あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年02月26日

明石歩道橋事故を考える

子供たちが楽しみに待っていた夏休みが始まる2001年7月21日。
兵庫県明石市の大蔵海岸には、その日行なわれる明石市民夏祭りの花火大会を見物しようと、約20万人の見物客が訪れた。

この大蔵海岸に行くには、国道2号線及び国道28号線、市道大蔵町48号線を横断する必要があったが、そのためには、山陽電鉄大蔵谷駅、同人丸駅から歩くか、又はJR神戸線の朝霧駅の南側の歩道橋を渡る必要があった。
しかしながら、この3駅の中では朝霞駅が一番会場に近く、さらには、祭りには欠かせない露店180店が、警察の指示により、朝霧駅の歩道橋南側の真下から290mにわたり集中していたため、観客の大半は、朝霧駅を利用することとなったのだ。
また、大会実行委員会作成のアクセスマップには、朝霞駅からの経路しか表示されていなかったのである。

そして、午後8時45分、悲劇は起こった。

有効幅員6m、長さ103.7mの朝霧歩道橋の上に、駅を目指す客と海岸や露店を目指す客が異常なほど溢れ、大きな圧力が人々を押しため、「群集なだれ」という状況が発生して、多くの人が巻き込まれた。
そして、死者11名、重軽傷者247名という大惨事になったのである。

死者11名は10歳未満が9名と70歳以上が2名である。
力のない者が、犠牲になったのである。

この事件では、兵庫県警察が計画策定と当日警備の両方の業務上過失致死傷容疑で、明石署、明石市、警備会社の担当者ら計12人を書類送検し、うち5人を神戸地検が在宅起訴して、2名に実刑(2年6月)及び3名に猶予刑の判決があったものの、7名は起訴されなかった。
ちなみに、民事訴訟では明石市、兵庫県警察及び警備会社に対し5億8千万円の賠償を命じた判決が確定している。

しかしこの事件は終わらない。

遺族らは、書類送検されながら不起訴となった明石警察署の署長(手続き途中で死亡)と副署長について、神戸検察審査会に審査を申し立て、審査会は、その後3度にわたり、起訴相当と議決をしたが、この決定に対し、神戸地検は3回とも不起訴とした。

この3回という回数は過去に1例しかない極めて異例の判断である。

「検察は、捜査仲間である警察に甘いのか。」

こんな声が聞かれる中、3回目の検察審査会による起訴相当議決を受けて再捜査をした検察当局は、4回目の不起訴処分を行なった。
起訴の対象となった副署長が、事故防止に必要な一応の措置を講じていたという判断だった。

検察の不起訴に対して検察審査会は、副署長に対する強制起訴を行い、この問題は始めて裁判所の判断を求めることとなったが、裁判所は、2013年2月20日に起訴時点の2010年4月には公訴時効である5年を過ぎているとして裁判の手続きを打ち切る免訴を言い渡した。
やっと起訴をしたと思ったら、裁判所が事実関係の判断を行なうことなく、時効という門前払いにされてしまったのである。


事件の簡単な経緯は、以上のとおりである。
さて、この事件にはどんな問題が含まれているのだろう。
次回は、ここに隠された大きな問題を掘り下げてみたい。


おやっ!また、こんなものが…。

毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「明石歩道橋事故」から11年以上の年月がたっているんですね。 

あの当時、ニュースで事故を知ったときはかなりの驚きでした。あの歩道橋にあれだけの群集が集まった映像は普段の歩道橋を知る者からして、想像が出来ないものでした。

自己責任の欠如と言う声もあるようですが、次回の8ちゃんの記事、事件の問題を待ちますね。
Posted by グレ・チビ ママ at 2013年02月26日 21:17
 わたし、この場にもしいたら大怪我もしくは死亡してると思う。
 別に少々急いでもそないにかわらへんのにグイグイ押してくる人っているよね。
 スーパーのレジでもそうやもん。
 別に次に並んでないのになんでそないに密着しはるのかよおわからへん。
 挙句の果てには私のかごまで押し出す始末・・・・・・・。
 もうちょっと一人一人の心に余裕があったらこんな悲しい事故、起こらなかったのにね。

 私1度だけ怒ったことありますよ。
 丁度玉子の安売りの日で、開店前からものすごく人が並んでいたんです。
 一人1パック限りだったので子供さんもお母さんと来てはりました。
 開店時間が近づくとグイグイ後ろから押してきはるんですよ。
 私でも苦しかったです。
 なので

「小さい子供さんがいてるんです。後ろから押さないでください!!!」

って大声で吠えました。
 でも恥ずかしくは無かったです。^^
Posted by ナウシカアコ at 2013年02月27日 05:46
8ちゃん師匠

リクエストにこたえてくれて、ありがとうございます。

本当にこの明石歩道橋事故は11年半たっても終わっていません。この事故で大切な子供を亡くした知人がいます。遺族の人たちの闘いは悲痛ですね。ニュースを見るたびに胸がしめつけられます・・。今回の免訴判決はあまりにも納得できないです。

一方で遺族の人たちには後ろばかり振り返らずに、前を向いて生きていってほしいとも思っています。なかなか納得のいく答えなんて出てこないですから。


次回、期待しております!!
Posted by ちゃう×3 at 2013年02月27日 06:33
グレ・チビママちゃん
まいど

この事件は奥が深いわ。
今回の明石市の花火大会みたいな町おこしイベントは全国にあるけど、たくさんの人を集めるためには、それなりの「準備」が必要やねん。
また、書くけど、どうやら「イベントを行うこと」ことがすべてに優先した結果かも知れんね。

ところで、「清らかで透き通る美しい泉が湧いてくるグレ・チビママ」に紹介された、清らかな「豚足のかどや」に今度行く予定やねん。
ちゃう×3ちゃんとこも、行ったけど「休み」やったみたいやで。

たのしみやわ。
いつもありがとね。




ナウシカアコちゃん
まいど

>わたし、この場にもしいたら大怪我もしくは死亡してると思う。
⇒そうやね。アコちゃんの体力考えると、そうかも知れんが、屈強な旦那様が、1000人くらいは軽く跳ね飛ばすかも…。

>「小さい子供さんがいてるんです。後ろから押さないでください!!!」
⇒エライ!
誰もが、同じこと思うてても、声に出して言うのが大事なんよ。
アコちゃんが言うように、みんながもっと、気持ちに余裕をもって生きていきたいね。

いつもありがとね。




ちゃう×3ちゃん
まいど

>リクエストにこたえてくれて、ありがとうございます。
⇒ワシも、前から検察審査会のあり方も含む起訴制度については疑問もってたから、エエ機会やん。

>遺族の人たちには後ろばかり振り返らずに、前を向いて生きていってほしいとも思っています。なかなか納得のいく答えなんて出てこないですから。
⇒そこへ連れて行ったという罪悪感もあるやろし、「忘れること」は絶対に無理やろけど、その分、夫婦の時間を大切にしてほしいね。

>次回、期待しております!!
⇒う“っ!また、プレッシャーーーーーが…。

いつもありがとね


Posted by 8ちゃん at 2013年02月27日 11:27
こんにちは。

この事件は、衝撃的でした。
人が多すぎたというだけで、人身事故になったというのに驚きました。
それこそものすごい人出だったのでしょう。
「免訴」の報道は、新聞で読んだだけなので詳細は知りませんでした。どううい背景があるのか・・・。
ぜひ知りたいです。

ぽちっ
Posted by 元単身赴任のYH at 2013年02月27日 17:34
YHさん
こんにちわ

この時の観客数は、15万人とも20万人とも言われています。
この観客が、ほぼ一経路しかない歩道橋に殺到しました。

ご存知のようにこの事件は、強制起訴となりましたが、実は、2009年5月に強制起訴制度が出来て初めてのケースでした。
検察官役をする指定弁護士も、前例がないので、自身の事務所で受任していた他の事件をこなしながら、試行錯誤で取り組んだものです。

この強制起訴に至るまでの3回の不起訴処分というプロセスに要した時間が、結果として公訴時効を招いたものです。

難しい問題ですが、私の考えを記してみたいと思います。

いつもありがとうございます。
ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2013年02月28日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。