あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2013年10月15日

第185回臨時国会(序)

まったくもって、国会議員というヤツらは、休みばかりで働こうとしない。
公設秘書の経費も含めて、一人当たり年間6000万円も給料を貰いながら、政府への質問だけが仕事ではないにしろ、国会での発言時間は、委員会も含めてベテラン議員でも、1時間くらいなので、議決(札入れ)の時以外の、ひな壇で寝ている時間を控除した実働時間は、一人当たり年間10時間程度だから、こいつらの時給は6,000,000円だし、国会期間中、ヤジを飛ばすことしか出来ない議院が圧倒的多数なので、そんなヤツは、明らかな不当利得なのである。

こんな、時給800円のおばちゃんを、7,500人以上も雇用できる高給をひとりで貰っているくせに、衆議院だけをみても、昨年の12月29日から冬休みに突入して、今年の1月27日まで、1ヶ月もの長い正月を楽しんだ後は、翌28日から、6月の26日までチンタラ過ごし、「選挙だから!」と言って、6月27日から8月1日まで1ヶ月以上の大型バカンスを楽しんでいるのだ。

その間、外遊と称する海外公費旅行に出かけて、現地の綺麗なネエちゃんとドンチャンやったかどうかは、知らないが、8月2日に国会を再開したと思ったら、6日間開催しただけで、「お盆は国民的行事である。」とか何とか言って、8月7日からは盆休みに突入して、10月14日まで、2ヶ月以上の「第2夏休み」(もう秋やろ!〕をとっているのだ。
これをみれば、いかに温厚な私でも、「エエ加減にせんかい!」と怒鳴りたくもなるのである。
第一、何かあれば「覚えていない。」とか「記憶にない。」とか言う連中に、こんな長い休みを与えたら、それこそ、自分の名前も忘れてしまうのではないかと、心配してやるのだ。

「7月には選挙があったから、しゃあないやんか。」

何、言うてんねん!
選挙は、参議院選挙じゃ!
お前ら衆議院議員は、参議院が選挙で機能しない間こそ働くのが、2院制のツボではないか。

そんなアホな国会議員なのだが、今日からは臨時国会が開かれるのである。
勿論、彼らが、長期間働くわけもなく、国会の開催期間は、12月6日までの53日間だけである。

この国会では、政府が提出を予定している法案の中で、重要と思われるものは、消費税導入を睨んだ補正予算案や、社会保障改革プログラム法案など、国民生活に直結する法案もあるが、ここでは、消費税に関連した政府経済対策、憲法改正のための国民投票に関することなどを定めた国民投票法改正案や、国家機密の漏洩を禁止する特定秘密保護法案、日本版NSCと呼ばれる国家安全保障会議創設関連法案などについて、次回から考えてみたい。


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 17:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

イグ・ノーベル賞

イグ・ノーベル賞というものがある。
何年か前に、イヌの会話を翻訳する「バウリンガル」という機会を発明した日本人が受賞したのが話題になったから、ご存知の方も多いだろう。
選考のポイントは、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」なのだそうだが、日本はこの賞の常連で、ほぼ毎年受賞しており、このところの成績では、7年連続の受賞である。

今年の日本の受賞は、心臓移植を受けたマウスは平均で7日程度で死ぬが、そのマウスにオペラ「椿姫」を聴かせると、21日間も長生きした研究と、タマネギの涙を出させる成分について、既に判明している酵素のほかに、他の酵素も影響することを発見した功績に賞が授与されたのである。

何せ、この賞は実につまらない研究から、「なるほど」と感心させられるものまでバラエティーに富んでいて、とにかく楽しいのだ。
その楽しさは、毎夜繰り返される安もんの芸人を使った俗悪バラエティー番組と比べれば、月とスッポン、いや、井川 遥と小沢一郎、いやっ、石原さとみと石原慎太郎くらいの差があるのである。

過去の受賞研究で、私が気になったものの一部を紹介すると、

@ イヌに寄生するノミが、ネコに寄生するノミよりも高く飛ぶことを発見した研究。
※ これは、ノミが、飛ぶまで、じーーーっと観察する必要があるため、誰もがアホらしくて、いやっ、時間がないため研究しないが、この成果が何に生かされるのか是非研究者に聞いてみたい。

A ピカソとモネの絵画を見分けられるようにハトを訓練して成功した研究。
※ 次回は是非、ザ・タッチとか、おすぎとピーコでお願いした。

B 乾燥したスパゲッティを曲げると、2つに割れず、必ずそれ以上の数の破片になってしまうのは何故かということについての研究。
※ 粉々になった部分をゴミ箱にすばやく捨てて、証拠隠滅したことはないだろうか。

C 戦争の最前線で戦闘状態にある兵士は、後方の比較的安全な地域にいる兵士と比べて便秘になりやすいという研究。
※ これは本人に聞くしかないが、前日の食事内容は影響しないのだろうか。

D バターを塗ったトーストを床に落とした場合、なぜか、バターを塗った面が下になる可能性が高いことについての研究。
※ 床がベタベタになった方も多いだろう。

E 名前をつけられた牛は、名無しの牛よりもたくさんの牛乳を出すことを検証する研究。
※ 名前にもよるだろう。
「あい」とか「千尋」、「なぎさ」とか「あき」はいいだろうが、「ブーブー」とか、「グレ」、「どど」は牛が怒るだろうし、「どどんぱゴンザレス」にいたっては、牛に後ろ足で蹴られる危険性もあるのだ。

そのほかにも、忙しい時に限って、何故か決まってトイレに行きたくなる理由の研究とか、円盤投げの選手は目が廻るのに、ハンマー投げの選手は目が廻らないのは何故かといったすばらしい研究に賞が与えられているのである。

私としては、数々の受賞研究の中でも、男子が、ジッパーに●●●を鋏まれたときの緊急処置についての研究が気になったが、研究結果は、先ず挟まったところに軟膏を塗り、その後に、ファスナーのスライダーをペンチで破壊するという、期待はずれのものであったことを付け加えたい。


イグ・ノーベル賞の「イグ」は、否定の冠頭語らしいので、ノーベル賞のパロディの意味合いからスタートした賞なのだろう。
しかし、多くの受賞研究は、本物のノーベル賞並みの重要性があるし、何よりも、研究=商品化=金儲けといった構図から離れているのがすばらしいではないか。

そして、毎年この賞の常連に日本人がいることは、日本もまだまだ捨てたものじゃないという気分にさせてくれるのが、嬉しいのだ。

ここは、読者の皆さんも、来年の受賞を目指して、研究テーマを考えてみてはどうだろう。

柿.jpg


毒舌日記 ブログランキングへ

posted by 8ちゃん at 16:31| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

幸福とは

米コロンビア大学が、世界各国の国民の幸福度について調査した結果が発表された。
まったく、余計なお世話だと思うのだが、その調査によると、世界156カ国の中で一番幸福なのがデンマークで、日本は第43位だそうな。

この調査が、どんな人を対象に、どのようなアンケートで行なった調査なのかよく分からないが、上位にはユーロ圏の国が並ぶいので、幸福度の基準が欧米基準なのだろう。

日本も、43位だかといって、ガッカリする必要もないのだ。
なにせ、この調査によれば、日々緊張の連続で、ロケット砲やテロ攻撃の恐怖に晒されているイスラエルが、幸福度が世界で第11位なのだそうだから、エエ加減な調査なのかも知れない。
まあ、中国が93位という点については何となく納得できるのだが…。

この種の調査は、ほかにもいっぱいあるようで、調査対象が36カ国と少ないが、OECD(経済協力機構)の幸福度調査では、日本は36各国中21番目に幸福なのだそうだし、国民総幸福量という国民総生産と間違えそうな調査では、日本は178カ国中90位で、中国(82位)よりも不幸な国なのである。

まあ、「幸福」という言葉が、万能でないことは、大阪の「幸福銀行」が経営破綻したことや、帯広市にあったJR広尾線の「幸福駅」が広尾線の廃線に伴って廃駅となったことからも、明らかである。
この前の選挙でも幸福実現党とか何とかいう名の政党もあったようだが、名前に幸福がついていたのにもかかわらず、当選者ゼロ、供託金全額没収という見事な惨敗では説得力がないのだ。

これら幸福に関する調査では、OECDのように、住居費、所得、資産、就職率、失業率、大気汚染や水質など、客観的計数に表すことが出来る「ものさし」で幸福度を測っている調査もあるが、そのほかの調査では、心理的幸福感や、健康、教育、文化といった比較的主観的な「ものさし」を用いているのが多い。
要は、その人個人の「満足度」みたいなものだろうか。

それでも、これらの調査で1位になるのはいつもデンマークなのである。
デンマークという国が何故幸福なのかということについては、デンマークに留学中の大本綾さんのレポートが興味深い。
http://diamond.jp/articles/-/32485

彼女の分析では、デンマーク人には、誰かと(または何かと)比較して優位に立ちたいという意識が薄いのだそうだ。
「最高」にもなりたくないと言い、「十分」という言葉が好きな国民なのである。

デンマークは、冬は寒く、天候も優れない。
食事も質素だ。
冬は悪天候が続くため、新鮮な野菜を購入することが難しいので、冷凍食品に頼らざるを得ないのだ。
国民1人あたりの所得は世界第7位(日本:13位とは約8000ドルの差)であるが物価も税金も高い。
それでも、デンマーク人は、必要以上のものを望まなければ、それで「十分」という意識が子供のころから醸成されているのである。

もちろん、デンマークは、税金は高いものの、医療費は全額無料、小学校から大学まで教育費用は全額無料であるし、失業保険も4年間、現役時代の給料の90%が保証されているなど、社会保障の充実が、国民をあくせくと「金の亡者」にしないといった背景があるからという側面も見逃せない。
ここでは「金銭=幸福」という意識は他の国よりもかなり薄いのだ。

そして、デンマーク人の価値観は、間違いなく日本人とは異なる部分もある。
例えば、デンマークでは法的な「結婚」をしているものは少なく、事実婚が多数を占める。
また、デンマークの社会では、未婚か既婚かといったものさしで社会が人を判断することはない。
結婚観についても、「結婚とは他の人に見せるための表面上のことに過ぎない。」とし、「結婚のための書類やセレモニーよりも重要なのは毎日感じる愛の方」と言い切る。
結婚相手の選択も、福祉が充実しているから、経済力よりも人柄が重視されるので、失敗は少ない。

すばらしいではないか。

日本でも、最近は形にこだわらないライフスタイルが浸透しつつあるが、日本の貧弱な福祉では、金銭に執着しないわけにはいかないのが実態だろう。

こうして、デンマークの幸福感を見てくると、私達日本人の幸福感が、物欲に支配されている部分が多いことに気付く。
テレビで、金持ち芸能人の家庭不和や離婚ニュースを観て「ざまあ、みさらせ!幸せは金では買われへんねん!」といって、密かに喜んではいないだろうか。
かといって、綺麗ごとだけでは喰っていけないのも現実なのだ。

それでも、質素な食事をしていても、どこへも旅行をしなくても、健康で毎日暮らせることが、一番の幸せだと気付いてきた人も増えてきた。
特に、自分や自分の周辺に心身を患うものがいると、「なんでもないようなことが幸せだった」と気付くのである。

この機会に、「幸福」とは何か考えてみよう。
自分の周りの「幸福」を見落としていないか探してみよう。

どうせなら、「幸福」を感じて生きていきたいものである。



毒舌日記 ブログランキングへ
posted by 8ちゃん at 15:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。