あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年07月24日

限界集落


山口県周南市における男女5人の連続殺人、放火事件は、付近住民だけでなく日本中に大きなショックを与えている。
山口県警は260人態勢で付近の捜索を行なっているが、重要参考人とみられる63歳の男性の消息は未だ不明のままだ。
勿論、この男性は現時点では重要な参考人であり、報道各社の犯人確定扱いの報道姿勢には問題があるが、この男性が事件の重要な部分に関与している可能性は高いのだろう。

この事件をみて、私が感じたのは事件そのものの奇怪性もそうなのだが、被害者が4世帯で僅か5名であることと、その誰もが高齢者であることである。
さらに、付近住民に防犯上の避難誘導をして、避難した住民の内容が5世帯9名なのである。

限界集落。

高知大学にいたころの大野晃教授が作り出した言葉である。
そこに暮らす住民にとっては、いかにも失礼な言葉なのだが、定義らしいことを言えば、「過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって、冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落」ということらしい。

国土交通省が平成20年に実施した調査では、65歳以上が人口の過半数を占める集落は全国で7,878集落。
このうち、集落としての機能維持が困難になっているものが2,917集落である。
さらに、このうち423集落は10年以内に消滅する可能性があるという。

限界集落と言えば、山間部、離島などの交通の不便な場所を思い浮かべてしまうが、実は、都会においても老人ばかりが住む大規模団地などでこの傾向は進んでいるのだ。
大型団地などにおいて入居時期が同時期の人々が次第に高齢化して、新しく入居する人が少ないケースで、孤独死などがかなりの頻度で発生している。
また、都市化の進行によって都心地域の人口が空洞化して、高齢者世帯が都心地域に取り残されるケースもある。
都市中心部で小学校などが次々と廃校になっているような地域である。
人のつながりが薄い都心部ではかなり深刻な問題である。

限界集落のうち、山間部や離島などの状況を分析すると、昭和30年代以降の高度成長時代は、産業構造が転換し、地域間の経済格差もあって、山間部の人口は減少していく。
働く場を求めて出て行くのである。
人口が減ると、農業などの共同作業が出来にくくなり、祭りや地域の清掃なども廃れてくる。
そして、地域の寄り合いなども開催されなくなって、集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など共同体としての機能が急速に衰えてしまうのである。

ここには、就学児童など未成年者の世代がいなくなり、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多くなり、病身者も少なくないのだが、これらの地域では、無医地区もあり、小児科医、産婦人科医は殆どない状態だ。

この状態は、更なる若者の流出を誘引して、結果、高齢化率は上がり、学校が消え、郵便局が消え、商店が消え、交番が消え、病院が消えてしまうのである。

総務省自治行政局過疎対策室は、平成20年8月に、「過疎地域等における集落対策の推進について」という通達を出して、限界集落対策を出しているが、その内容は、集落機能の維持に焦点をあわせた内容でしかない。

集落を支援する人を組織化し、集落の問題点などを点検すると共に、居住者と話し合って、地域の実情に合致した集落の維持・活性化策を図るというものだ。

そして、集落機能の維持が困難な場合には、他の地域との統合を促進したり、場合によっては、集落自体の移転についても検討するらしい。

遅すぎないか。

過疎の問題は、昭和40年代から行政上の課題になっていた。
そして、この頃から行政が行なってきた過疎対策は、公共事業だけだったのだ。
過疎の根幹的な理由を検討することなく、山村部などにおいて、大規模な道路、河川、砂防工事、土砂崩れ対策の事業などの公共事業が次々と行われ、巨額の予算を投入してきたのである。

地域の産業育成、雇用問題、少子化対策などはこれらの大型公共事業の影にかすれてしまっていたのが実情だ。

そして、その公共事業がもたらしたのは、過疎地域の活性化ではなく、ゼネコンなどへの巨額の利益とそれにぶら下がる政治家や地域利権者の預金通帳の残高を増やしただけではなかったか。

バブルがはじけ、公共事業に湯水のように金を垂れ流せなくなった、90年代になると、補助金や公共事業の削減が、過疎を加速させ、限界集落問題が顕在化してきたのである。

過疎地域といわれる集落に生活する国民は、約1000万人である。
過去40年間で過疎地域の人口は約半減して、この数字になったのだが、この1000万人と言う数字は、国民全体の8.4%である。
しかし、この8.4%の国民が住む過疎地域の面積は、日本全体の面積の54.1%を占めるのである。
日本はここでも2極化が進行しているのである。

限界集落に対する処方箋は、なかなか出てこない。
夕張市では、過疎地域の住民の市街地への転居を当該地域に住む住民に提案している。
病院や学校のある市街地への集中化により、行政面でのフォローが行ないやすくなるのである。
一方で、地域に対する住民の愛着心や市街地への嫌悪感や不安もある。

行政の関与の方法が問われているのだ。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 10:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の事件、政治家が高度経済成長社会の暗部をその後放置し続けた事による典型的な悲劇なんですね。

先祖代々の土地、習慣、生活を尊重されてきた人々はハードウエア(公共事業最優先)の隆盛に翻弄されて、次第に世間から徐々に疎まれる地域となり、、人の流入がなくなればコミュニティは固定化されてしまい、、、そこにもし縁あって居住し溶け込んで行くことは互いに様々な努力が必要になってくる。違和感が積み重なり最悪の悲劇に。

政治家が成長ばかりに光を当てて来た、、、そして見据える先が数年先の利益優先で走り続けた末路が今回のような事件では愚直に生きてきた国民は本当に報われなせんね。

年末、7月と選挙も終わり、、兵どもが夢の跡、、、にならぬよう、もっと政治家さん勉強して人も物も循環する国にしてほしいと思いました。

今回は8ちゃんの事件の分析、、色々深いわあと思い長々書いてしまいました。

追伸、京都選挙区の『打出党』観ました。
   見逃してた!しかし、、これは前代未聞ですな!(笑)というよりも恐怖でしたわ。貴重な映像ありがとう。一生涯忘れられません。ある意味。

ぽち
Posted by roro at 2013年07月24日 14:33
roroちゃん
まいど

そうか。
「打出党」みたか。
感動したやろ(笑)。

今回の事件は、@抵抗できない老人、A隣家との距離が大きいことによる異常事態の発見遅延、B消防、警察の到着まで長時間を要する位置環境、こんなことが重なって、連続犯行が可能になったんやろね。

限界集落の問題は根が深いな。
農業に希望が持てずに都会へ向かった若者たちは、村には2度と帰ってこなかったし、残された老人たちに待っていたのは、米の価格を自分たちで操作しようとする農協と農協議員の策謀による「減反政策」やったんやで。

昭和45年から始まった減反政策は「米を作りたい」って言う農民の反対を農協幹部が「村八分にするぞ」とか脅しながら、強行した。

結果、日本の農地規模は世界最小クラスになって、農業では食えない⇒都会へ出て働くといった過疎化の後押しみたいになってん。

今、TPP交渉で、農協は、米、麦、牛・豚肉、乳製品、甘味資源作物(サトウキビとかてんさいとか)の5品目の自由化からの除外を自民党に飲ませて交渉団を監視してるけど、その理由は、「日本農業への深刻な打撃を回避するため」ってほざいてるわ。
それなら何十年も減反して農家を減らし続けた理由をキッチリ説明せんかい!って思うわ。

roroちゃんは、とりあえず…。
今日も暑さに負けんように!

いつもありがとね。

みほどどちゃんが、井戸端、何とかしてくれそうで、よかった。
登録したら、遊びにいくんやでー。
Posted by 8ちゃん at 2013年07月24日 15:08
みほとどさん ありがとね!

8ちゃんお邪魔しました(*^^)v

Posted by roro at 2013年07月24日 16:48
8ちゃん、チャオ!!!
たまには、食べものネタ以外でも顔を出さんと… ( ´∀`)ヵヵヵ

恥ずかしながら、「 限界集落」言う言葉を初めて知りました。

残念ながら、こういう事件は今や日本のどんな所でもおこりうるけれど、この地のおかれた状況により、次の犯行を防げなかったのかもしれませんね。

>しかし、この8.4%の国民が住む過疎地域の面積は、日本全体の面積の54.1%を占めるのである。日本はここでも2極化が進行しているのである。

現在の過疎地域の状況に驚きました。

驚いたといえば、しんどう伸夫「打出党」にも度肝抜かれましたわ〜
でも投票数 2,906って!!!

P.S. roroちゃ〜ん、井戸端でお待ちしとりますwa♪♪♪\(○^ω^○)/
Posted by グレ・チビ ママ at 2013年07月24日 18:02
こんばんは!
今日も無知な私の感想を8ちゃんさんの大きな心でどーーん!と受け流してくださいまぢ(^◇^)

詳細がわからなかったのでググりましたら、「津山30人殺し事件」を類似事件として目にしました。時代は随分違いますが。。。

都会でもゾッとする事件。
田舎といえば、人数が少ないからこそ和気あいあい協力するイメージがありましたが。。。
そうでない場合は想像を絶する悲惨な結果になる場合もあるんですね。。。

勝手なイメージでしたけど、田舎の人が皆親切でのどかかといえば必ずしもそうではないですよね。少人数の集落でどんな人間関係だったのでしょうか。。

わ!!エスパーです!8ちゃんさん!炭火はじゃがいも外せません♪ほっくほくであまーーいじゃがいも♪ほっけも最高です♪
最近は、ホルモンと精肉店で買う、おいしーーーいレバーにハマっております♪(o^^o)



Posted by つむり at 2013年07月24日 20:07
おはようございます。

過疎地域に1000万人の方が住んでいらっしゃるのですね。過疎といっても大きな数字ですね。
限界集落のお話を読みながら、夕張の取り組みを思い出しました。中心部への移住を促進して、コスト面とコミュニケーション面をカバーしようという試みですが、なかなかうまくいっていないようですね。施策を推進するには、目的を十分に話し込まないと先に進まないのかもしれません。
限界集落。
これ、大きな問題ですね。
でもみんなが考えないといけない課題ですね。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2013年07月25日 08:32
グレ・チビママちゃん
まいど

>恥ずかしながら、「 限界集落」言う言葉を初めて知りました。
⇒「限界酒量」というのはワシも知ってるぞ。
それを超えると、それは、それは恐ろしい…。

北国の限界集落では、屋根に積もった雪かきが出来ない老人の単独世帯が多いんや。
雪かきを業者に請け負わすと、1回5万円〜7万円くらい取られるから、これもなかなか発注できへんし…。
立派な道路は出来ても、観光地でもない限り、そこを通る車の数は少ないし、役場の巡回も毎日と言うわけのはイカンし…。

この現状を打開するには、やはり、しんどう伸夫氏しか…。

いつもありがとね。
熱中症注意やで




つむりちゃん
まいど

>「津山30人殺し事件」を類似事件として目にしました。
⇒おー!
有名な八つ墓村のモデルやね。
ホンマは、津山市の隣町で起こった事件やったらしいけど、津山市の方が有名やから、「津山事件」になったらしいで。
津山の住民には、気の毒な話やけど…。

>田舎といえば、人数が少ないからこそ和気あいあい協力するイメージがありましたが。。。
⇒うん。
そのとおり。
テレビ番組で、「人生の楽園」ちゅうのがあって、ワシも好きな番組なんやけど、ああいったハッピーなケースもあるやろけど、実際の田舎は、かなり閉鎖的な面も多くて、都会なんかから移住してきた人間は「よそもん」で終わるケースも多いらしいで。
これは、誰が悪いとかの問題ではないんやけどね。

>炭火はじゃがいも外せません♪ほっくほくであまーーいじゃがいも♪ほっけも最高です♪
最近は、ホルモンと精肉店で買う、おいしーーーいレバーにハマっております♪(o^^o)
⇒よし。よし。
ホルモンは、炭火での網焼きが最高の条件やな。
意外に旨いのが、山芋で、輪切りにして焼いて食うと、ホクホクホクホク…。

いろいろ実験したら、教えてやー
いつもありがとね。




YHさん
こんにちは

>限界集落のお話を読みながら、夕張の取り組みを思い出しました。
⇒そうなんです。
夕張市のケースは、全国的に注目を集めている取り組みですね。
夕張市長は昭和56年生まれ。
都庁から、派遣されたのをきっかけに夕張の地に定住して、奮闘しています。
法大ボクシング部出身のファイターですね。

ただし、財政再建途中の夕張市は、どうしても「行政の効率化」だけが前面に出てしまいがちです。
地域の中で、幼年者、青少年、壮年者、熟年者がバランスよく暮らす形のすばらしさをもっと前面に出すべきだと考えます。

今日も暑いですが、ご自愛ください。
ポチッ


Posted by 8ちゃん at 2013年07月25日 10:12
8ちゃんさま

犯人が捕まりましたね。
事件の背景はどうだったのでしょうか。
なぜ、このような犯行に及んだのか…。

ぜひ、続きをお願いします。
Posted by ホワイト at 2013年07月28日 02:16
ホワイトちゃん
まいど

>ぜひ、続きをお願いします。
⇒う”っ!
ぷれっしゃーが…。

この種の事件は、被疑者が容疑を認めてるから、拘留期間が短いうえ、捜査当局が描いたストーリーの調書に被疑者が簡単に署名するから、実は一番本当の事実関係が出にくいケースなんよ。

裁判で、弁護人は、心神喪失による責任能力とか、情状酌量を求めるから、そのときに事件に至った被疑者の心理とか、背景が出てくるんやけど、国選弁護士が、深いとこまで導き出してくれるかどうかやね。

ぼんやりと見えてるのは、田舎が全て「人生の楽園」ではないとういことやわ。

耳をダンボにして、情報集めて何か書けるようにします。

いつもありがとね。

Posted by 8ちゃん at 2013年07月29日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370117594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。