あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年12月10日

児童虐待 〜児童養護施設の闇(2)

児童養護施設は、過去においては孤児院と呼ばれていた。
現在はむしろ孤児は少なく、親はいるが養育不可能になったため預けられている場合が圧倒的に多い。中でも、虐待のため実の親から離れて生活をせざるを得なくなった児童の割合が年々増加している。
この現実が、現在の児童養護施設が抱える問題を如実にあらわしているのだ。

両親が、事故などで他界して、孤児となった児童などを養護する目的で、設けられた児童動養護施設であったが、現在、児童養護施設に入所している児童の83.2%が両親または、どちらかの親は存命している。
現在、児童の入所理由で最も多いのは、親の育児放棄や虐待なのである。
中には、親が自分の子供の養育を公然と拒否して施設に保護されているといった、考えられない理由での入所児童が少なからず(全体の4.4%)いるのだ。
しかも、入所時点の年齢の平均が、5歳であることを考えると、幼児期からの虐待や育児放棄の現状が垣間見える。

児童養護施設に入所中の31,593人のうち、何らかの虐待を受けた児童は、全体の53.5%にあたる16,867人にも達し、その内容も、身体的虐待6,707人(39.8%)、性的虐待664人(3.9%)、育児放棄(レグレクト)11,159人(66.2%)および心理的虐待が3,440(20.4%)となっている。
構成比が100を超えるのは、2つ以上の種類の虐待を受けているものがいるからである。

一方、これを受け入れる児童養護施設の受け入れ態勢はどうだろうか。

児童福祉法には施設の規模概要を定める「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」というものがある。
ここに、施設構造物の基準や職員の人員についての基準が定められているのだ。

児童福祉施設の設備及び運営に関する基準の第42条によると、職員の数は、児童の年齢により、3歳未満の幼児については、幼児2人につき職員が1人、三歳以上の幼児は4人につき1人、少年(小学校就学の始期から、満十八歳に達するまでの者)は6人につき1人となっている。
この人数までは、国から人件費として予算が計上される。
数字だけ見れば、ケアが可能なようにも思える。
ただし、この数字には重大な問題が隠れているのだ。

もともと、児童養護施設は孤児院というスタイルからスタートしている。
そこでは、「住み込み」の「断続勤務」による職員の勤務体制が一般的だったのだ。
その後、国は、労働行政の中で、労働時間短縮、通勤制、や交替制といった勤務体制を推進し、現在の企業の大半はこれに従っている。

ところが、先に書いた、児童1人あたりの職員数の基準は、職員が24時間勤務をすることが前提となっているのだ。
職員が、1年間24時間、365日働き続けるケースでの、少年6人に対して、職員が1名といった計算で、国の予算は作成されるのだ。

つまり、12時間×2の2交代制で勤務を行った場合は、2名の職員に対して、1人分の予算しか国は施設に与えない。
3交代なら、3人で1人分の給料なのである。
また、この基準ができた1980年の法定勤務時間は、1日9時間労働、週6日勤務の54時間である。
予算を抑えながら、現在の週40時間の勤務制限を守らせたら、職員の数は国が予算化する金額の何倍も必要となるのだが、そんなに人員を多く抱えられるほど、児童養護施設は裕福ではない。

この矛盾があるため、施設では職員に対して、過酷な労働を課することになる。


次回、最終回へ続く。




ラベル:児童養護施設
posted by 8ちゃん at 16:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 やっと帰ってこれたよ〜。
 お熱も今朝計ったら37度台に下がっててん。
 悲しい気持ちに変わりは無いけれど、身体はちょっとずつ元気になってるよ。
 ホンマにおおきにやで。

 ところで、こんな矛盾した予算の上で成り立ってるの!??
 まあ親も親なんやね〜。
 なんか悲しくなるわ。

 私ね、あまり丈夫なほうじゃなくって自分が子供を産めるとは思っていなかったの。
 だから結婚するときに旦那様にこないに言うてん。

「5年頑張って子供が出来へんかったらすっぱえいあきらめよ。
 世の中には家庭に恵まれなかった子がよおさんいてはるから、ナウシカアコ、そういう子供達のお母さんになりたい。
 それでもよかったら結婚するわ。」

 神様仏様っていらっしゃるのなら見てくれていたのかな?
 息子君を授かり、今は毎日息子君のお友達が遊びに来てくれているので大賑わいだけど、将来息子君が独り立ちをして生活に余裕が出来たら、お父さんとお母さんが欲しいと思っている子のお母さんになれたらいいなって思います。
 
 明日の最終回、気になるわぁ。
 ハッピーエンドには・・・・・・ならへんか。
Posted by ナウシカアコ at 2012年12月11日 08:28
ナウシカアコちゃん
まいど

そうか。
37度になったか。
もう一息やな。

役人とか、政治家の考えることは、「作ればいい」だけやで。
実際にそこで働く人みたいな苦労せんと、代議士の息子が地盤や金を引き継いで、そのまま代議士になるから、底辺の苦労なんか、知らへんねん。

アコちゃんみたいに、子供を「授かった」感謝を持ってる人がいっぱいおる中で、ほしいと思わんのに、子供が「出来てしまった」人も、おるんやね。

子供を育てるのは、大変やけど、子供は、国の宝でもあるんやから、国が応援するのは当たり前。
そして、地域や社会もそれに協力できるような仕組みをつくっていかなアカンと思うわ。

今日もさぶいけど、がんばって、徒歩5分の銀行と、徒歩10分の薬屋と、徒歩7分のスーパーに行くんやで。

いつもありがとね。
ポチン



Posted by 8ちゃん at 2012年12月11日 09:40
>負けないで!って言ってあげたい。
静かに 抱きしめてあげたい。
⇒ワシも、ついでに…。

ふきました(笑)。
重いテーマであっても
優しさとおかしみの感じられる
このコメ欄が好きです。

私は、「産む」という根源のところを
大切にすれば、子供に愛情を持てない
という問題の大部分は解決するような
気がしています。

「抱きしめる」といえば、
三砂ちづるさんの『タッチハンガー』等々、
一連の著書おすすめです。
Posted by どどすこドンロゴス at 2012年12月11日 09:49
ナウシカアコさん、お体、大丈夫ですか?

私、子供の頃に、同級生の前川君のお母さんが凄く体の弱い人だったの。で、母一人、子一人だったみたいで、参観日とか、前川君のお母さんは病院に行ってるから来れなくて、いつも、前川君は参観日は寂しい日だったんだけど、ある日、お母さんが、普通の日に、授業参観させて欲しいって、来たんだよ。白くって、弱々しくって、、、、でも、美しかった。
その日、前川君はとても嬉しそうで、いつも明るい前川君なんだけど、もっと元気でかわいかったさ。

あと、隣の席だった、あきらくんはお母さんが小さい頃に死んじゃってて、お父さんと二人暮らしで、あきらくんも、誰も参観日に来てくれない傾向の人だったんだけど、一回、お父さん来てくれたことがあった。あきらくんは無口な子だったから、照れた感じでにやにやしてた。あきらくんはいつも、受け身な感じだった。。。なぜか、その後、お父さんが突然死んじゃって、あきらくんは施設に行く事になって転校しちゃったの。
あきらくんが、施設でいじめられてなくて、今も元気でいるといいなって、心から思います。あきらくんの事を思うと心が痛みます。何の前触れもなく、さよならもなく、消えてしまったんだもん。
Posted by miniko at 2012年12月11日 11:45
どどすこドンロゴスちゃん
まいど

ワシ、基礎体温が高いから、抱きしめたら暖房用効果、期待できるのに…。

>私は、「産む」という根源のところを大切にすれば、子供に愛情を持てないという問題の大部分は解決するような気がしています。

⇒そうやねん。
そのとおりやねん。
中絶まで行く前の避妊が大事やと思うわ。
男にも大きな責任があるで。
簡単に子供作って、簡単に育児放棄して、簡単に捨てる。
これは、犯罪やで。

三砂さんの本の話は、あっちこっちで聞くけど、まだ読めてないんよ。
でも、この人の本が売れてるって言うことは、まだまだ人を思いやる気持ちが、日本人の心に、いっぱいある証やから、うれしいわ。
うん。
今度、読んでみる。

いつもありがとね。
Posted by 8ちゃん at 2012年12月11日 11:54
minikoちゃん
まいど

そうか。
いろんな思い出があるんやね。
明君は、きっと立派に育って、元気でおるわ。

ワシの小学校の同級生にも、Y君っていうのがおって、お父さんがいなくて、お母さんがリヤカーで、廃品回収の仕事してたんよ。
遠足とかも、弁当がなくて、行かへんって言うてたんやけど、岡田先生ちゅう、綺麗で、やさしい先生が、Y君の弁当も作って、一緒に行ったわ。
Y君とはよう遊んでたし、ワシちょっと、やんちゃやったから、ある日、Y君の家庭のこと、ゴミ屋とか、なんや、かんや言うガキがおって、腹立つから、その悪口言うたガキ、どつき倒して、顔とか蹴りまくったてん。

ウチの親が、学校に呼ばれて、先生とか、相手の親にエライこと文句言われて、謝ったらしいけど、ウチの親、ワシに、顔蹴ったらアカンちゅう以外は、何も言わへんかったわ。

今から考えたら、ワシが悪いにきまっとるし、迷惑な息子やったと思うで。

いつもありがとね。


Posted by 8ちゃん at 2012年12月11日 13:12
こんにちは

児童養護施設の職員さんは
すごく大事な仕事なので
公務員だと思ってました
本当に常識知らずですいません

8ちゃんさんの親御さんは
物事をちゃんと見てくださる方なんですね
エピソードに感動しました。
Posted by 二月のあい at 2012年12月11日 16:53
2月のあいちゃん
まいど

>公務員だと思ってました
⇒これが実は大きな問題で、養護施設で何かあった場合(入所児童が、怪我をした場合など)、国家賠償法に基づいて損害賠償請求できるかどうかについては、判例も分かれるんよ。
「公権力の行使」の解釈やな。
実態的には、公立⇒民間委託のケースが多いから、身分的には私法人やで。

ワシは両親を早い時期に亡くしてるから、結局は、迷惑だけかけだだけやねん。
ソロバンの塾へ行ったときも、1週間くらいで、そこの先生が家に来て、「頼むから辞めてくれ」って、言いよるねん。
騒ぐから、他の生徒の授業の邪魔になるらしいわ(笑)。

まあ、元気で、普通に生活できてるのが一番の親孝行かな。

いつもありがとね。


Posted by 8ちゃん at 2012年12月11日 17:21
8ちゃんさま

国の基準って、いつ見直しをするの?
>この矛盾があるため、施設では職員に対して、過酷な労働を課することになる。

矛盾はなくさなければダメでしょう。
議員はアホなの??
私達の大事な一票をアホに入れないようにしなくては…。

8ちゃんさんは元気で活発なお子さんだったのね。
「正義の味方」って感じ。今もだけど(^^)

児童養護施設の記事、ありがとうございました。

Posted by ホワイト at 2012年12月12日 02:02
ホワイトちゃん
まいど

あんまり、深いとこまで追い込んでない記事で、ゴメンな。
ただし、今回、児童養護施設の実態の一片が見えてきたことで、この関連ニュースの見方が少し深くなればエエと思うわ。

国の基準は、その時代錯誤な実態を知らん者が多いで。
議員にいたっては、養護施設とほかの施設の区別もつかへんのとちゃうか。
>議員はアホなの??
⇒はい。
何人かは知ってるヤツもおるけど、基本的には世間知らずやし、まじめに国民の生活や既存の制度を調査したりはせえへん。
国会議員には、歳費(給料)とは別に立法調査費として、毎月65万円、いろんな調査をするために国政調査活動費(両院で総額37億5千万円)が支給されるのに、立法調査費は、全額党に上納して、政党のテレビCMとかに使用されるし、国政調査活動費の99%は、海外への外遊費用になってるんや。

>私達の大事な一票をアホに入れないようにしなくては…。
⇒さて、ホワイトちゃんの選挙区には、「アホ」以外の候補者が、いるのでしょうか(笑)。

いつもありがとね。
また、何かリクエストあったら(自信ないけど)書くで。

Posted by 8ちゃん at 2012年12月12日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。