あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年12月11日

児童虐待 〜児童養護施設の闇(3)

大阪府の社会福祉協議会が調査した大阪府下にある児童養護施設など39施設に勤務する職員642人に対する聞き取りでは、職員一人当たりの1週間の実質的な勤務時間は、57時間48分となっている。
その内訳を見ると、家事援助やケア行動、施設行事など通常の業務が42時間となり、これだけで、法定労働時間の週40時間を超えているのだが、そのほかに、子どもの処遇についての引き継ぎ会議などが7時間24分、学校や児童相談所などとの連携業務が2時間24分、子どもの情緒や行動への対応が2時間18分にも及んでいたのだ。
さらに、休日も職員の3分の1は常に出勤して、日常業務などにかかわっている現状が浮き彫りになっている。

イギリスでは子ども2人に職員が1人つくし、アメリカでは子ども1人に職員が2人配置されるのが一般的だ。
こんな世界の実情を考えると、日本の児童養護施設に予算的な処遇は未開国並だろう。
こんな基準を作った役人や政治家が、日本という国を支配している不幸を再度認識させられるのだ。

このような、児童養護施設における職員は、日々、過酷な労働を強いられているのだが、現場では、児童を守る立場にある職員自身が身の危険にさらされることがあるのだ。

職員に対する聞き取りでは、児童や保護者から暴言や暴力行為を受けたことがあると答えた職員は、全体の83%にも達しており、その中には、虐待で入所してきた子どもの親が子どもに会わせろと迫り、刃物を出して脅す例もあって、警察を呼んで対処したものもある。
突然、施設に入ってきて、子どもを殴る保護者もいるのだ。

親が、施設に対して「施設での子供の育て方が悪い。」といった本末転倒な文句を言うケースも多く、酔った保護者が施設に大声でそのようなクレームをつけに来るケースもある。
自分の子供が施設に預けられた原因である虐待は棚に上げて、えらそうな育児論を展開するこんな親にも、職員は対応しなければならないのだ。

少年といっても、18歳まで預かれば、若い女性職員に高学年の少年が性的行為を迫った例など、職員が性的欲望のターゲットにされる例もある。

そのほかにも、暴れる子どもを制止しようとして職員が負傷したり、施設の壁を殴ったり、ものにあたるといった例や、高校生の男の子などが若い女性の職員に従わなかったり、威嚇・威圧的な態度をとったりすることは日常茶飯事である。

自身が親などに虐待されて入所してきた少年や児童は、自身の虐待経緯があるため、暴言や暴力などが日常的な感覚の中にあり、職員に対してもそのような行為に出るのだろうか。
比較するのはどうかとも思うが、捨てられたペットなどが、過去に、人間から虐待を受けたケースでは、なかなか人間を近寄らせない。
心の傷は、血の出る傷よりも深い場合があるのだ。


児童養護施設に在籍する児童数は増加の一途を辿っており、親子共に虐待などの問題を抱えている家庭が増えている中で、職員の心と身体の疲労も限界に達しており、追い詰められて自殺する職員や、うつ病を患って退職する職員が後を絶たない。
不幸なことに、職員の中には、その鬱積を児童への暴力に転嫁するものも実際にいるだろう。
そんな暴力職員を庇う気持ちは全くないが、その再発防止のためには、児童養護施設の原状と問題点について、正確な把握と分析を行う必要があるのだ。

この問題を放置すれば、施設内での犯罪の発生も含め、重大な危険性があることは、火を見るより明らかだ。


今回の衆議院議員選挙において、「福祉」という言葉はどの政党も、大声を上げて連呼しているが、具体的な福祉の現状を把握している候補者が、いったいどれくらいいるのだろうか。
少なくとも、児童養護施設に1回でも足を運んで、その現状をその目で見た政治家がいてほしいのだが、票にならないところは、どの政治家も関心がないのだ。

児童は、親の元で幸せに暮らすのが一番である。
しかし、そんな幸せな家庭を知らない児童も日本には多くいるのだ。
親になる資格のない人間が、子供を育てる気持ちもないのに、SEXの享楽だけを求めて、安易に子供を生んでしまう社会では、子供はいつまでも無力な被害者である。

子育てに悩んだときに、親族も、地域も、行政も十分な手助けをすることができず、母親をネグレクトに追い込んではいないだろうか。

児童養護施設に対しても、運動場で遊ぶ児童に対し、「うるさい」と苦情の電話がくることが多いという。
母親が守れなかった、そして、社会が守れなかったこの子供たちには罪はない。


私たちに、今、何ができるのだろうか。


児童福祉法
第1条
すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
すべての児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。
第2条
国および地方公共団体は、児童の保護者とともに、自動を心身ともに健やかに育成する責任を負う。



posted by 8ちゃん at 16:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今は核家族が多くなっていますが家庭に両親や祖父母がいるように、児童養護施設で働く職員とそこで暮らす子供たち、お互いのためにも職員の年齢や性別はかたまっていてはいけませんね

職員が完全に“職業”と割り切ってやっているようでは子供たちの安心や満足は得られないように思います…ん〜、満足という表現はおかしいですが

一生懸命やる人ほど自分の生活にしわ寄せがいくと言うか、しんどい思いをしていることはまちがいないでしょうね

子供たちの未来にかかわるほんとに大変で大切な仕事やと思います
職員が気持ちや体に余裕を持って働けるようにはどうしたらいいのか、家庭で生活できん子供たちがどういう環境で生活するのが幸せなんか、法律を決める立場の人たちは考えてほしいです
Posted by みほどど at 2012年12月11日 21:23
8ちゃん、おこんばんは〜

実は昨日の記事にも途中までコメ書いて・・・
色々考えてるうちに書くのやめたのです。
実情はそうなんだろうなと思います。

それしか言葉ないです。

私たちに、出来る事ってなんだろ?
Posted by なろまゆ at 2012年12月12日 01:09
8ちゃんさま

児童福祉法をどれだけの人が知っているのでしょうか。
子どもは社会で育てるもので、親の責任だけではないですよね。

>第2条
国および地方公共団体は、児童の保護者とともに、自動を心身ともに健やかに育成する責任を負う。
…安倍さん、わかってるのかしら。


国会議員のみなさまは、どの程度ご存じなのか。
票にならないところは関心がないなんて、、、。
「国民の皆様のために...」なんて、よく言うよ!っていう感じです。

Posted by ホワイト at 2012年12月12日 01:19
 児童福祉法・・・・・・あんまり守られて無い気がします。
 政治家の皆さん、サンタの格好しておやつ配るぐらいしはったらよろしいのに。
 政治家の皆さんが子供達を大切にしていたら、めったにいないと思いたいけどたま〜〜〜〜にいる子供達に良くない事をする人なんていなくなりそうやのになぁ。
 私もホワイトさんと同じ意見です。
 
 あなた方にとって国民の皆様って何人???って聞きたいです。
Posted by ナウシカアコ at 2012年12月12日 03:06
みほどどちゃん
まいど

>お互いのためにも職員の年齢や性別はかたまっていてはいけませんね
⇒それは大事なことかも知れんな。
擬似家庭ちゅうたら、語弊があるけど、この子たちにとっては、そこは「家庭」やもんね。

>職員が気持ちや体に余裕を持って働けるようにはどうしたらいいのか
⇒いろいろあるやろけど、施設や職員を社会から孤立させない方策が必要やね。
社会全体で子供を育てる中の、施設はその一部分で、その底辺を支えるのは地位社会や行政という構図を作らんとイカンな。

今度の選挙では、どの政党も社会的弱者についての政策が曖昧やねん。
TPPとか原発も大事やろけど、国の最大の仕事は、国民が安心して生活できるステージを作ることやで。

激戦区の高知県やけど、エエひと選ぶんやで。
いつもありがとね。





なろまゆちゃん
まいど

>実は昨日の記事にも途中までコメ書いて・・・
色々考えてるうちに書くのやめたのです。
⇒そうか。
なろまゆちゃんは、いろんな事に気遣いや配慮するもんな。
書いた文書で誤解が出るんとちゃうかとか、みんなと違う考え書いて迷惑にならんかとか…。
ワシ、なろまゆちゃんの心の中、見えるような気がするわ。

そんなこと、なんも、気にせんでもエエんやで。
このブログは、ワシのブログやから、何書いてもOKやし、書きたいときだけ書いたらエエし、記事と関係ないことも大歓迎やで。

雪かき大変なんとちゃうか?
記録的な寒波が来てるらしいで。
雪には慣れてるやろけど、12月の中旬に、これだけの大雪が降るのは珍しいな。

スッテンコロリンに注意やで。
いつもありがとね。





ホワイトちゃん
まいど

児童福祉法みたいな法律は世界中にあるけど、国連での児童権利宣言(1959年)よりも前に、日本では戦後すぐの1947年に児童福祉法が、1951年には児童憲章が出来てるんやで。

児童憲章の第2章
「すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。」
この文面がすべてやわ。
「これにかわる環境」めざして、みんなが認識をもたんとイカンな。
特に、アホ議員は。

いつもありがとね。






ナウシカアコちゃん
まいど

>政治家の皆さん、サンタの格好しておやつ配るぐらいしはったらよろしいのに。
⇒アイツらぶくぶく肥えて、煙突に詰まるんとちゃうか。

議員のアホどもの頭の中は、選挙しかないから、児童福祉では、金にも票にもならんし、大きな関心をもたへんのとちゃうか。

ナウシカアコちゃんみたいに、自分の子も近所の子も分け隔てなく愛してくれる人が、日本中に増えてきたら、ワシが理想とする「社会が子供を育てる」みたいなイメージが達成できるねん。

ナウシカアコちゃんの家に来る、アコちゃん教室の卒業生が、次の時代の日本をやさしい国にしてくれるで。

いつもありがとね
ポチン





Posted by 8ちゃん at 2012年12月12日 10:22
8ちゃん、児童養護施設のレポート読ませて頂きました。

現在の施設の状況や問題点を知りました。

ただ、悲しい現実ですね。入所している児童の大半が孤児ではなく、親がいるのに育児放棄や虐待の為施設に入所しているなんて… (´・ω・`)

本来ならば施設の数も昔より減っていていいはずなのにね。

子供が欲しくても授からない、また治療してまで子供が欲しい人もいる一方、安易に子供を産んでしまい虐待や育児放棄する人もいる現実。

子供はホントは愛されて育つものなのに、産まれてくる子は親を選べないから不憫です。

そしてその不幸の連鎖を断ち切ることは本人の努力が一番だけれど、施設の職員の方々のサポートもかなり必要だと思いますが、今の状況ではかなり難しいようですね。

>日本の中に、幸せでない子供と、それを支えるために、日夜頑張ってる人たちがいることも覚えておきたいねん

わからない、知りたくないではなく、例えそれがつらい事実でも現実を知っておくことは必要ですね。

8ちゃん、いつもヽ(*´□`*)ッ ありがとう!!
そんでもって年末でいつにましてお忙しいようですから、ぶっ倒れんよう
オキヲツケテ─(ノ*’з`*)ノネ─♪
Posted by グレ・チビ ママ at 2012年12月12日 10:57
グレ・チビママちゃん
まいど

>入所している児童の大半が孤児ではなく…。
⇒そうやねん。
児童養護施設に子供を預けた母親と子供は、2年間を目処に関係修復や育児の再開を目指すねんけど、実際には、面会の許可がある親でも、めったにしか施設には来んそうやわ。

里親に出すときにも、親権を停止した場合を除いて原則的には、親の同意が必要になるねん。
司法も実態に沿って、判断してほしいな。

>そんでもって年末でいつにましてお忙しいようですから、ぶっ倒れんよう
⇒あんがとね。
難波の豚足屋は、前は通ってるけど、まだ行ってないから、のぞくわ。
あこへ女子が入るのは、勇気いるで。

いつもありがとね。
Posted by 8ちゃん at 2012年12月12日 11:54
こんにちは。

養護施設の大変さがよくわかりました。
職員の皆さんのご苦労は、想像を超えていますね。

元はといえば、育てる覚悟が無いのに子供をつくってしまう親の責任ですよね。

親の教育、施設の拡充。
やるべきことは山積ですね。

ぽちっ
Posted by 元単身赴任のYH at 2012年12月12日 12:26
YHさん
こんにちわ

施設に収容されている児童のうち、里親制度により他の家庭で暮らすのは、1割程度です。
それよりも、重要なのは養護施設に入所できない虐待児童が潜在的に多数存することです。
親が親権を行使し場合、親権停止の処分を行う建前ですが、これはに家庭裁判所での審判が必要です。
扶養、養育、保護義務は果たさずに、親権のみを主張する親にはペナルティーが当然なのですが、ネグレクトだけでは、刑事罰は適用できません。
付随して保護責任者遺棄などを立件する必要があります。

このような人間の根幹の問題を法律により、論じることへの寂しさやふがいなさも感じる私です。

いつもありがとうございます。
ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2012年12月12日 13:11
突然ですみません
広島県廿日市市にある光の園摂理の家という
養護施設のことなんですけど
私は以前そこで生活していました。
色々あって退所しました。
本題なですが
光の園には沢山の問題があります
ですが職員が見て見ぬふりをしています。
実際私が苦しいとき助けてくれませんでした。
児童による援助交際や万引きなどまだたくさんあります。
このような問題をどうするべきでしょうか?
Posted by at 2013年05月12日 01:13
こんにちは

「ここで生活していた」と書いておられるので、卒園者の方でしょうか。
ご指摘の光の摂理院の実態を存知ませんので、一般論としてしかお答えできませんが、本当にあなたのおっしゃるようなことが常態的に発生していることを前提にお話ししますが、そのケースで、院において有効な抑止策などが執られていない場合、監督機関である府県(広島の場合は広島県福祉保険部こども家庭課)が問題解決の窓口です。
※西部こども家庭センター(082−254−0381)

面談して、事情を話すのが一番ですが、それが難しい場合は、手紙などの文書にして担当課へ申し出ます(電話で内容を正確に伝える自信があれば電話も可)。
平成12年4月25日付けの厚労省(児童家庭局長)通達(児発第471号)により、苦情や情報提供があった場合の対応が規定化されていますので県の担当者は無視できません。

あまり参考にならず、申し訳ございません。
Posted by 8ちゃん at 2013年05月13日 10:46
僕は、3月下旬まで光の園摂理の家で生活していました。僕は、高校卒業して今は、仕事をしています。そこで生活していたころは、職員が児童を背負い投げをしたり、ガラスを割ったり、いろいろありましたが、前よりは、よくなっていると思います。
Posted by 村山 at 2014年08月13日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。