あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年08月20日

山本美香さん

「戦場の子どもたちは、自分たちが大人になったとき、もう二度と戦争がおきないようにと願いながらくらしています。」
「そして、無知であることが、戦争への引き金になると知った彼らは、医者をめざし、法律家をめざし、電気、土木、農業などのエンジニア(技術者)をめざして学びつづけています。国の未来をつくるのは白分たちの世代だとわかっているからです。」

「平和な世界は、たゆまぬ努力をつづけなければ、あっという間に失われてしまいます。」

「これから先、平和な国づくりを実行していくのは、いま十代のみんなです。」
「世界は戦争ばかり、と悲観している時間はありません。」
「この瞬間にもまたひとつ、またふたつ……大切な命がうばわれているかもしれない…。」

「さあ、みんなの出番です。」

シリア内戦の取材中に殺されたジャーナリストの山本美香さんの言葉である。

山本さんがシリア北部のアレッポで殺されたのは昨年の8月20日であった。
アサド大統領の退任を求める反政府組織とこれに対抗する治安維持部隊、軍を交えたドロ沼の内戦の中、両派の対立が激化する中で、国連の停戦監視団さえもがたった4ヶ月で撤収したシリアにおいて、戦争の犠牲になっている子供や女性といった弱者の取材を続けていた山本さんは、死の直前まで、無差別に銃を乱射するシリア内戦の写真を、映像をそして記事を世界に発信し続けていた。

あれから1年。

シリア情勢は混沌の色を増し、内戦による犠牲者は、国連が確認できているだけで10万人を超えた。
コソボ紛争と呼ばれるユーゴスラビアの内戦での犠牲者が1万2千人、カダフィ大佐のリビア内戦での犠牲者数が5万人であることを考えると、この数字の恐ろしさが分かるだろう。

大資本の新聞社やテレビ局は、このシリアを含む紛争地の映像や写真がほしい。
しかし、そんな大会社の社員は決して危険な地域には取材に行かない。
死亡事故が発生すれば、会社が責任を負わされるからだ。
現地から生々しい写真や映像を送ってくるのは、いつもフリーランスの記者やカメラマンだ。

山本さんもシリアへ行く前はアフガニスタンを取材していた。
世界中の紛争のニュースは彼女のような命がけの取材から提供されているのだ。

私は、彼女の取材に触れるたびに、これは戦争の取材ではなく、「戦地の子供たちの取材」だと今も思っている。
それほど、彼女が命がけで撮影してきた写真や映像には戦禍に飲み込まれた子供たちが多く映し出されている。

傷ついて砂塗れになって表情をなくしている男の子。
親から離れて銃弾の下に立ちすくむ女の子。
そんな悲惨な状況下で一瞬見せる笑顔。

そんな山本さんの心の中には、いつもこんな言葉があった。
「現地の人たちが全力で怒りや悲しみをぶつけてくるのですから、同じ人間として心を大きく揺さぶられます。悔しかったり、悲しかったり、怒りの感情が生まれ、心の中にどんどん積もっていきます。……現場で感じる恐怖心を忘れないようにしたい。」

そして、彼女はいつもこう言っていた。
「外国人ジャーナリストが(戦地に)いることで、最悪の事態を防ぐことができる。」

ワシントンの北西地区、ペンシルベニア通りと6番ストリートの交わる場所にニュージアムという建物がある。
ニュージアムとは聞きなれない言葉だが、MUSEUM OF NEWS AND JOURNALISMという意味である。
ここには、戦争取材で命を落としたジャーナリスト2,246名の名前が刻まれている。
もちろん、山本さんもそこから、世界の平和を願うかのように微笑みかけている。

そんな山本さんが、生まれた日本はどうか。
今、日本と中国、日本と韓国の関係は戦後最悪の状況である。
そして、両国民の相互不信に便乗した国粋主義が、戦争を知らない世代に対し、危機感を増長させた「現在の攘夷論」とも言うべき戦争不可避論を浸透させつつあるのではないか。

山本さんは言う。
「戦争は突然起きるわけではないと、私はいつも言っています。必ず小さな芽があります。その芽を摘んでしまえばいいわけです。そうすれば戦争は起こらないわけですから。その芽を摘めるかどうかがすごく重要だと思います。」

山本さんの命日となった8月20日。
彼女が1歳の1968年8月20日は、民主化へと動き出そうとしたチェコスロバキアのプラハに、20万人のソ連軍兵士と5000を超える戦車が介入して、ソ連がチェコを制圧する事態となった日である。
しかし、チェコの国民は、粘り強く民主化を求め続け、それから25年をかけてプラハの春に花を咲かせるのである。

山本美香さんはもう帰らない。
でも、私たちには彼女が残した写真がある。
記事がある。
映像がある。

そして…。

彼女が伝えたかった真実がある。



毒舌日記 ブログランキングへ



ラベル:山本美香
posted by 8ちゃん at 15:41| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

昨夜のニュースで山本さんのことが紹介されていました。
シリア情勢はまだまだ混沌としているようですね。このような中、多くの子供たち、市民が巻き添えをくっている・・・。本当に悲しいことです。
8ちゃんさんのお話を読み、改めて山本さんの凄さを知ることができました。ありがとうございます。

ポチッ
Posted by 元単身赴任のYH at 2013年08月21日 12:17
YHさん
こんにちわ

ご存知だと思いますが、山本美香さんのお父さまは、朝日新聞社の記者でした。
美香さんは、小さいときからお父様の仕事を誇りに感じ、ジャーナリストを目指しました。

山梨県出身の美香さんは、地元の都留文化大学に学びましたが、卒業生の99%が教員などの学校関係に就職するこの大学にあって、美香さんは、初心を貫徹してジャーナリストの道を選びました。

戦地を駆け巡る娘さんに思いをはせるご両親の気持ちになれば、どれほどご心配されたことか。
そして、その不安が現実のものとなった2012年8月20日…。

合掌

いつもありがとうございます。
ポチッ
Posted by 8ちゃん at 2013年08月21日 14:57
8ちゃん、こんばんは〜

山本さんの1周期ってことで
テレビで特集やってたね

うーん。。。女性ならではの視点で
戦地のレポートをしてたけど
やっぱり結果を考えると女性に
戦場カメラマンは危険すぎるかな・・・

もう山本さんのようなジャーナリストは
出ないかもね
Posted by あき at 2013年08月21日 17:35
山本さんが言っていたという
「戦争は突然起きるわけではない。必ず小さな芽があると、そして、その芽を摘んでしまえば戦争は起こらない。その芽を摘めるかどうかが重要であると…」

今、日本には戦争の芽が出ているのでしょうか?そして今ならまだ摘み取ることは出来るのでしょうか?

「なんだかんだ言っても、さすがに戦争にはならないでしょ!」と思っている自分がいます。

甘い考えなのかな、もっと危機感を持つべきなのかな
Posted by グレ・チビママ at 2013年08月21日 20:09
あきちゃん
まいど

またもや安もんサーバーがご迷惑をおかけしています。

山本さんだけでなく、女性ジャーナリストやカメラマンは、外国では結構多いで。
ただし、機材、ライフセットなんかの重量(約10キロ)のほかに防弾チョッキ、安全靴なんかの負荷に耐えるのは確かにしんどいやろね。

それでも、女性目線での被写体の選定や細やかな心理分析記事なんかは、男では及ばんこともある。

国連の治安維持部隊が公平、中立な撮影や記事配信をもっとすべきかも知れんな。

いつもありがとね。




グレ・チビママちゃん
まいど

「芽」は、結構育ってるのかも知れんね。

中国では、情報管制、情報操作しながら世論形成も恣意的に出来るし、事実関係や国際的な常識も知識として開示されへんから、軍部なんかの意向だけで危険な行動に出る可能性もある。

一方の日本では、外交や国際社会への働きかけという部分が脆弱で、「危機感の駆逐のための軍備拡張」みたいな領域に向かってる。

結局、こんな日中の関係悪化の解決策が軍事バランスと言うことになったら、尖閣なんかの境界線では、ちょっとしたきっかけで、武器の使用が起こりえるやろね。

アジア全体とか、世界規模での警鐘といった大きな枠組みでの軍事行動の「封じ込め」が必要やね。
ミサイルのボタンを押した国は世界中から非難を浴びて、孤立するという構図が大事やと思うわ。

ちょっと落ち着いたか。
いろいろ気が休まらんやろけど、息抜きは自分自身で「今日は、息ぬくぞー」って、決断せんとなかなかできへんで。
「かどや」で待ってるわ。

いつもありがとね。


Posted by 8ちゃん at 2013年08月22日 09:38
シリアでは毒ガス兵器で子供がたくさん犠牲になっているとか。心が痛みます。

山本美香さんの死から一年たって、こんなシリアのニュースをみて、腹立たしい気持ちになりました。やりきれないですね・・。


Posted by ちゃう×3 at 2013年08月22日 09:55
ちゃう×3ちゃん
まいど

ホンマにシリアはいつまでこんなアホなことを続けるのか。
最近では、反政府組織内でも主導権争いの反目があって、そこでも犠牲になってるのは、女性や子供なんや。
とにかく、双方の武器や弾薬の供給を止めたいけど、イギリスから毎年5000万ドルの武器が反政府組織に送られてるし、ロシアはアサド政権に地対地ミサイルを売りつけたし…。
この紛争で武器商人は大儲けしてるけど、そのドル紙幣には血と恨みが滲み込んでるわ。

とりあえず、ちゃう×3ちゃんは、週末に向けて、テルテル坊主の作成に取り掛かりなさい。
何なら、身近に生息する「生きたテルテル坊主」の派遣も視野に入れるが…。

いつもありがとね。
Posted by 8ちゃん at 2013年08月22日 10:45
おはようございます!

ほとんどの大事な情報を8ちゃんさんからいただいているつむりです。

8ちゃんさんの記事に書かれている山本美香さんの言葉に泣き、化学兵器使用の件に泣き。。私が想像してもしょうがないことですが、覚悟をしていたであろうことだとしても、近くにいたご主人の気持ちを考えてしまったり。。

ぼくがラーメンをたべてるとき という本を思い出しました。長谷川さんという方が描かれている絵本です。たくさんの絵本を描かれている方なのでご存知かもしれませんが。。
自分がラーメンを食べている時に、他の国の子は。。。という内容です。
絵本ですが、小さな子供には理解が難しい内容だと思います。大人だって普段の生活をしていて、ふとそんなことを考えることは少ないですよね。。。考えるとズーーーンとなりますが、知ることの大切さは本当に大切ですよね。

いつも教えていただいてるばかりの私ですが、知る機会をいただけて8ちゃんさんかに感謝です!

日本の戦争の芽を摘む最善の方法ってなんですかね。。。
うーーーん。もっと積極的にニュースを自分に取り入れなければダメですね。反省です。
Posted by つむり at 2013年08月23日 08:15
つむりちゃん
まいど

>ほとんどの大事な情報を8ちゃんさんから…。
⇒藤圭子に関する情報が少なくてすまん。

山本美香さんは、日本よりもイギリスやアメリカで有名人なんやで。
外国の新聞とか通信社は、日本みたいに大勢の社員を抱えてないから、フリーランスの記者に頼るのが一般的で、それを仲介する代理人みたいな職業もあるねん。

収入も、契約内容で大きく違うし、場合によっては飛行機代とかの経費も自前やねん。
苦労して取ってきた写真も、使用されるケースで1枚5万円から10万円くらい。
スクープやと独占掲載契約で100万円くらいになるときもあるけど、それは狙って撮れるもんやないし…。

>日本の戦争の芽を摘む最善の方法ってなんですかね。。。
⇒うーん。
難しい質問やけど、ワシは、「戦争」の悲惨な実態を正確に知る人を増やすことやと思うねん。
戦争は、なんや、かんやと理屈つけても「国家間の人殺し」に違いないんやし、テレビに出てくるようなスマートな戦争は存在せえへん。
悲惨な殺し合いが、自分や家族に降りかかって、目の前で自分の子や親が銃弾に倒れるのが戦争やで。

いつもありがとね。
今日の午後から天気は荒れだすから注意やで。


Posted by 8ちゃん at 2013年08月23日 09:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。