あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年01月23日

テロリストを育てる者

アルジェリアにおいて、多くの外国人がテロの犠牲になった。
テロという卑劣な手法を憎む一方で、アルジェリア政府の人命よりもガス田の施設を守ろうとする姿勢には唖然とするのだ。
ちなみにアルジェリアの国家収入の60%は石油や天然ガスの売却益だ。
そして、今回襲撃されたガス田の産出量は全アルジェリアの天然ガスの17%を産出する。
アルジェリア政府にとって、重要なのは人質ではなくガス田を爆破される前にテロリストを殺すことなのである。

世界中には70を肥えるテロ組織があるらしい。
アルカイダやタリバン、ハマス、ヒズボラといった世界的に有名な組織もあるし、オウム真理教もアメリカ、EU、そしてカナダでは政府が国際テロ組織として認定している。

勿論、何をもって「テロ組織」と認定するのかは明確な基準などないのだし、仮にクーデターが成功してその団体が政権に就けばテロ組織ではなくなるのかもしれない。
少なくとも、フランス革命における王族派の大虐殺は、フランスにおいてテロとは呼ばれていないのだろう。
しかし、政治的な目的をもって暴力を背景に破壊活動を行なう集団にどのような弁護も必要ないと思うし、今回のアルジェリアの事件や9.11の悲劇には何ら正当性はない。

テロリストは、貧困の中の産物との声もあるし、親兄弟といった肉親の殺害による恨みの連鎖という見方もある。
しかしながら、テロリストの幹部には裕福な家庭の者もいるし、内戦とは関係のない地域の出身者もいる。
しかし、少なくとも非合法な団体が潤沢な兵器を所持することが出来る環境が、テロリストという存在を作り出している側面もあるのだ。

今回のアルジェリアでのテロ行為でテロリストが所持していた武器は、一般的な正規軍が使用しているものと同じロケットランチャーや自動小銃である。
バズーカやM2機関銃といった大型火器もあった。
従来のテロリストは手作りの爆弾と拳銃以外には、旧ソ連製のAK47自動小銃というものを稀にもっていただけであるのに、武器の近代化とその数の多さに驚かされる。

今回のテロリストが携帯していた武器は、リビア内戦時にカダフィに雇われた傭兵から流れたものとの見方が強い。
マリという国の出身者が多数傭兵としてカダフィに雇われ、リビアの内戦が終結したときに国に武器を持ち帰ったのだ。

通常、1日につき1万円から10万円前後で雇用される傭兵は、意外にも会社組織になっているものが多い。
東西冷戦の終結により、各国における軍備縮小が進む中、新たなビジネスとして発生した軍事会社と呼ばれる組織であり、直接的な戦闘行為や要人、施設の警護から軍事訓練の請負にいたるまで、総合的な軍事に関する請負を行なうのである。
代表的なものだけでもアメリカに約20社、イギリスには6社が存在し、中東にも数社あるといわれている。

傭兵を雇う国では、傭兵のみの部隊を編成するので、部隊において使用する武器は、装甲車や重機関銃といったものから、小型の戦車を使用することもある。
そして、ミッションが終了すると、戦車などは雇われた国へ返すが、自動小銃などの小火器は、傭兵の私有物になる。
傭兵の中には、支給される武器よりも使い慣れた自分の武器を持っているものもいるが、これは自身で購入したものである。
中東やアフリカでは、拳銃や自動小銃が簡単に買えて、その価格もアメリカなどの半値以下なのだ。

傭兵はミッションが終わると、自国に帰るのであるが、一部の国を除いて自国への武器の持ち込みはできない。
アメリカでも、拳銃は持ち帰れるが、機関銃などは持ち込めない。

どうするのか。

売るのである。

激しい戦地で生き残った傭兵の武器は、縁起がいいとして高く売れるのである。
そして、その売却先にはイスラム武装勢力といった過激分子も含まれるのである。

こうして、今回のアルジェリアでのテロは、リビア⇒マリ⇒武装勢力といった順に武器が流れていって、テロに及んだのである。


次回、国営武器商人の話へと続く


posted by 8ちゃん at 15:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「テロリストを育てる者」 (◎_◎) ン?

そうですね、テロをするのにはまず武器がいるんですね。

しかも正規軍と同じ武器が手にはいるルートがあったから今回のような事件が起こったともいえるんですか…

逆にいえば彼らテロ組織が武器を手に入れられなければ今回の事件や他のテロ事件もかなりのものが防げたり、起こらなかったということになるのでしょうか

私にとっては??ばかりですが、軍人でもなんでもない一般の人が多数無残な死を遂げたというのは変わらぬ事実でよね。被害にあわれた方々の恐怖や無念を思うとむごいです。

今回は現地日本企業と多数の日本人の方が被害者の中に含まれていた為これだけ日本でも重大事件としてとりあげられていますが、もちろん世界中で他にもたくさんのテロ事件が起きているんですよね。テロによる問題解決を行う者に正義を掲げて欲しくないです。


今回被害者になった方々は一般人。
Posted by グレ・チビ ママ at 2013年01月23日 19:54
すみません。最後の1行削除ミスです。

(〃゚д゚;A アセアセ・・・
Posted by グレ・チビ ママ at 2013年01月23日 20:05
8ちゃんさま

傭兵
>通常、1日につき1万円から10万円前後で雇用される傭兵は、意外にも会社組織になっているものが多い。

命がけの仕事で、1日につき1万円から10万円前後。
この金額をどうみるか。
死ぬ確率はどの程度なのかしら。
会社組織だとしたら、行く前に危険度の説明とかあるのか?
死んでしまったら、そのお金は誰に支払われるの??
疑問がいっぱいです。

>代表的なものだけでもアメリカに約20社、イギリスには6社が存在し、中東にも数社あるといわれている。

アメリカは分からなくもないけど、約20社って多いでしょう。
で、なんでイギリスに6社もあるの??
どういう人が傭兵になっているのかしら。

>激しい戦地で生き残った傭兵の武器は、縁起がいいとして高く売れるのである。

「縁起物」っていう考えは、どの国でも同じなんですね。

こういうことを知ると、戦争って無くならないなぁって思うし、
世界平和は難しいと思ってしまうけど、でもやっぱり、世界が平和になってほしい。
悲しい思いをする子どもが無くなってほしい。
笑顔が世界中に溢れてほしいと思いますよね。

今回の事件は、会社側の安全対策を疑問視する声もありましたが、
そのことはこれからなんでしょうね。
今は一人でも多く生き残っていてほしいと願うばかりです。
Posted by ホワイト at 2013年01月23日 21:21
世界中のどこでテロに巻き込まれるかわかりませんけど、少なくとも今回のアルジェリア政府の対応を見ていたら、アルジェリアには行きたくないって思ってしまいます。
関係各国の説得も聞かず攻撃したようですね。
ほんまに人命よりガス伝
Posted by ちゃう×3 at 2013年01月24日 05:43
途中でいってもた・・汗
人命よりガス田が大事ってどういうことよ!!!
と書きたかったのでした。<(_ _)>
Posted by ちゃう×3 at 2013年01月24日 05:45
グレ・チビ ママちゃん
まいど

テロの原因は、武器だけやない。
歴史的な植民地政策に根を発する欧米への潜在的な怨嗟や、国内の石油利権の一部の人間の独占化に対する不満、極端な貧富の格差問題とか、さらには民族や宗教上の軋轢もあって、一概には解説できへんくらい複雑やねん。
それでも、テロを過激化させてるのは間違いなく武器やで。

>もちろん世界中で他にもたくさんのテロ事件が起きているんですよね。
⇒2011年の資料しかないけど、世界中で約10000件のテロが発生して、被害者は45000人、このうち12500人が命を落としてるんや。
さらに、南アジアと中近東ではテロ事件が7721件もあって、死亡者数は9236人と飛びぬけて多いんやで。
国別には、アフガニスタン、イラク、パキスタンの3国で2011年に世界で発生した全テロ事件数の64%を占めてるわ。
その半数以上の56%が、イスラム教スンニ派グループによるものらしいけど、これはアルカイダとタリバンによるテロが多いせいやろな。
北アイルランド問題を抱えるイギリスも実はテロの多い国なんやで。

どんな理由があるにしても、テロやテロを助ける勢力は許されへんと思うわ。

いつもありがとね。
コメントの修正は管理者も出来へんから、例の1行はそのままやで(スンマソン)。




ホワイトちゃん
まいど×3

>命がけの仕事で、1日につき1万円から10万円前後。
⇒10万円はアメリカ海兵隊出身者とか、傭兵としての経験の永いもんの給料で、普通は欧米の軍隊経験者をリーダーにして、その下に現地出身者が2〜3人ついてグループを作るんやけど、その現地出身者の給料は最低の場合は、1ヶ月に2〜3万円の場合もあるで。
ただし、パキスタンとかアフリカでは、大学卒の年収が3万円くらいの国が多いから、これでも飛びぬけた高収入なんや。

傭兵部隊は、基本的には金で動くけど、実際には多国籍軍や欧米寄りの方に加担するから、航空機なんかの支援もあって、戦闘での死亡率はそれほど高くはないけど、中東での戦闘では、民間人と敵の区別が難しいから、戦闘区域外での自爆テロなんかでの戦死が多い。
また、多国籍軍に支援空爆なんかを要請しても、位置の確認が不十分で、味方による誤爆で死ぬケースも多いで。
傭兵会社は、会社組織といっても、トヨタやソニーのイメージやない。
ミッションの説明や装備の使用訓練はあるけど、どっちかというと、派遣会社に近いわ。
仕事があるたびに各個人に連絡が入って、集まるんやで。
契約時に、死亡時の金の支払先は指定しておくから、本人が死んでも金は支払われるんやで。

>今回の事件は、会社側の安全対策を疑問視する声もありましたが…。
⇒日輝は、アフリカや中東での信頼は抜群に高いで。
プラントの技術力は世界一やと思うわ。
各国にコネももってるし、協力会社の数も多いし、質も高い。
小規模のテロにも何回か遭遇してるから、一定のノウハウはあったと思うけど、今回はテロ側が幹部会議の日も知ってたし、行動が迅速やったことから、内部通報による用意周到なテロやな。
通常は国軍や政府の傭兵がプラントの周りを重火器も配置して守るんやけど、今回それが簡単に突破されてるのがワシも不思議やねん。

いつもありがとね




ちゃう×3ちゃん
まいど

そうやで。
アルジェリア旅行はしばらくお預けやで。
中東も、トルコ以外は危険やし、イギリス北部も危ないわ。

どの国も、「命」よりも「金」なんやね。
フランスの広報官は、今回のアルジェリア政府の強硬な軍事行動を全面支持してるけど、元はといえば、この原因を作ったのはフランスのマリ爆撃やんか。
フランスは、昔、アルジェリアのサハラ砂漠で地上核実験を行なったりして、現地人の反発は半端やないで。

アルジェリアの宗教は、ほぼイスラム教スンニ派一色やけど、原理主義の程度には温度差があるし、民族間の争いもアラブ人とトアレグ人の石油利権をめぐる争いがあって、トアレグ人は、マリ共和国へ追放されたりしてるねん。
アルジェリアで内戦が続く理由のひとつやな。

独立戦争で100万人が死に、今も、10万人が内戦で死んでるアルジェリアにとっては、34人の人質の命なんか軽いもんという考えなんかも知れんな。

いつもありがとね。

Posted by 8ちゃん at 2013年01月24日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。