あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年01月25日

きょうへい先生

高橋亨平先生が死んだ。

福島県南相馬市。
震災の被害に加え、福島第1原発から25キロのこの街は、多くの住民が避難した寂しさの中で、残された人たちが不安の中で暮らす街だ。
そんな中、原町中央産婦人科医院がある。

院長は、高橋亨平先生。

福島県立医科大を卒業後、昭和46年から原町市立病院(当時)で産婦人科医を務めた。その後、昭和55年に開業して、この街で産婦人科医を続けてきた。
高橋先生が、この街で取り上げた赤ちゃんは1万人を超える。
その親しみやすい人柄から、町の人は親しみをこめて「きょうへい先生」と呼ぶ。
きょうへい先生が、取り上げた赤ちゃんが母親になり、その赤ちゃんが成長して、今度は自分の出産をきょうへい先生に託す。
さらに、その孫の代の出産も珍しいことではない。

この平和な街に、震災と原発の恐怖が襲ったとき、多くの人が遠くへと避難していった。病院や診療所の医師も何割かは避難して、この街から笑いが消えた。

そんな中、きょうへい先生は、震災後も、南相馬市にとどまり診療を続けた。
「患者を置いて逃げられない。人生最大の使命」
「自分のやれることをやらなければ」

原発事故後、南相馬市内で唯一、お産に対応できる医療機関として、80人以上の赤ちゃんの誕生に立ち会った。
「原発事故があっても赤ちゃんは生まれた。とどまって診療を続けて良かった」
きょうへい先生は嬉しそうに笑う。

そんな、きょうへい先生に対する住民の信頼は厚い。
「こうやっていられるのは先生のおかげ、何回も入退院したから。」
「ほかの病院にはいない。心を許せる。」

そんなきょうへい先生を病魔が襲う。

震災から2カ月後の11年5月、大腸癌に侵され、癌が肝臓と肺にも転移していることが判明した。

医師からは「余命半年」と言われた。

それでも、きょうへい先生は怯まなかった。
片道約60キロの福島市にある病院に通い続け、抗癌剤治療を受ける。
診療中には、ポロシャツの胸ポケットに抗がん剤入りの容器を忍ばせ、伸びた管の先の針から絶えず体内に薬を投与することもある。
足には冷えを防ぐための靴下を3枚履き、薬の副作用で時折、どっと出てくる汗を首にかけたタオルでぬぐう生活が続いた。

街から医師が減ったため、患者は産科だけではない。内科も外科も診た。
「今日はどうしましたか。」
白い椅子に深く腰掛けたきょうへい先生は、優しくささやくような声で患者に話しかけると、患者の病状や悩みにじっくり耳を傾けた。

体重は激減した。
身体が悲鳴を上げていた。
次第に、診察の機会は日を追うごとに少なくなっていった。
応援の医師に任せる日も増えた。
それでも、きょうへい先生が診察を行なう日は、患者がにわかに増える。
「今日は、きょうへい先生に診てもらえる」
それを聞きつけた住民が集まってくる。
分娩は昨年の11月以降は行っていないが、つい最近も、妊婦に「ここで産みたかった」と泣かれた。

患者には心配をかけたくない。診療では「悟られないように」と平穏を装う。
「人間である以上、つらいなんて言っていられない。震災で亡くなった人を思えば、私はまだましだ。」

8月になると、「体中がしっちゃかめっちゃかになるような」すさまじい副作用に襲われた。
吐き気が止まらず一晩で体重が3キロも減少、「一つ一つの細胞がしぼんでいく感覚」を覚えた。
「こりゃ重篤だ。いつ死んでもおかしくないな。」
このころから、「死」というものをはっきりと意識した。

そして、インターネットのホームページで自分の現状を訴え、“私の最後のお願い”として後継者を募った。
「この地域でも、子供たちに賢く生きれば安全に生きられることを教えてあげられる人間味のある医者に引き継いでほしい。」
ここの医療をどうしても守りたかった。

きょうへい先生の訴えから約3カ月後の11月、願いは届き、来年から新たな男性医師を常勤として迎えることが決まった。
震災以降自らに課した「南相馬の医療を守る」という役割は一段落し、一つ肩の荷が下りた。

そんな中、痛い身体をおして、きょうへい先生は市民と「南相馬除染研究所」を結成し、ボランティアで保育園の除染などを行っていた。
「南相馬、そして日本の復興のため、まだまだやり残したことがある」

南相馬市のよつば保育園の副園長、近藤能之さんは、きょうへい先生と保育園の除染を行うなど、子供たちのための活動を展開している人だ。
昨年12月17日に開かれた、きょうへい先生の74歳の誕生会で会ったのが最後となった。
その時、きょうへい先生は、「女性と子供がいない街には未来がない。」と言い、進まない復興へのジレンマを語った。
「きょうへい先生は、いつも南相馬のことを心配されていた。」と近藤園長は話す。

そんな南相馬市にも、少しづつ子供たちが戻りつつある。
そんな子供たちにきょうへい先生は、
「君たちのお陰で、我々も生きる希望が持てた。君たちがたくましく成長する姿をいつまでも見ていきたいが、私にはもうそんな時間は残されていない。」
「堂々と誇りを持って生きていってくれることを願っている。頑張れ!」
と声をかけた。
そして
「この地域に生まれてくる子供達は、賢く生きるならば絶対に安全であり、危険だと大騒ぎしている馬鹿者どもから守ってやらなければならない。」
と言った。

きょうへい先生が亡くなった夜。
医院の前に一人の女性が立ち尽くしていた。
南相馬市小高区から原町区に避難する川村美月さんだった。
46歳の川村さんは、震災後、鬱症になったが、きょうへい先生の診察を受けてから改善したという。
「冗談を言ったり、とても話しやすく優しい先生でした。最後にお礼の言葉を言いたかった…。」


厚生労働省は、きょうへい先生の長年にわたる地域医療の功績を評価し、24年度の「産科医療功労者厚生労働大臣表彰」に選出した。
しかし…。
きょうへい先生が、1月22日の表彰式に出席することはなかった。


きょうへい先生から聞いた最後の言葉。
「明日は生きていられる。がんの末期だろうとなんだろうと、だから(患者を)救える。」



posted by 8ちゃん at 15:14| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知りませんでした。
ググってみたら、有名な方ですね。
氏に共鳴すると思われる方が居て良かったと思いまます。

現代、これだけ医学部が増えて医者の数も増加してると思いますが、算術が勝ってるんでしょうか?。

いろいろなところで、行政のあり方を考えさせられます。

(かのみちゃん、復活しましたね。(^^))
Posted by も〜 at 2013年01月26日 00:00
8ちゃん、おはよ〜

ウルウル来る〜Y(>_<、)Y ヒェェ えらいなんて一言ではいえるような先生じゃないのはわかってますが、あー、えらいとかすごいとかしかよう言いません

ここでちょっと失礼します
kikiちゃ〜ん、亨平先生すんごいとこにいかれてるんでしょうね

子供の頃は“死”は遠いものでしたが、この歳になってくるとボンヤリとはしてますがいつかは必ず来るものというくらいには思います

昨年はいろいろありましたが、かのみちゃんのブログから8ちゃんやみなさんを知り(嫁の立場として大きな声では言えませんが)トータルいい年でした
先日友人の誕生日に1日1日を大切にしょうねってメールしました ほんまにそうやのにダラダラともう5日が過ぎてしまいました 反省

とりあえず今日はワンコといっぱい散歩します!(こんなんで(;一_一))

 亨平先生は息子とお誕生日一緒でびっくりです
Posted by みほどど at 2013年01月26日 09:42
この先生のこと初めて知りました。
素晴らしい活動をされていたんですね。
それに最期まで立派です。すごい人だったんですね。
人間の器が違うというか、私にはとてもとても無理ですが少しでも世の中の役に立つことできればいいなぁと思ってしまいました・・。

ではでは
Posted by ちゃう×3 at 2013年01月26日 16:50
8ちゃん、おこんばんは!

きょうへい先生、本当にりっぱで優しいそして実行力のある方だったんですね。
最期のときまで、自分のことより他の人痛みを思いやることが出来るなんてなかなか出来ることやないよね。

私が余命あとわずかとなったら自分のことしか考えられんかも…相当な醜態をさらしそうで怖いわ

前回のお話の武器商人も人間、また自分たちの利権しか考えない政治家や企業家達もまた人間。

人間は十人十色。出来れば綺麗な色がええですね。

P.S.かのみちゃん久々の更新嬉しかった!そやけど仕事の出来る人ってどんどん仕事を背負い込むからその辺が心配胃やわ〜8ちゃんのいわはるように自分の時間は確保して心身ともに休養もせんとね。
Posted by グレ・チビ ママ at 2013年01月26日 23:26
こんにちは。
私も高橋亨平先生を知りませんでした。
ブログを書かれていたり、いろいろな新聞にも取り上げられていたりされた先生なんですね。
自分のことは脇に置いて、地域の人のために命をかけて仕事をされた姿には心を動かされました。
すばらしいお話をありがとうございます。
Posted by モカ at 2013年01月27日 16:42
も〜さん
こんにちは

医師数は、まだまだ少ないようです。
1981年の第二次臨時行政調査会(土光臨調)において、「3K赤字」といわれた、コメ、国鉄、健康保険の赤字解消のため、医療分野は医師数の抑制策がとられました。
1984年に8280人だった医学部の入学定員は、2007年には7625人にまで引き下げられています。
この結果、日本の医者の数は、人口1000人当たり、OECD加盟国の中での平均の3.1人よりかなり下位の2.1人です。
これは、世界で63位です。

一方で、産婦人科医や小児科、外科といった責任の重い分野が嫌われる傾向もあって、科目別の医師数のバランスも崩れています。
老人に、大量の薬を投与し続けることで、経営優先の姿勢をとる医者も後を絶ちません。

ここは早急に手を打たないと、大変なことになります。
みんなが、りょうへい先生になれとは言いませんが、医師としての職業の社会的使命だけは忘れないでほしいものです。

いつもありがとうございます。




みほどどちゃん
まいど

震災と原発事故で悲惨な南相馬市やけど、こんな素晴らしい先生がいてくれたことだけは、記憶にとどめたいな。

>この歳になってくるとボンヤリとはしてますがいつかは必ず来るものというくらいには思います
⇒うん。
それは大事なこと。
でも、まだまだ人生のエエ部分は、これからやで。
いろんな経験を積んできたからこそ分かる「幸せ」とかも感じることが出来るんやで。
それには、まず、健康であること。
しっかり食べて、十分寝て…。
みほどどちゃんは、十分食べてるやろけど、ちょっと睡眠不足かも知れんな。
「眠れる森の美熟女」ちゅうグリム童話があったやろ。
あれやで。

いつもありがとね。




ちゃう×3ちゃん
まいど

>私にはとてもとても無理ですが少しでも世の中の役に立つことできればいいなぁと思ってしまいました・・。
⇒大丈夫。
ちゃう×3ちゃんは、今でも、日本酒類販売業協会とかに大貢献してるし…。

忙しいのはちょっとは落ちついたんかいな。
ブログが更新されてるから、ちょっと一息かな。
昨日の夜は吹雪やったのー
明日くらいまで、さぶいけど、家族全員、着膨れして乗り越えるんやで。

いつもありがとね。




グレ・チビママちゃん
まいど

>私が余命あとわずかとなったら自分のことしか考えられんかも…相当な醜態をさらしそうで怖いわ…。
⇒大阪中のホルモンが無くなりそうな…。

こんなお医者さんばっかりやったら、病人減るで。
「薬」よりも「安心」を投与してくれる医者が増えたらエエのになー

かのみ姐さんは、OL時代から潰瘍で、それが完全に治ってないのに、痛いのがなくなったら、また大酒飲みよる。
それに加えて、アンタも知ってるとおり、人一倍、気い使う性格やから、胃に負担がかかるんよ。
ホンマは、なんもかも忘れて、2週間くらい入院したら、相当ようなるんやけど、なかなかそんなことも出来へんし…。
とにかく、当面は「禁酒」やな。

いつもありがとね




モカさん
こんにちは

震災から、もうすぐ2年です。
それでも被災地には、瓦礫が山積みですし、除染も進みません。
りょうへい先生は、きっと「何してるねん!」って、怒っておられたと思います。

今、産科を目指す人が少ないのです。
患者から医療ミスなどを訴えられているのは、産科と小児科が多いからです。
みんな、内科を目指して、老人の診療で安定的な報酬を得ようとしています。

医者も、患者も余計なことを考えずに、医療というものの本質的な目的に向かってほしいものですね。

いつもありがとうございます。
ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2013年01月28日 11:24
8ちゃん、ただいま〜

おいらもきょうへい先生に
診てもらいたかった
妊婦じゃないけどw
Posted by あき at 2013年01月28日 20:22
あきちゃん
おはよ

やと帰ってきたか。
出張2連発は、キツイのー

きょうへい先生の所へ行くと、話しをしてもらうだけで、元気になったそうやで。
老人を薬漬けにして、大儲けしてる医者とは大違いやな。
政府も、とってつけたように表彰したけど、もっと前にこの先生の偉大さに気づかんかい!

医療のあるべき姿を教えてくれた、きょうへい先生はもういない。

ただ、この4月から、きょうへい先生を慕う若い先生が来てくれるそうや。
まだまだ、志をもったお医者さんもおるな。

いつもありがとね
ポチッ

Posted by 8ちゃん at 2013年01月29日 10:28
欧米では、医師は、その倫理や使命について
「ヒポクラテスの誓い」を宣誓するそうですが、
きょうへい先生は、医師の倫理と使命に最期まで
忠実であろうとされたのでしょうね。

だからこそ、フクシマの抱える過酷な現実と
目の前の患者さんの狭間で、実は相当、苦悩されて
いたような気がします。

下医は病気を治す、中医は人間を治す、上医は社会を治す
と言いますが、下医に出会えれば上等で、
下医どころか、金儲けに走ったり、権力におもねったり、
ひどいケースだと薬害に加担したりする医者が
いたりして、げんなりします。

今日もありがとうございます。ポチッ。
Posted by ドンロゴス at 2013年01月30日 23:30
8ちゃん、こんばんは〜

記事の内容と全然違う事なんだけど、井戸端のパスワード貰った?
まだだったら、急いで貰ってね。

8ちゃん貰っただろうかと急に心配になってさ。

Posted by なろまゆ at 2013年01月31日 01:09
ドンロゴスちゃん
まいど

>下医は病気を治す、中医は人間を治す、上医は社会を治す…。
⇒素晴らしい言葉やね。

怪我や病気の人間は、医者に頼るしかない。
医療の現場も確かに過酷な仕事の場合も多いけど、研修医や勤務医なんかにも十分な報酬をちゃんと確保してあげて、やりがいのある職場にすることも大事やと思うわ。
「老人=金蔓」の強欲医者が、ベンツに乗ってゴルフしてる同じ時間に、昼夜通して働いてる若手の勤務医は、サラリーマン並みの給料やねん。

患者が自由に医者を選べてそうで、実は医者に関する情報が少なすぎて、選択材料がないのも問題やね。

きょうへい先生が、あと10000000人いてくれたら、エエのに…。

いつもありがとね。





なろまゆちゃん
まいど

ありがとね。
早速、送信しといたで。

雪はどうなん?
もうすぐ、節分、立春やけど、北国の春はまだまだ先やね。
こっちは水仙が咲いてるで。
梅は「春の足音」で、水仙は「春の予感」って言う表現を使うんやで。
どや。
ロマンチックやろ(エヘン!)。

来週はまた寒波らしいし、中国から毒ガスが流れてきてるから、気いつけるんやで。

いつもありがとね。













なろまゆ
Posted by 8ちゃん at 2013年01月31日 15:06
おはようございます。

そんな立派な先生がいらっしゃったことを今日初めて知りました。自分の体よりも、町を心配するなんて・・・。
すごい方です。
後継者が現れて、私もホッとしました。

ぽちっ
Posted by 元単身赴任のYH at 2013年02月01日 08:30
YHさん
こんにちわ

本当に素晴らしい方ですね。

福島を含めた震災地の復興はなかなか進みません。
この状態は、やはり「縦割り行政」の歪だと思います。
重複工事もある一方で、どの官庁にも属さない風評被害に対する国の窓口がありません。
また、津波浸水区域以外の内陸部被災地には、復旧事業費の配分が殆ど行なわれていません。

きょうへい先生が命を賭けられた医療分野も、医師の派遣などは、病院や個人単位の善意に頼った状況です。

とにかく、政治家は自分で被災地に何度でも足を運んで、出来るだけ多くのミーティングなどにより、現状を正確に把握する必要がありますね。

ポチッ


Posted by 8ちゃん at 2013年02月01日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。