り物に、道頓堀の水面を見ながら酒を飲むといった風流な場所であった。
最盛期には、芸者も200人を数えたという。
その芸者さんたちが引退後に小料理屋や和風スナックなどをしていて、地域全体に何か「連帯感」のようなものがあったのだ。
それが、大阪市の無秩序な行政が、風俗店や韓国パブなどを野放しで認めたから、客足は引いて、大和屋も廃業して、今は跡地にグランビスタという名のホテルができている。
名物女将だった阪口純久(キク)さんは、大阪の政財界の大御所に愛され、墓の中までもっていかねばならない話も随分と聞いたのだろうか。
当時の名残として、本二鶴(ほんにかく)という、まさに芸術的な茶巾寿司の店が、昔と同じ場所(ホテルの北側)に残っているのは嬉しい。

このあたりに星の数ほどあるスナックも、若い客は来なくなり、おじさんたちが細々と売上に協力しているようだ。
時代とともに、繁華街も姿を変えていくのである。

周防街の辺りは、何故かニューハーフの店が多い。
オカマやゲイが北区の堂山、浪速区の恵美須町、難波の新歌舞伎座裏に集まっているのとは異なり、有名な「冗談パブ」のようなショーを中心とするニューハーフビジネスが盛んだ。
最近では、何故かニューハーフになりたい若者が急増しているらしく、このような店に雇ってもらえるのは別嬪さん(?)だけのようである。

少し下ると道頓堀だ。
元々、道頓堀には、浪花座・中座・角座・朝日座・弁天座という5つの芝居小屋や寄席があったが、今はひとつも残っていない。
名前を残した商業ビルはあるものの、昔の名残はない。

今の道頓堀は、観光客の町と割り切って、そこをさらに少し下ると法善寺横丁だ。
「横町」ではなく「横丁」なのだ。
細い石畳の路地の東側には三代目桂春団冶の手による看板が、西側には藤山寛美のものが架かっている。
二人とも、大阪を語るには外せない芸人だ。
北接する旧中座の解体工事において、ガス爆発が起こり法善寺横丁もほぼ全焼した。
そのとき、市民は寄付金を持ち寄って、法善寺の再興を願ったのだ。
法善寺横丁の道幅は、2.7メートル。建築基準法上は4メートル必要なのだが、この2.7メートルの道幅が、まさに横丁の命なのだ。
大阪市も特別にこの道幅を認めるという粋な配慮をしているのだ。

法善寺横丁の一番奥、西端に水掛不動さんがある。
法善寺である。
西向き不動というお不動さんがおられて、その身体に水をかけてお参りすることから、水掛不動さんと呼ばれる。
縁結びや恋愛成就、商売 繁盛にご利益があるそうなので、大阪へ来たら是非、お参りしていただきたい。

水掛不動さんの南西隣は、夫婦善哉という、ぜんざい屋さんだ。
この善哉は、変わっていて1人前を注文しても、ちょっと小ぶりな椀が2つ出てくる。
これが「夫婦」という謂れである。
織田作之助の同名小説のモデルとなった店であるが、善哉など、久しく食べていない方には、懐かしい味に浸ってもらおう。

今回、夜の話を書く予定が、またしても健康的な話になってしまった。
次回は何とか夜の部へと移りたいと考えている。

次回に続く。


posted by 8ちゃん at 16:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ、師匠
こんばんは〜

そんで師匠は周防街の辺りに
毎晩行っているのだな

ふふ、いいんだぜ
オカマと飲むと楽しくって
時間を忘れてしまうぜぃ

続き楽しみにしてるにゃー

Posted by あき at 2012年09月10日 21:53
8ちゃん、おひさしぶりーふっ!

ミナミをずずずいーと紹介してもらえたよ(^O^)/
私的にはふた昔も前には(;一_一)
年に数回アメ村方面や心斎橋にがんばって
よそ行きしてたなあ〜(遠い昔、、、)
『北極星』のオムライス食べに行ったわ。

しかし、テレビで法善寺横丁・宗右衛門町などなど、見聞きするけど、単純にグルメ方面で。
8ちゃんが案内すると、深いなあ〜〜。

鶴橋バージョンもしかり、大阪の今昔物語!
ノスタルジィが見え隠れする♪
なんばパークスやら日本一高いビルが建築中やったり、東京に負けじと『おすまし』もええけど、
東京さんには無い『粋(すい)な感じ』や
『色気』はなくならんといてほしいな〜と
思います(関西人として関西大好きやから)

あ〜ミナミもまた行きたくなってきた(^O^)/



Posted by roro at 2012年09月10日 22:18
すご〜く健康的な話でした
友達がニューハーフショーに行って
最高に笑えたっていうの聞いて
思わずしげじい(吉本の辻本さん)
とどっちが面白い?
と聞いた私は変?
Posted by 二月のあい at 2012年09月10日 22:24
8ちゃんさま、おはよ!

朝まで光と人通りは絶えない…

8ちゃんさまの詩的でノスタルジックで深い難波界隈ご案内。堪能しました。

健康志向だけど、不健康も楽しみにしているねん。
ポチっ。



Posted by ちびくろ at 2012年09月11日 07:26
8ちゃん、おはようございます!
これから弾丸出張仙台に行ってきます。
さすがに、今年の酷暑もあり疲れてきました。
大阪はほとんどミナミに行ったことがありません。
8ちゃんのブログは、どの旅行雑誌よりも、ディープで楽しい。
本当に実際に観てきたような気になります。
今度機会があれば(予定を見るとありました!大阪)、ぜひ足をのばしてみたいです。
ディープな続きも楽しみにしています!
Posted by スイカ at 2012年09月11日 08:29
8ちゃんさん、おはよ!

朝まで光と人通りは絶えない…

8ちゃんさまの詩的でノスタルジックで深い難波界隈ご案内。堪能しました。

健康志向だけど、不健康も楽しみにしているねん。
ポチっ。



Posted by ちびくろ at 2012年09月11日 09:09
8ちゃん、おはようさんです

雨の御堂筋、月の法善寺横丁、宗右衛町ブルース…行ったことなくても知ってます♪

昔こっちのニューハーフショー観に行ったことありますが、クネクネ具合は完敗でした
あ、言わなくても御存じやったわね(*^。^*)

あんこは嫌いやけど善哉は好きな九月のみほどどより
Posted by みほどど at 2012年09月11日 09:40
8ちゃん、おはようさんです。

ミナミといえば、かな〜り昔、バブル全盛時代
会社の方に連れられて、よく飲みにいったものでした。
(遠い目.。。。 )
ただ、その頃は夜の街をふらつくばかりで土地勘がなく、
どのへんで飲んでいたのか定かではありませんが (´・д・`)ゞ

しかし、あの頃の終電過ぎのタクシー争奪戦はすごかったな〜
今じゃ考えられないけど、万札見せて、これで行ってくれとかね
若い人には想像もつかんやろね

でも昔の難波界隈を知る人からしたら、今の私が知ってるミナミもえらい変わってしもてて、
風流や情緒みたいなもんがなくなってるんやね。
時代の移り変わりでそれも自然のことなんかもしれけんけど、ちょっと残念やわ。

そんな中で法善寺横丁だけは昔の面影をようやっと残してるんやろか…
みんなの残したいいう気持ちが、何度も火災をくぐり抜けて復活させたんやもんね。

>法善寺横丁の道幅は、2.7メートル。建築基準法上は4メートル必要なのだが、この2.7メートルの道幅が、まさに横丁の命なのだ。

防災考えたら、4メートルかもしれへんけど、袖すりあうくらいやないと横丁やないよね。
大阪市も粋な配慮をしてくれたんや

「袖すり合うも他生の縁」こんな諺もありますしね。
8ちゃんやかのみちゃんも新しい形の縁ですね。どうぞこれからもよろしゅうお願いします。
(ちょっと強引なまとめかたでしたかね エヘヘ)

それではお後がよろしいようで… (*^-^*) ポチっとな
Posted by グレ・チビ ママ at 2012年09月11日 09:43
あきちゃん
おはよ

>そんで師匠は周防街の辺りに毎晩行っているのだな…。
⇒あのね。
ワシがそのような場所に行く訳が…。
ん。今、窓の外から「正直に言え!」との声が聞こえたような…。

この冗談酒場(パブ)は、大西賢示君(はるな愛)も働いとったことがあるんやで。
客によって、値段を変えるちゅう噂もあるけど、まあ、中には、行儀の悪い客もおるからなー
あきちゃんが、働くんやったら、通うわ。

いつもありがとね。
ポチン




roroちゃん
まいどー

そうか。
アメ村、荒らしとったか。
アメ村は、もうアカンわ。
昔、萬里子おばちゃんや若もんが、手作りで街づくりしてた店は、殆どないし、今は、修学旅行客相手の押し売りゾーンになっとるわ。
今は、堀江とか江戸堀、京町堀のほうが、おもろいかも知れんな。

北極星のオムライスか。
毎日、限定20食の定食があって、開店の11時ごろから行ったわ。
基本は、やっぱり「プレーン」やな。

>8ちゃんが案内すると、深いなあ〜〜。
⇒アンガトね。
まだまだ、大阪には、残ってるもんもたくさんあるで。

いつもありがとね。





二月のあいちゃん
まいど

>聞いた私は変?
⇒変です(キッパリ)。
まあ、しげじいみたいなヤツも混じってるけど…。
辻本君は、ちょっと前までは自宅が天下茶屋やったんで、あのあたりでよう見かけたわ。
いつも、べっぴんさん(絶対、嫁さんとは違うと思う)と一緒やったで。

新喜劇も座長がみんな若くなって、ベテランとうまいこと行ってるんやろか心配や。

いつもありがとね。





ちびくろちゃん
まいど×まいど

>8ちゃんさまの詩的でノスタルジックで深い…。
⇒そうか。そうか。
もっと、言うて
ワシ褒められて、伸びるタイプやから…。

>不健康も楽しみにしているねん…。
⇒不健康ではなく、大人の…。
R20って書いとこかな

いつもありがとね





スイカちゃん
まいどー

え”−
弾丸仙台かいな。
厳しいのー
牛タン、喰う時間あるんか?

大阪くるんや。
時間作って、ミナミもいくんやで。
出来れば、スーツとか着替えてカジュアルな格好が気楽やで、
難波、ウロウロして、1駅のって通天閣で串カツ喰ったらエエねん。
時間あったら、芝居小屋(大衆演劇)ものぞきや。

いつもありがとね。




Posted by 8ちゃん at 2012年09月11日 10:19
みほどどちゃん
まいど

>雨の御堂筋、月の法善寺横丁、宗右衛町ブルース…。
⇒月の法善寺横丁だけが、突出して古いのは…。

>あ、言わなくても御存じやったわね(*^。^*)
⇒だから、ワシ無実や言うてるやん…(汗)。

善哉には、小豆が入ってるけど、大丈夫か。
まあ、無理せんでも、向かいに串カツの「だるま」があるから…。

いつもありがとね





グレ・チビママちゃん
まいど

確かに、タクシーは捕まらへんかったな。
12月なんか最悪やったわ。
乗ってから、近くの行き先言うと、「故障です」言うて、降ろしよるねん。
「どこが故障かみたるから、ボンネット開けんかい!」言うてボンネット開けさせた人がおったで。
今は、大阪はタクシーが余ってて、中には、よう道知らんヤツもおるで。

>8ちゃんやかのみちゃんも新しい形の縁ですね
⇒そのとおりやわ。
かのみ姐さんのおかげで、沢山のひとと知り合いになれたんやね。
こちらこそ、よろしゅうお願いします。

いつもありがとね。
Posted by 8ちゃん at 2012年09月11日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。