あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年01月21日

主役は誰?

大阪市の桜宮高校をめぐる問題が大きく変質しているように思うのは私だけだろうか。

大阪市立桜宮高校バスケットボール部主将の自殺問題に絡んで、橋下徹大阪市長が、桜宮高校の体育関係2科の「入試中止」を譲らない。
父兄や生徒の一部から、この橋下市長の考え方に対する反発もある中、橋下市長は繰り返し入試中止の必要性を強調している。
「僕は受験生のことを考えて判断した」と橋下市長は話すが、在校生からも「やり過ぎだ」との声は多い。

桜宮高校の体育科とスポーツ健康科学科の定員は、合計で120人だ。
橋下市長は、この120名の入試枠を普通科に振り返るとしているが、体育系2科と普通科ではそもそも受験科目数や配点が異なる。
体育系2科は国・数・英(各50点)の3科目に運動能力検査などの実技試験(計150点)が加わるのに対し、普通科は前期なら国、数、英(各70点)の3科目に小論文が、後期なら3科目に理、社(同)の2科目が加わる。
しかも、体育系2科の入試は、来月2月20と21日であり、すでに1カ月を切っているのであるから、受験対策を間に合わすのは困難だろう。

大阪府下には、桜宮高校のほかに、大阪市立汎愛(はんあい)高校、大阪府立摂津高校および大阪府立大塚高校の3校に体育専門の科が設置されており、大阪府教育委員会では、これら3校の定員を増やす案も検討されているらしいが、学校施設の定員増への対応が困難なこともあって、具体化はしていない。

最悪の場合、このままでは、今回の事件に何等関与していない現在の中学3年生が15歳の受験浪人になる可能性もあるのだ。
その問題に関して、橋下市長は、「入試をやめるといったらやめる。受験生を右往左往させないため、保護者は別の道を考えさせるべきだ」と語り、在校生からの批判に対しては、「在校生は生きているだけ丸儲けだ」といった発言をしているらしいが、もっと冷静になれないのだろうか。
「私の考えに不満なら、選挙で落とせばいい」とも言っているそうだが、橋下市長のロボットで、自身の意思すら持たない「維新の会」の議員が多数を占める議会では、不信任決議が採択されないことを前提での発言は、傲慢としか言いようがない。

今回の問題の本質は、バスケ部をはじめとした体罰の常態化であり、問題への対応を誤った学校当局や教育委員会の保身主義だろう。
そして、その背景には、部活動での勝利至上主義、常勝チームに在籍することでの有名大学への進学といった父兄の思惑といったものもなかったのだろうか。
そして、それが複合したものが、生徒を自殺しか選択の余地がないところまで追い込んだ環境になって、悲劇を生んだのだ。

少なくとも、来月に受験を予定してその日に備えてきた中学生受験生には何の罪もないのは明白だ。

橋下市長は、「問題を黙認してきた過去の連続性を断ち切るために入試を止めるべきだ」との主張だが、それよりも大切なのは、今回の事件の発生原因の究明と責任の所在の確認、さらに再発防止に向けた有効な手段である。
大きな犠牲を払って、入試を1年間取りやめることが、この問題の解決にどのように実効的な影響を与えるのかを橋下市長は説明しなければならないし、受験生たちへの具体的な対応を示すべきだろう。

一方で、大阪市の教育委員会も最低だ。

橋下市長の入試取りやめ要請に、大阪市教育委員会は、「市長の権限を逸脱している」とか何とか、不快感を示しているというが、お前らは今回の事件でとやかく話す資格などないのだ。
体罰問題について、過去からの通報をすべてもみ消してきたお前らこそ直ちに消え去ればよいのだ。

学校幹部や教育委員会には適格性がないのも明白ではあるが、こんなアホな教育委員会や、桜宮高校の幹部を敵に祭り上げて気勢を上げる橋下市長の手法は、労働組合や公務員を市民の敵に位置づけて人気を博するといった、いつものやり方である。
それぞれの立場の人間が、この事件を利用して自分自身のために言動しているように思えてならない。

マスコミ各社も、橋下人気に恐れて真っ向からの橋下批判は少ないように思える。
人気があろうがなかろうが、間違っているものは間違っているのだ。
それを書けないのなら、記者は今すぐにペンを捨てろ。

もう一度考えよう。

今回救われるべきは、生徒たちなのだ。


posted by 8ちゃん at 16:45| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8ちゃんさん、こちらこそ、いつも
ありがとうございますです。

首長は、選挙に勝ったら何をしても
いいのでしょうか?

予算権をたてに、無限の権限を持つの
でしょうか?

選挙で民意が問われるのは、主に
公約に関してだと思うのですが。

8ちゃんさんが指摘される通り、
論理のすり替えはなはだしいし、
おそろしいことだと思います。
Posted by ドンロゴス at 2013年01月21日 19:54
師匠こんばんは〜
確かに生徒には何の罪もないから
進路を失って可哀想……

他にいい策はないのかな?
じゃ、おいらはまたちょっくら
留守します( ´ ▽ ` )ノ
Posted by あき at 2013年01月21日 20:05
8ちゃんさん♪今年もよろしくお願いいたします(#^.^#)

夕方のニュースの橋下さんの満足気な顔ったら…。「生きてるだけで丸もうけ」の発言は子供逹を大雑把にひとくくりにされたようで気分が悪いのは私だけでしょうか…。
最初からこのニュースは「受験目前の生徒や在校生の気持ちの事はちゃんと考えてあげてるんか?」とそればかり気になっていました。文科省・教育委員会は橋下さんより先に何か策を講じることは一切なかったのでしょうか?
思春期真っ只中の難しい年頃の子供逹…大人逹に振り回されず自分をしっかり持って!負けるな!頑張れ!!としか言えません。
Posted by ブーブー at 2013年01月21日 23:55
おはようございます。

橋下さん、思い切ったことをやりますね。
びっくりしました。
個人的には、入試中止は間違いだと思います。矛先が受験生に向けられています。避難されるは、別のところにあります。

今日も興味深いお話をありがとうございます。

ぽちっ
Posted by 元単身赴任のYH at 2013年01月22日 08:39
8ちゃん様

おはようございます。
ニュース見ましたが、普通科という名のもとで、これまでと同じやり方での受験ができるようですね。カリキュラムも普通科という名のもとで体育科っぽいものにするとか。
それじゃ何も変わっていないようにも思いますが、受験生にとっては何よりでした。


Posted by ちゃう×3 at 2013年01月22日 09:12
ドンロゴスちゃん
まいど

>首長は、選挙に勝ったら何をしてもいいのでしょうか?
⇒「不満なら、私を選挙で落とせばいい」発言は、傲慢すぎるわ。
第一、最大の被害者である受験生や生徒には選挙権無いし…。

本来は、議会が首長の暴走を止める役割を果たすもんやけど、大阪市議会で多数を占める維新の会の議員は、数合わせで出たヤツばかりやから、これは無理。
ここ最近の選挙における有権者の投票行動が、既成政党に対する閉塞感だけで、維新の会やみんなの党などへの投票が流れたちゅうことをもっと認識して欲しいわ。
実際に政策的には何もかも、橋下市長の独断だけで運営されてる感じやね。

いつもありがとね




あきちゃん
まいど

え“っ!
また出張かいな。
人使いの荒い会社やのー

>確かに生徒には何の罪もないから進路を失って可哀想……
⇒何となく、大人の事情満載の玉虫色(体育科は受験中止して、普通化の増員枠を体育科の試験区分で行なう)みたいな、決着やけど、結局は「格好」つけただけやな。

今度はどこへ行くねん。
アルジェリアは避けた方がエエで。
あの国は、人の命よりも天然ガスや石油のプラントの方が大事な国やから…。

早よ帰っておいでや。
ポチン




ブーブーちゃん
まいど

こちらこそ、今年もよろしくやで。

「生きてるだけで丸もうけ」の発言は、身内の松井大阪府知事からも苦情が来たみたいやで。
橋下市長は、慌てて、弁解してたけど、このへんが本音かも知れんね。

>文科省・教育委員会は橋下さんより先に何か策を講じることは一切なかったのでしょうか?
⇒そこが今回の1番のポイントやで。
せっかく、教育自治を法律で保証されてる中、自分たちでの自浄ができへんかったら、何の意味もないわ。
このままやと、教育現場は今以上に行政の関与が強くなって、国粋教育ばっかりやってた戦前の状態になるで。

>負けるな!頑張れ!!
⇒そうや。
大人の都合に負けるな!って応援するわ。

いつもありがとね




YHさん
こんにちわ

>矛先が受験生に向けられています。避難されるは、別のところにあります。
⇒おっしゃるとおりです。
少なくとも、受験生や在校生には罪はありません。

今回は、普通科枠での実質体育科の存続という玉虫色の決着でした。
桜宮高校全体が「悪」という前提での処理は、まじめに働く先生方や、在校生の人権問題です。
自殺したバスケ部の生徒も、これを望んだわけではないはずです。

いつもありがとうございます。
ポチッ




ちゃう×3ちゃん
まいど

>普通科という名のもとで、これまでと同じやり方での受験ができるようですね。カリキュラムも普通科という名のもとで体育科っぽいものにするとか。
⇒大人の事情満載の玉虫色の決着やな。
橋下市長は、大きく手を挙げたものの、反発も大きかったから、まさに、落としどころを作って、教育委員会の何人かに根回ししたんやろね。
それでも、顧問の全員入れ替えとか、部活動の無期限停止とかもめそうな問題はこれからやねん。

お嬢ちゃんが、スポーツの達人になっても、キツイ学校へやったらアカンねんで。
いつもありがとね。

Posted by 8ちゃん at 2013年01月22日 10:22
8ちゃん、おはようございます。

昨日この記事にコメントしようと思って(-_-;ウーンと考えてたら、スンマセン…寝てました。

そやけど橋本さんはホンマに生徒のことを一番に考えてやったんでしょうか、それとも彼お得意のパフォーマンス?
やったら許せんわ!

確かに学校側からなんら改善策も出ていない状況で新しい生徒を迎えるのは問題ありとするのもわかるけど、試験まで1ヶ月を切った状況での中止は受験生のことを考えるとどうなの?

思わず昨年の田中真紀子元大文部科学大臣の大学不認可騒動を思い出します。

ただ、在校生の会見内容を知り複雑な思いがあります。
自殺した生徒と会見をした生徒。当然ですが同じ学校の生徒の中にもいろんな思い考えがあるんだなと…

(‐”‐;)うーん

Posted by グレ・チビ ママ at 2013年01月22日 10:36
グレ・チビママちゃん
まいど

桜宮高校の生徒の会見に対しては、両極端な反応やな。
@勇気を出してよく言った。生徒の生の声を聞け
A誰かに言われて会見してる。洗脳だ。
概ねこの2つやな。

問題は、この会見をどう捉えるのかは自由やけど、少なくとも人の意見に反論するのに、人格的な攻撃(「こいつら頭おかしい」とか「人が死んでるのに感情がない」とかの発言)をしてはならないということ。

すべての意見は素直に受け入れて、自分の意見を堂々と述べる。
その中で、物事の捉え方や改善方法についての議論を戦わせるべきやねん。

ワシも今回の桜宮高校の記事には、いろんな意見が出てきてほしいんよ。
ただ、その方向は今回の不幸な自殺事件が2度と起こらないための意見であってほしいねん。

何回も書くけど、この事件の最近の動きは究極の「大人の事情」で動いとるとしか思えんのや。

う〜ん
酒でも飲んで考えるわ。

いつもありがとね





Posted by 8ちゃん at 2013年01月22日 13:01
おはようございます。

橋下さんの結論では、自殺した高校生は救われません。体罰という暴力問題も解決できません。その上、受験生は被害をうけます。
いい結論とは思えないです・・・。
議論のすり替えだと思います。ザンネンです。

8ちゃんさんのお話は、とても分かりやすいです。今日も勉強になりました。

ぽちっ
Posted by 元単身赴任のYH at 2013年01月23日 09:32
YHさん
こんにちわ

今回の決着は、結論から言うと「何も変わっていない。」だろうと思います。

事件の原因、背景を徹底的に調査して、二度とこのような悲しい出来事が起こらないようにしなければなりません。

教育委員会は、予想通り「保身」でしたね。
残念です。

いつもありがとうございます。
ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2013年01月23日 14:18
8ちゃんさま

教育委員会と学校が、もっと素早くきちんと対応していれば
こんなことにならなかったのではないでしょうか?
校長が部活の先生に頭が上がらなくて、何も言えないのがおかしいし、
教育委員会も何やってるんじゃい!っていうくらい、対応マズイですし…。

命が無くなったということを、もっと真摯にとらえて
自ら変わるという意思を示せば良かったのに。
大阪の教育委員会は何も考えられない組織と思ってしまいますよ。

東京都は校長の権限を強めるためにいろいろしたけど、
全国的なものではなかったんですね。

私は生徒の会見は見てなくて、
保護者が大阪市役所前で集会?していたのを見たのだけど
亡くなったお子さんのご家族の方を思うと、複雑な思いでした。

今日のニュースで、顧問を暴行容疑で刑事告訴したと言ってましたね。
立件できるのでしょうか。
8ちゃんさんは、どう見ますか?
Posted by ホワイト at 2013年01月23日 20:58
ホワイトちゃん
まいど×2

今回の入試の振り替えは、何の解決にもなっとらんわ。
役人が得意の「八方まるく…」みたいな不透明な決着やな。
生徒の記者会見については、賛否が分かれるけど、ワシは、それはそれで尊重すべきやと思う。

石原慎太郎の教育論は、あんまり読んでないけど、光文社発行の「スパルタ教育」ちゅう本を書いとる。
その中では、
「子どもの教育には、いろいろな方法がある。そして、その方法のなかで、肉親しかできぬ方法とはなにか。それは子どもをなぐることだ。昨今では、学校の先生がどんな理由があろうと、子どもをなぐると必ず物議をかもし、先生のほうが萎縮して、あえてそれを行わない。あるいはまた、子どもの食を減らす、つまり食べさせないで懲罰にするということも、親でしかできない。また、子どもを閉じ込めること、あるいは子どもをおどすことも、親でしかできない。
 親はそういう意味で、子どものしつけ、教育に関しての決定的な切り札を持っているもっとも重要な教師であるのに、その切札を放擲し、いったい、だれになにをまかそうというのか。 」

こんな一節があるけど、この判断はホワイトちゃんに任せるわ。

>立件できるのでしょうか。
⇒顔の腫れとかの報道があったけど、傷害罪での告訴が出来へんかった理由がよう分からんけど、暴行罪の成立要件で一番難しいのは、「故意」の認定やねん。
暴行の事実は、この顧問も認めてるから、何回殴ったとかの程度も含めて、暴行を行なうという認識とか、殴ったらどうなるとかの予見のあたりやな。
ただし、毎日厳しく叱責されてたとして、それによる精神的な被害を受ければ、言葉による暴行も障害も立件できる場合もあるんやで。
弁護士がついとるのやろから、刑事事件で事実確定させて、市と個人に対して民事(損害賠償請求)にもって行くんやろと思うで。

いつもありがとね


Posted by 8ちゃん at 2013年01月24日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。