あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月20日

危険な火遊び

イスラム教の預言者ムハンマドを冒涜する内容で物議を醸している「イノセンス・オブ・ムスリムズ」(Innocence of Muslims)という映画がある。
「無邪気なイスラム教徒」といった訳になるのだろうか。

元々は、「砂漠の戦士たち」という原題だったようだが、制作したナクーラ・バシーリー・ナクーラというエジプト出身のおっさんが、イスラム教徒の逆鱗に触れるような内容に変えたため、世界中でイスラム教徒が過激な抗議活動を行い、チュニジアの首都チュニスでは、米大使館前に集まった群衆が米国旗を燃やした。
エジプト・カイロの米大使館前のデモは、夜通し行われ、モロッコやスーダン、パレスチナ自治区のガザでも大規模なデモがあった。

そして、遂に、リビア東部ベンガジでは、アメリカ領事館が襲撃され、領事館内にいたクリストファー・スティーブンス駐リビア大使と職員3人が殺されるといった事態に至っているのだ。
世界では、中国人による日本企業などへの破壊、放火、略奪といったニュースより、このイスラム教徒の過激な活動の方が、伝えられる回数や時間が多いのである。

もっとも、一連のイスラム教徒による過激な行動のうち、リビア大使殺害事件については、米政府は「襲撃は、大使を狙った計画された軍事攻撃である。」との見解をもっている。
襲撃が統制、連携されており、訓練されたものである可能性が高いことと、大使や領事館の職員37名が、襲撃を察知して、秘密の避難場所に逃げ込んだ瞬間、砲撃が正確に秘密の避難場所だけを狙って行われたというのがその理由だ。
襲撃が行われたのが、ちょうど米国同時多発テロがあった9月11日であることも偶然とは言い切れないだろう。

事態を重視したアメリカ公安当局は、映画を作製したナクーラ・バシーリー・ナクーラの取調べを始めたようであるが、アメリカでは、表現の自由は最も尊重されるため、何の罪状で取調べをしているのか不明である。
ただし、ナクーラの家族は、早い段階でカリフォルニアの自宅からどこかへ身を隠したそうであるから、ナク―ラ自身は、自分の作った映画がどのような結果を招くのかということを知っていたのだろう。
テロや襲撃を行った側が悪いのには決まっているが、実際に、死者が出ていることを考えると、このナクーラというおっさんは、極めて無責任であるといわざるを得ないのだ。

一方、この映画に出演した女優のアンナ・グルジは、自身はあくまでもナクーラの計画には関与していなかったと主張している。
彼女は、身の危険を感じながらも、「真実を語るほかに、何をしたらいいのかわからない。自分にはやましいことはなに一つないので身を隠すつもりはない。私が真相を明らかにしなければ、生きる価値のある世界などない。」と雲隠れは考えていないそうだ。

しかし、ネット上でこの映画は簡単に見ることが出来るのだが、一体どのあたりがイスラム教への冒涜なのか、私には難しすぎてよく分からない。
http://www.youtube.com/watch?v=MAiOEV0v2RM
イスラム教についての、お勉強を少ししておく必要がありそうだ。

今回、イスラム教徒がバカにされたと憤る人物であるムハンマドは、ノア、アブラハム、モーセ、イエスと並ぶ神の預言者である。
現在、世界の総人口70億人のうち、キリスト教徒が22億人、イスラム教徒は14億人である。
その後、ヒンズー教が9億人といってもこれはインドに集中しているし、仏教に至っては、我々日本人にはなじみが深いものの、教徒は約4億人しかいないのだ。
その世界第2位の教徒を持つイスラム教の教えは、ムハンマドの予言がすべてである。

キリスト教もイスラム教もユダヤ教から分離していったもので、崇拝すべき「神」は同じであるが、伝えた者が違うのだ。
イスラム教はムハンマドであり、キリスト教ではイエスであるが、ムハマドが預言者であるのに対し、イエスは、救世主(メシア)と呼ばれている。
もう、こうなってくると、何がなんやら分からなくなってきたが、預言者というのは、神のお告げを聞いて伝えることができる人なのだそうだ。
ノア、アブラハム、モーセ、イエス、そしてムハンマドの5人の預言者らのうち、ムハンマドは登場した順番では、一番最後であることから「最後の預言者」と呼ばれている。
ムハンマド以降の預言者は現れなかったので、ムハンマドが聞いた神のお告げをまとめた「コーラン」が絶対不変なものとなるらしいのだ。

「コーラン」は、イスラム教徒がなすべき行動や考え方だけでなく、生活や食べものに至るまで、すべてを規定した書物である。
そして、イスラム教においては、偶像というものがなく、「神」や「ムハンマド」を描いた絵や彫刻の類は一切存在しない。

その姿を決して見せることがないムハンマドが映画に出演したのである。
これは、イスラム教徒にとっては、吉田沙保里が、警備中に気弱な泥棒にフォール負けしたくらいのショックなのだ。
さらに、ムハンマドがキリスト教信者に暴力を振るったり、卑猥な行動をしたりしたものだから、イスラム教徒の怒りが爆発したのだろう。
さらには、その映画を製作した国がアメリカで、ただでさえいつも、天敵のイスラエルの肩を持つアメリカをこの際、叩き潰せということになったのだろう。

とはいえ、如何なる理由があっても、人殺しを含むテロ行為は、許されるものではない。
一方で、表現の自由は尊重されても、自分が責任を取れない重大な危機が、十分予測されるのに映画を作った製作者に罪が全くないわけでもないだろう。

本人は、火遊びのつもりでも、大火事になることもあるのだ。
この映画は、決してInnocenceではないようである。



posted by 8ちゃん at 16:25| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
映画見たけどわかりません
英語やし・・・
いくら表現の自由といえども
自分が発した表現に対して責任は取らなければいけません!
ナクーラのおっさんも無邪気にこんな映画作ってはいけません

私なんか自慢やないけど
口げんかに勝ったことないし
ケンカしてても どこまで言うてええんやろうかとか
頭の中でまとめてるうちにもう相手おらへんし
家に帰ってからああいえば良かったと
何度くやしい思いしたか!
Posted by 二月のあい at 2012年09月20日 19:03
8ちゃん、おこんばんは!

「イノセンス・オブ・ムスリムズ」8ちゃんが貼り付けてくれていたので見てみましたが
ナクーラさんは何を言いたくてこれを作ったんかな?
おふざけなのか、本気なのかわからんちん ( ̄ヘ ̄;)ウーン

でもこの映像でイスラム教徒にこれだけの行動をとらせたんやから、その影響力たるやすごい。
ナクーラいう人はここまでなることをわかって作ったんかも?
対アメリカへの抗議行動のきっかけ作りが目的やった?とまで勘ぐってしまいまする。

>キリスト教もイスラム教もユダヤ教から分離していったもので、崇拝すべき「神」は同じであるが、伝えた者が違うのだ。

崇拝すべき「神」は同じなら、なんでこうまで宗教でもめるんやろ、仲良うやられへんのかな?

>「コーラン」は、イスラム教徒がなすべき行動や考え方だけでなく、生活や食べものに至るまで、すべてを規定した書物である。

私からしたら、神様いうたらこんなにきっちり規定を決めるんやろか思てしまうねんけどね (・・*)。。oO

世界の中では私ら日本人の宗教観の方が変わってるんやろうね。
Posted by グレ・チビ ママ at 2012年09月20日 21:52
 う〜〜〜〜ん。
 お馬鹿な私にはよくわからないんだけど、二人とも神様と違うんやったら本物の神様はこういういがみ合いを視てるのが悲しいやろうね。

 こんな戦いでも裏で糸を引いてはる人がいるんやろうな〜。
 自分の儲けのために。
 武器って高そうやもん。
 どの戦争でも最前線の人は信じて飛び込んで行ってるのに、ふんぞり返ってお金を数えている人がいる。
 何百年も操られてたら、関係ない人でも憎めるようになるのかな?
 群集の心理って恐ろしいです。

 二月のあいさん、私も同じです。
 傷つけたらあかへんやろな〜って思うと言うのをためらっちゃいます。^^

 グレ・チビママさんの考えに納得!
 神様って懐が深いからこそ細かい事なんて気にせずに見守ってくれてはると思うねん。
 人間だけではなく、動植物も、みんな同じなんじゃないかな〜?
 日本人が変わっているのかもしれませんが、日本に生まれてよかった〜。
 息子君を戦争になんて行かせたくありませんよ!!!
 
Posted by ナウシカアコ at 2012年09月21日 03:43
二月のあいちゃん
まいどー

>私なんか自慢やないけど
口げんかに勝ったことないし…。
⇒そうやで。「自慢」やで。
喧嘩に勝っても、何を得るちゅうねん。
世間を狭くするだけやと思うで。
ワシも、あいちゃんやナウシカアコちゃんみたいに、こころ広くする修行するわ(誰や!今さら遅いって言うてるヤツは)。

ナクーラちゅうおっさんもイカンけど、基本的には、何があっても、どんな腹立つことあっても、人殺しした瞬間に全ての正義が崩壊して、犯罪になるんや。
犯罪に正当性は全くないと思うで。

それにしても、何でも放映されるネットの世界は便利やけど、怖いな。

いつもありがとね。
またきてやー





グレ・チビママ
まいどー

>ナクーラいう人はここまでなることをわかって作ったんかも?
対アメリカへの抗議行動のきっかけ作りが目的やった?
⇒それは十分考えられるな。
でも、このナクーラちゅうおっさんは、ちょっと前までCIAの協力者やったんやで。
イスラム過激派関係のアメリカ国内の銀行口座なんかの情報を伝えて、当局から結構な金額の報酬もらっとったみたいやわ。
そんな、情報通のナクーラおっちゃんやから、これ放映したらどんな結果招くということは、十分承知しとったと思うで。

アメリカも、リビア大使を含めて4人のアメリカ人が殺された訳やから、黙っとることは出来んやろ。
次のステージは、領事館襲撃犯を逮捕または射殺した時点で、イスラム勢がどんな動きをみせるかということやな。

>世界の中では私ら日本人の宗教観の方が変わってるんやろうね
⇒宗教は、時として、深い憎しみを生むことがあるな。
日本人は、基本的には無宗教って言われるけど、アミニズム(自然崇拝)では世界に類を見ない「畏れ」という感情を持った民族なんよ。
「悪いことしたら、神さんに怒られる。」
これが、日本人の根底やし、理性の源やと思うわ。
だから、世界に誇ってもエエとワシは考えてる。

いつもありがとね
エエ週末にするんやでー





ナウシカアコちゃん
まいどー

>本物の神様はこういういがみ合いを視てるのが悲しいやろうね。
⇒まったくそのとおりやで。
神様だけやない。世界中の心ある人は、心配してると思うわ。

>こんな戦いでも裏で糸を引いてはる人がいるんやろうな〜。
 自分の儲けのために。
 武器って高そうやもん。
⇒おる。おる。
いっぱいおるねん。
そこが最大の問題やわ。
イラクでも、イラン革命のときは、アメリカはイラクに大量の武器を売ったんやで。
せやのに、今度はイラクのフセインが力もちだしたら、サウジやクウェートなんかの周辺国に大量の武器を売っとる。
今は、「シリアやイランが攻めて来るぞー」ちゅう危機を煽って、せっせと武器売っとるわ。
ロシアや中国も武器商売は活況を呈してるらしいで。

>息子君を戦争になんて行かせたくありませんよ!!!
⇒ナウシカアコちゃん、そこやで。そこが一番大事なとこやで。
中国や韓国との領土問題で、日本の軍隊を徴兵制にせいという意見がおおっぴらに出始めてるんや。
怖いことやで。
軍隊強化、徴兵制復活とか言うてるおっさんたちは、決して自分は危ない目せえへん。
どんな強力な武器揃えても、何人兵隊増やしても、あらゆる戦争に「勝者」なない。
どっちの国も国民が死んで、傷つくだけや。

政治は確かにアホやけど、日本に生まれてよかったということを認識せんとイカンな。

いつもありがとね。
ポチッ










Posted by 8ちゃん at 2012年09月21日 10:59
こんにちは。

イスラムにとってムハンマドの存在は、日本の天皇以上なのだろうな〜という程度の感覚でしたので、今日の解説はとても助かります。
それにしても8チャンネルさんの解説は、分かりやすいです。いつも感心しています!

また昨日は、分かりやすいアドバイスをありがとうございます!

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年09月21日 11:37
YHさん

ご訪問、ありがとうございます。

イスラム社会の話は、宗派や民族の問題も絡んでいるため、奥が深くて複雑です。
どんな場合でも、相手の立場や感情に配慮することが、無用のトラブルを避ける最善手かもしれませんね。

昨日は、差し出がましいことをいたしまして、申し訳ございません。
事態が進展するとよいですね。

ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年09月21日 13:16
8ちゃん様
イスラム過激派の反米感情といい、中国の反日感情といい、ホントに難しい!歴史的なものが大きいからなかなか解決しないんでしょうね。
であれば、お互いに「刺激しない」というのが一番いいんやろうなぁ。
エイリアンが地球を侵略しに来た時には
地球人が団結して頑張れるのかもしれませんね。
Posted by ちゃう×3 at 2012年09月21日 15:55
ちゃう×3ちゃん
まいどー

言うべきことは言ってもエエけど、その内容は「正論」でないとアカンな。
これだけ、国際社会が複雑化してくると、利害がいろんな所で絡み合って、国連なんかも機能しなくなるわ。
シリアなんかも、国連全加盟国の大多数が、即時停戦やシリアへの圧力を求める中、シリア利権のあるロシアや中国は反対してるし…。
アメリカも世界のリーダーでもなくなったみたいやしな。

>エイリアンが地球を侵略しに来た時には
地球人が団結して頑張れるのかもしれませんね…。
⇒ちゃう×3ちゃんやったら、ひとりでも十分闘えるような気もするが…。

いつもありがとね
ポチン
Posted by 8ちゃん at 2012年09月21日 16:55
8ちゃんさん
>犯罪に正当性はまったくないと思うで
私も同感です。

信仰は自由と思うけど、傷つけあったり、命を奪ってはいけませんよね。

私は日本が戦争への準備をしているように思えてなりません。
数年がかりで、着々と進めているのではないだろうか・・。
ある日突然、町中の監視カメラが犯罪防止でなく
政府に反抗する不穏分子摘発に使われるのでなないかと・・。

「秘密保全法制」や「盗聴法」も危ういのではと思っています。

8ちゃんさんの過去ログをまだ全部読んでないので(ごめんなさい)
もしかしてこの事にも触れているのではと思いますが・・。

とりとめのないコメントでごめんなさい。
また来ますね!

Posted by ホワイト at 2012年09月21日 21:24
8ちゃん、こんばんわ

あの〜
>その姿を決して見せることがないムハンマドが映画に出演したのである。

イスラム教徒はどうやって映画に出た人が本物のムハンマドやとわかったんでしょうか?
あれ(゚.゚)?、写真は公表済みなんでしょうか
そうじゃないと判断のしようがないですよね(^_^;)
失礼しましたm(__)m
Posted by みほどど at 2012年09月22日 20:38
ホワイトちゃん
まいど

>私は日本が戦争への準備をしているように思えてなりません…。
⇒右翼政治家や右翼評論家は、中国や韓国の事件を契機に日本の軍備拡張、場合によっては徴兵制までもって行こうとしてるのかも知れんな。
中国や韓国の蛮行は、非難されて当然やし、蒙った損害に対しては、国際ルールに基づいて、国家に対して損害賠償請求をせんとイカン。

ただし、問題の解決方法を「毅然たる態度」に求めるのは、分かるけど、この「毅然たる態度」の捉え方が、右翼組は軍事力に持っていこうとしてるんやないか。

絶対に忘れてはならないのは、現在の軍事紛争や戦争には、「勝者」がないこと。

1万人殺した方が、1000人殺した方よりも「勝ち」ちゅうな理屈は、絶対にない。
いつでも、傷つくのは、女性や子供と言った弱者やもん。

>「秘密保全法制」や「盗聴法」も危ういのではと思っています…。
⇒関連してこんなことも書いてるから、みといてや。
http://senbero8chan.seesaa.net/article/278510504.html

いつもありがとね。




みほどどちゃん
まいどー

>イスラム教徒はどうやって映画に出た人が本物のムハンマドやとわかったんでしょうか
⇒映画の中で、自分は預言者やと名乗ってるし、筋書きから、ムハンマド(マホメット)とすぐに分かる設定やったみたいやで。
ムハンマドが生まれたのは西暦570年頃らしいから、写真(1800年ごろ発明)はなかったやろな。

いずれにしても、ワシらにとって「どうでもエエやん」と思うようなことでも、「大事件や」と感じる人がおることも知っとく必要があるね。

いつもありがとね。
Posted by 8ちゃん at 2012年09月24日 09:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。