あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年01月24日

テロリストを育てる者(2)

東西の冷戦は過去のものとなった。
財政上の問題もあって、冷戦終結後の軍事費は中国や北朝鮮を除いて減少しつつある。
軍艦や戦闘機よりも経済対策や社会福祉への予算が求められているのだ。
その一方で、各国は、軍事費の減少分を核兵器の保有で補おうとしてきた。

困ったのは軍事産業だ。
核兵器などは高度かつ特殊な技術が要求されるため、既存の銃メーカーや軍事車両のメーカーが参入できるものではない。

国内で武器が販売できなくなると、軍事産業は買い手を国外に求めることになる。
アメリカやイギリスなどは、従来から軍事産業が外貨を稼ぐ重要な位置づけであったが、最近では多くの国が武器を売ることで金を稼いでいるのだ。

ストックホルム国際平和研究所という国立の研究機関がある。
戦争や平和について統計を元に国際紛争の平和的な解決と安定した平和の理解を促進する目的のために設立された機関である。
その調査によると、2011年における武器輸出額の上位国は、アメリカ、ロシア、フランス、中国、ドイツとなっており、僅差でイギリスが続いている。

お気づきだろうか。

ドイツ以外は世界の平和をリードすべき国連安全保障理事会の常任理事国なのである。
平和と安全を求めて設置された国連機関で、拒否権まで有する常任理事国が、国を挙げて死の商人と呼ばれる武器業者に成り果てているのである。

アメリカが2010年10月から2011年9月の間に海外へ輸出した武器などの総額は約3兆4760億円以上に達し、前年同期比で20%以上増加した。
2010年における軍需産業企業トップ100社による武器や軍事機器の販売金額は、32兆4769億円で、2002年当時から比べると、60%の大幅増加である。
世界中が、不況で苦しむ中、武器商人だけは順調に業績を伸ばしているのである。

特に注目したいのは中国である。
中国は、2006年まで、武器を輸入する金額が世界第1位であったが、2011年には、世界第4位の武器輸出国になっているのである。
中国国内での軍事産業が急速に拡大化している現状が見て取れるのである。

中国の主要マーケットはアフリカである。
中国は、ガーナ、ケニア、スーダンなどを中心にアフリカ16ヶ国に武器を売却し、アフリカ大陸内のシェアは2001年から05年まででは9%しかなかったが、2006年に以降2010年までに25%と飛躍的にシェアを増やしているのだ。
この数字は、アフリカに強かったロシアを抜いて第1位のシェアなのである。

特に、中国の販売品目は、ナイジェリアに自動小銃を40000丁、ジンバブエに携行式ロケット弾を1500発というように、まさに、内乱やテロで使用される武器を中心に商売をしているのである。

政策的に武器を渡すケースもある。

アメリカはイラン・イラク戦争当時、イラクを支援するため、イランへの武器禁輸を決めた一方で、軍事物資をイラクに輸出してイラクの軍事力を増強し、イラン軍の配備を写した衛星写真をイラクに提供している。
これは、イランを恐れるイスラエルの要請によるものである。
そして、イラクがアメリカに敵対するようになると、今度はユダヤ人を介してイランにミサイルや戦車を輸出し出したのだ。
またイラク軍の衛星写真をイラン側に提供していたのだから、呆れてしまう。

イラク人もイラン人も同じアメリカ製の武器で殺し合いをしていたことになる。
そして、イランやイラクに渡された武器は、テロ組織へと流れていくのである。
イランやイラクはアメリカも認めるテロ支援国家なのだから。

このように、主要国が武器をアフリカや中東などに売りつける一方で、個人や民間企業といった「死の商人」も暗躍している。
サー・バシル・ザハロフ、デュポン、J・Pモルガンという個人や企業である。

こうして世界中に撒き散らかされた武器は、テロリストの手に届き、今日もテロの恐怖が世界を襲うのである。

米国務省は、リビア崩壊時に、携行式地対空ミサイルや携行式ロケット弾を含むリビア軍の武器の処分に300万ドル(約2億7000万円)を拠出した。
この「処分」とうのは、武器を解体して使用不可能にするのではない。
中古業者に買い取らせる価格なのだ。

これらの武器がテロ意に使われないことを保証できるのもはいないだろう。



posted by 8ちゃん at 16:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

武器でお金儲けをしたい人がいる限り
この世の中からテロも戦争もなくならないのでしょうか
絶望的な気持ちになります
Posted by 二月のあい at 2013年01月24日 17:58
8ちゃんさん、こんばんは。

日本が、日常的に戦争やテロの脅威に
曝されていないことは、率直にありがたいと
思います。

でも「人命より経済優先」って、日本だって、
そうなんじゃないの?と思ってしまうんです。

たしかに、国民は即死するような危険には
曝されていないかもしれないけど、
緩慢な死(環境破壊、原発事故、ストレス社会等々)には
曝されているんですよね。

とにかく命に敬意を表する世界になってほしい
です。次の世代のためにも。

いつもありがとうございます。
Posted by ドンロゴス at 2013年01月24日 20:56
二月のあいちゃん
まいど

>武器でお金儲けをしたい人がいる限り…。
⇒金が儲かれば、何でもエエんやろね。
自分の作った兵器が、売った武器が人殺しの道具として使われるのは承知で、売り続けるんや。

相手よりも強力な兵器を、競争で作り続けた東西冷戦時代には、アメリカ議会もイギリス議会も軍事費に対する抑制の声はなかったけど、今は難しい。
兵器産業は、外国に武器を売って儲けるしかないんやな。

20年前に比べて、テロの件数は減ってるのに犠牲者が増えてる。
自爆テロの爆弾も手作りではなく、精巧かつ強力な軍事品が使われてるんやで。

昔のテロは、政治的目的の達成のために行なわれたみたいやけど、最近は、テロ集団の存在を世界に認知させるためとか、身代金目的とか、何か、テロのためのテロみたいになってるな。

何とかせねば…。

いつもありがとね。




ドンロゴスちゃん
まいど

確かに、今でも日本は、世界有数の「安全」な国やわ。
それでも、最近は格差が広がるだけやなしに、格差の固定化が顕著やな。
ここ何年かの間に、餓死者も相当数出てるし…。

税制による富の再配分が行なわれずに、消費税増税による逆進性の進行に加えて、来年からは法人税の減税もほぼ決定やな。
金融緩和と法人減税で、雇用が増加することはない。
非正規雇用という「蜜の味」を覚えた企業が、人件費の積極的な増加に踏み込むはずがないやん。

でも、経済、財界のための政治は、自民党の結党以来の基本的やから、彼らは党の綱領に従った政治を目指してるだけやんか。

そして、その党に絶対的多数の議席を与えたのは、アホな民主党の失政と、行き場のない投票用紙に「自民党」って書いた国民やで。

信頼できる本当の「第3極」が出てきてほしいわ。

いつもありがとね。





Posted by 8ちゃん at 2013年01月25日 09:51
8ちゃん、おはようございます。
 
もうホンマなんかようわからんわ〜

>世界中で約10000件のテロが発生して、被害者は45000人、このうち12500人が命を落としてるんや。

昨日の8ちゃんのコメ返に思わず、ひぃふぅみぃと指で数えてもうたわ!2011年の資料やいうてはったけど、無知な私は驚くばかりやわ!

こんな数字をみて軍事産業で儲けてる人たちはなんも思わへんねやろか…

あっ、今気がついたけど ↑ の数字はテロでの被害者数で戦争?も含めたらもっとスゴイ数やねんね

>平和と安全を求めて設置された国連機関で、拒否権まで有する常任理事国が、国を挙げて死の商人と呼ばれる武器業者に成り果てている

この一文にも驚きやわ

1・2・3で世界中で一斉に「武器よさらば〜」といけんもんやろか…トホホ

Posted by グレ・チビ ママ at 2013年01月25日 09:58
グ・レチビママちゃん
まいど

戦争犠牲者は、「戦争」の定義もあやふややから、よう分からんけど、イラク戦争では3年で70万人が戦死してるし、1994年からのコンゴの内戦では、今までに480万人が戦闘や虐殺で死んでるで。

「戦争」とか「内戦」の言葉がアカンねん。
「人殺し」って言うたらエエねん。

安全保障理事会の常任理事国は、自分で戦争やテロの種をまいといて、その対策を協議するマッチポンプやで。
少なくとも、彼らに「世界の平和」を語る資格はないわ。

ところで、今日は、かのみ姐さんの1周年記念日やな。
最近更新がないけど、何かあってんやろか。
まあ、気長に待つわ。

いつもありがとね


Posted by 8ちゃん at 2013年01月25日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。