あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年10月18日

第185回臨時国会(急)

この国会では、こんな単語が飛び交うかもしれない。
改憲のための国民投票法、集団的自衛権、国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案、特定秘密保護法案である。
これらは、別々の議論のようだが、実は根元は一緒なのである。

頭が痛くなりそうなので、これらを簡単に解説すると、

まず、国民投票法であるが、憲法改正が具体的にどんな手順で改正されるのかというと、@改正案が国会に提出→A衆参両院で審議し、それぞれ総議員の3分の2以上の賛成で議決→B国民に提案(発議)されて、国民投票で過半数の賛成で承認されるといった手続きになるのだ(憲法96条)。

「何や、分かりやすいやんけ」
と、おっしゃるアナタ。

このように分かりやすいものを複雑怪奇に解読したり、バカボンのパパ的に解釈したりするのが政治家の特技ではないか。
憲法第9条なんかも、海外の友人に言わすと、「シンプルで分かりやすいやんか。」と大阪弁で感心するのだが、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」と書いてあっても、自衛隊は、「陸海空軍その他の戦力」ではないと説明しなければならないのだ。

自衛隊の諸君もその存在自体が「解釈」といった不安定なものではなく、「国防のための軍を擁す。」という記述に憲法を改正すればよいと思うのだが…。

そんな「解釈大国ニッポン」にとっては、憲法改正の国民投票についても、「特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。(憲法96条)」と書いてあるのだから、分かりやすいはずなのだが、「国民って何歳までや」とか「過半数って、何の過半数なんや」といった解釈論が乱舞するらしい。

まあ、この国民投票に関する法律が平成19年までなかったのもおかしな話ではあるが、この平成19年に、過半数=有効投票の過半数とか、国民投票の時期=国会で発議してから、60日〜180日後に国民投票を行うとか、中には、「投票用紙(縦書き)にあらかじめ印刷された「賛成」または「反対」の文字(いずれもルビ付き)のどちらかに○をつける方法で投票を実施(国民投票法57条:原文のまま)」とかいった、実にマニアックなルールが決まっている。

もっとも、「有効投票の過半数」ということは、例えば、投票率が50%だと、有権者の4分の1が賛成すれば憲法が改正されるといった問題も出てくるのだが、そこは誰も文句を言わないのが不思議だ。

今国会では、この国民投票に参加できる国民の年齢を「満18歳以上」とする関連法案を審議する。
平成19年の法制定の時に、国民投票のできる年齢を「満18歳以上」と決めたものの、他の選挙では「満20歳以上」となっているため、この整合をとる法律を作るのである。
つまり、憲法改正の最終的な実行段階での環境整備である。

一方、集団的自衛権の議論、国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案、特定秘密保護法案については、まさに三位一体である。

集団的自衛権とは、他の国家が武力攻撃を受けた場合に直接に攻撃を受けていない第三国が協力して共同で防衛を行う権利なのだが、今までの政府解釈によると集団的自衛権とは、「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利」として、憲法第9条の下において許容されないという解釈を国会で述べてきた。

ところが、安部政権は、この政府解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認しようとする方針を打ち出している。
そして、その具体的な内容を決定するために、議員立法によって国家安全保障基本法を制定するのである。

しかし、これは、憲法と言う上位の規定を法律と言う下位の規定で駆逐しようとする考えではないのだろうか。

そして、その国家安全保障基本法では、自衛隊が大きな役割を果たすことが想定されていて、自民党の憲法改正案に書かれた自衛隊の任務の中に、国内治安維持活動を入れているものを改憲前に先取りする内容になっているのである。
さらに、その自衛隊が行なう国内治安維持活動を有効に運用するためには、情報コントロールが不可欠となり、特定秘密保護法案が今回出てくるのである。

自民党の憲法改正案の9条の2は、国防軍に関する条項であるが、そこには、このように記されている。
(前文略)
1. 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
2. 前2項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
3. 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

この自民党の憲法改正案では、「国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動」と表現する集団的自衛権を認め、「公の秩序を維持」するために国防軍が治安維持活動を行い、「機密の保持に関する事項は、法律で定める」として、機密の定義を法制化しようとしている。

つまり、この自民党の憲法改正案により、特定秘密保護法も集団的自衛権、国家安全保障会議(日本版NSC)も見事につながるのである。

この中でも、あまりメディアに出てこないが、国家安全保障基本法とうのが、かなり危険な法律なのである。
その中身をみると、政府の各省庁の行政に国家安全保障政策を優先課題とし(第3条2項)、国民には国家安全保障政策に協力努力義務を課し(第4条)、自衛隊の海外派遣を恒久的に法制化して、国連の要請や決議がなくても政府の判断で海外へ自衛隊を出動させて、武力行使が出来る(第11条)ほか、武器輸出三原則さえも撤廃しているのである(第12条)。

そして、身近な問題では、国家安全保障基本法案の第3条3項(「我が国の平和と安全を確保する上で必要な情報が適切に保護されるよう、法律上・制度上必要な措置を講ずる。」)において、秘密保全法制定を規定しており、これに対応する特定秘密保護法案では、特定秘密の範囲が広範かつ不明確なまま、知る権利の制約の問題など、十分な議論がなされるのか疑問だ。

この特定機密保護法案には、政府自身が実施したパブリックコメント(公開意見集約)の集計でも、約9万件の意見のうち特定機密保持法案への賛成は1割強にとどまり、反対意見が8割もあったのである(残り1割は「わからない。」)。
行政の都合で「秘密」とか「機密」に指定された情報をすべて刑罰の対象とするのは、極めて乱暴だし、この脅しでメディアや国民を遠隔操作するという仕組み自体が、自民党支持者の中でも警戒されたのであろう。

「国家機密」という言葉に接するたびに、私は、沖縄返還密約に関する機密文書をスクープし、時の政治勢力により、冤罪を着せられて投獄された毎日新聞の西山太吉記者のことを思う。

国が、「我が国の安全保障に著しい支障を及ぼす」と認めれば「機密」になり、国会にも公開しない「機密」を取材も出来ないメディアしかいない未来の日本。

圧倒的多数の与党と、知恵も勇気もない野党の狭間で、日本の未来を決める重要な法案が、審議されようとしているのである。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
8ちゃん、今晩は〜(^^)

平成の治安維持法のような感じがします。
弱者切り捨てが更に進むのですね。

自衛隊を否定はしませんが、過剰な軍費を半減すれば、
諸悪の根源とも言える国債を減らせるでしょうね。


めでたいな〜〜〜(^_^)v
あきちゃんのブログを見たら、
かのみ村の美熟女達の祝辞わんさかです。(^^)

焼きそばをフライパン食いで、酒がとまらんのです。(^^)
Posted by も〜 at 2013年10月18日 23:01
師匠こんちわ〜
「憲法改正が具体的にどんな手順で改正されるのかというと、@改正案が国会に提出→A衆参両院で審議し、それぞれ総議員の3分の2以上の賛成で議決→B国民に提案(発議)されて、国民投票で過半数の賛成で承認されるといった手続きになるのだ(憲法96条)」

ここまでは8ちゃんの訳で分ったんだが
あとがよう分らん
分らんままで、民主党に入れたり
原発推進の自民に入れた国民が憲法改正に
投票なんて危険すぎるね。。。
Posted by あき at 2013年10月19日 15:56
一生懸命私なりに読んでみた。
なんかわかったような、わからんような…

あえてわかりにくくして、自分達の都合のええ内容にしてるのを私たちに気付かせんようにしてるんやろか

>つまり、この自民党の憲法改正案により、特定秘密保護法も集団的自衛権、国家安全保障会議(日本版NSC)も見事につながるのである。

も〜ちゃんも言ってはるけど、かなりやばいんやろか

ねじれが解消してのこの国会。どれだけの審議がもたれて、どれだけの法案がとおるのか…
安倍首相は政策運営のスピード感が大事とかいってはったみたいやけど

Posted by グレ・チビ ママ at 2013年10月20日 18:33
も〜さん
まいど

スパイ天国の日本で、国防上のトップシークレットを中国の美人スパイにホイホイとしゃべるようでは、困るのですが、これは国家公務員法や自衛隊法で刑罰も含めて規制されています。
このような機密保持に関する法律を作る場合は、「機密」の定義をしっかりと定めておく必要があるのですが、法案では「必要な場合」とか「重大な」とか漠然とした表現しかありません。
本来、裁判所が決めるべき犯罪要件を行政が決めてしまうことが問題です。

また、台風が来ているようですが、伊豆大島の皆さんが気がかりです。

いつもありがとうございます。




あきちゃん
まいど

しっかり、「ママ」してるか。
井戸端会議にブーブーちゃんからもメッセージが届いてるから、覗いとくんやで。

確かに、よう分からんままで、投票行為するのは危険やね。
今の政治への不信をMAXにしたのは民主党やし、他の野党の議員も「どこへついたら当選するか」だけを基準に政党が出来てるから、しっかりした信念がないわ。
出来れば、ガラガラポンで、政党の再編なんかがあってほしいと思ってるんやけどね。

殿は、当面は、夜と昼が逆になったりするで。
ウチの場合は、何があっても車に乗せたら、ピタッと泣き止んでスヤスヤ眠ったけど、車から降ろしたら目がパッチリやったわ。

自分の体調にも気を十分注意するんやで。
いつもありがとね。




グレ・チビママちゃん
まいど

>あえてわかりにくくして…。
⇒ワシも、そんな気がするわ。
53日の超短期間で、まさに「どさくさまぎれ」で重要な法案が審議されて可決されていくのは問題やし、マスコミもこれらを解説できるところは、少ないし…。

>かなりやばいんやろか…。
⇒やばくなるかどうかについても、法案の中身を全部解説してもらわんと、ようわからんのが実態やわ。
賛成意見を述べてる人も、反対意見を述べてる人も、広く国民に向かって議論を投げかけようとしてないのが一番の問題やね。
安倍首相はここ最近の首相の中では、一番精力的に動いてるし、菅官房長官や世耕官房副長官あたりの側近がよくフォローしてるから、野党がよりいっそう「貧弱」にみえるな。
最近の世論調査(10月15日:NHK)では、自民党の支持率が36.1%に対して、民主党が5.2%、日本維新の会2.1%、みんなの党1.2%、共産党4%、生活の党0.2%、社民党0.5%で、野党を全部合計しても自民党の支持率の約3分の1しかないという、体たらくやもんね。
不安はあっても、代わりの野党がない状態やね。

いつもありがとね。

Posted by 8ちゃん at 2013年10月21日 11:14
8ちゃんのブログはいつも勉強になります。

序、破ときてQではなく急(笑)
そのセンスにも驚きなんですが、エヴァか!と突っ込みを入れるのが先でした。

しばらく更新がなかったので300mほど歩こうかと思っていましたよー^_^
Posted by パンダのマグカップ at 2013年10月22日 16:40
キャー
パンダのマグカップちゃん
まいど

>しばらく更新がなかったので300mほど歩こうかと…。
⇒正確には、297mであったぞ。

ちょいとサボっておったが、秋の風とともに(気まぐれではあるが)書きはじめたんよ。

>エヴァか!
⇒どうせなら、第17使徒あたりが似てるかも…。

朝晩涼しくなったと思ったが、ここ2日くらいは25度超えやのぉ。
まあ、秋の寂しさが暑さで薄らぐのはエエか。

肴も旨いもんが出てきたから、また行くでー

いつもありがとね。
Posted by 8ちゃん at 2013年10月22日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。